更新が飛んでごめんなさい。
 時間が掛かりました。




この日は大阪東成区にある

地下鉄・今里駅の周辺を散策しました。
※(いまざと)



0531_01

ここは駅を出てすぐ、

「今里新道商店街」という

今里のアーケード商店街の近く。



『あそこにあるの石碑ちゃうかな?』

『どれ・・・?』

『道路の先にあるあの黒い看板。
 石碑っぽいのくっついてるやろ?』



一緒に来た嫁のまーさん

ただの看板を見て何か言い出した。

眼科行けばいいのに。



0531_02


『あれ、お店の看板でしょ?』

『んー? そうなんかなあ?
 石碑っぽく見えたんやけどなー』





0531_03

・・・あっ、石碑だこれ。

石碑っていうか街道の道標だ。



「暗越奈良街道」

読み方は

「くらがりごえ なら かいどう」


こんなオシャレなデザインの道標は

初めて見たなあ。



右下の

「ならみち」「いまざと」

って刻まれているが少し古いので

これが元々あった碑なのかな。



『ほら! ほらぁ!
 やっぱり石碑やった!』

『やはり私の目に狂いは無かったな』

『何言うとんねんッ!
 めっちゃ疑ってたやんか!!』

『ウチが先に石碑見つけたんやから
 お昼どっかのランチやな!』



最近、石碑とか気になる物体を

まーさんが先に発見すると

食べ物を要求してきます。


誰か助けてください。




0531_04

こっちが街道かなと思って

左側の道に目を向けると


同じような看板

壁伝いに並んでいるのが見えた。



0531_05

「高井田 菱江」
※(たかいだ) (ひしえ)

と書かれた看板。


どちらも

ここからずっと東に進んだ所にある

東大阪の地名です。



0531_06





0531_07

看板の説明と地図を拡大した写真。



『暗越奈良街道』

その名前の通り、

大阪から奈良までを結ぶ昔の道筋


道の中継点となる

「高井田」「菱江」

霊験あらたかな神社やお寺があって

その参拝者も多かったそうです。



0531_08

足元の置石に

女将さんっぽい女性の絵が・・・。


なんだろう?



0531_09

少し間隔を開けて再び置石。

こっちは男性の絵。


なんだろう?

かつて街道を越えた者達だろうか。



0531_10

この看板がある一帯の中で

メインと思われる大きな看板がコレ。



正面から撮った写真もありましたが

ランチで浮かれてるヤツ

反射して映りこんでいたので

残念ながら斜めの写真のみです。



0531_11

「暗越奈良街道」の説明。


古くは奈良時代(710-794年)から

存在している街道で

大坂の難波京から奈良の平城京まで

続いていたそうです。

※「暗越奈良街道」の名称で
 街道として開けたのは江戸時代頃のようです。



現在の

大阪奈良の県境となっている

「生駒山」
※(いこま やま)


その生駒山の「暗峠」越える街道なので
※(くらがり とうげ)

この名前が付けられたのだとか。



詳細は写真をどうぞ。

斜めで読み難くてごめんなさい。



0531_12

説明横の絵図。

「椋嶺峠」と書かれているけど
※(くらがね とうげ)

これは「暗峠」の別名。



こちらの「暗峠」は現在、

国道として指定されていて

車でも通ることができます。


ただ急勾配な坂道が続くのと

かなり道幅の狭い道路であることから

「国道」ではなく「酷道」

揶揄されるほど大変な道なんだとか。



それでもハイキングなどには

ちょうど良い場所らしく、

峠だけあって景観が綺麗だったり

古い町並みの中に茶屋があったりと


個人的にすごく楽しめそうな話を聞くので

いつか行ってみたい場所の一つです。




0531_13

さらに左側にあった看板。

「追分 尼ヶ辻」
※(おいわけ) (あまがつじ)

どちらも「暗峠」を越えた先の

奈良の地名



0531_14





0531_15

説明と絵図。


奈良の尼ヶ辻駅近くにある

「唐招提寺」というお寺の
※(とうしょうだいじ)

説明が書かれていた。



説明を見ると

尼ヶ辻の土は甘いらしい。

まーさんの今日のランチは

この土でいいんじゃないかな。



0531_16

街道になっている道を見ていたら

もう一つ看板があった。




0531_17

看板には

「三條通 春日大宮」
※(さんじょうどおり) (かすがおおみや)

と書かれている。


JR奈良駅がある周辺が三條通

春日大宮は現在の「春日大社」

・・・だと思う。



0531_18





0531_19

こちらも説明と絵図。

詳しくは写真をご覧ください。




0531_20

向かい側の歩道に

「暗越奈良街道」を示す

小さな道標の碑があった。



0531_21

碑の右側面。

「高麗橋から4.7km」

と刻まれている。


現存している

「暗越奈良街道」起点

大阪市中央区にある高麗橋からなので


「開始地点からここまで4.7km来たよ」

という意味ですね。



0531_22

左側面。

この碑は平成5年に建立されたようだ。


道標としての機能を持たせるために

碑の上に「北」と方位が刻まれている。



0531_23

「暗越奈良街道」東(奈良)へとの道。


道がぐねぐねと曲がっているのが

いかにも昔の街道らしい。




0531_03

地下鉄・今里駅

今里新道商店街の間くらいにある


「暗越奈良街道」の看板・石碑


ゆっくりとした時間ができたら

かつての街道に思いを馳せながら

奈良まで歩いてみたいですね。



※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


↓↓ 押しちゃえ ↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【「暗越奈良街道」の石碑】



最寄り駅は
地下鉄・今里駅