この日は地下鉄・蒲生四丁目駅から
※蒲生(がもう)

南東側にある地域、

「今福」を訪れました。


読み方はそのまま「いまふく」だよ。



0518_01



『・・・あった! アレだ!』

『おっ、ホンマや。
 お社みたいなんある!』



一緒に来た嫁のまーさん

ウロウロと動き回って

ようやく目的のモノを発見。



写真にあるのは

だいぶ前に、私がこの今福周辺を

深夜徘徊していた時に

見つけたお社


何の気なしに住宅街を通っていたら

急に厳かなモノが現れたので

めちゃくちゃビクッとした思い出がある。



0518_02

正面に回りこんで全体を撮影。


立派な朱色の玉垣に囲まれた

年代を感じる鳥居とお社

そこに狛狐ならぬ、狛狐が鎮座している。



まーさんや。ちょっとお願いが』

『・・・イヤ』

『せめて内容聞こうよ?』

『絶対ロクでもない事やろ?』

『違うよ』

『キレイな写真を撮りたいから
 あそこのゴミ袋達を片付けて』

『ロクでもないやん!』



そういう経緯なので

写真はありのままの姿です。


どうやら近所の方々の

ゴミ集積所らしい。

勝手に移動しちゃダメだろうしね。



0518_03

鳥居のお側へ。


敷地はかなり狭くて

人が一人通れる位の道の先に

お社が設置されている。



0518_04

鳥居の神額。

「三郷橋稲荷大神」

と書いてありました。


「さんごうばし いなり おおかみ」

で読み方は合ってるのかな。



0518_05

右側の狛狐さん。

カワイイ。



0518_06

左側の狛狐さん。

カワイイ。



『こっちの子、目こっわ!』



まーさんがヒドイことを言った。

バチが当たるぞ。


買ったパンが自分の分だけ不味いとか

そういう地味な類の

バチに当たるがいい。



0518_07

こちらがお社


かなり綺麗に管理されていて

お供えなどもしっかり供えられている。

地元の方々に愛されているようだ。


こういうのを見ると

温かい気持ちになって嬉しくなる。



0518_08

お社の上にあった小さな鳥居


かなり遠くて読みにくいですが、

神額に

「岩國大明神、白瀧大明神、福丸大明神」

と書かれていました。



0518_09

お社


かなり古くからありそうな佇まい。

昔からここにあって

色んな人を見てきたんだろう。


お賽銭入れがあったのでチャリンッ。



0518_10

奥をよく見たら石碑があった。

「岩國
 白瀧
 福丸」

と刻まれているように見える。



0518_11

お社を出て

石碑の方へ回り込んでみた。


お社の陰に隠れて見えないけど

先ほどの神額にあった

「岩國大明神、白瀧大明神、福丸大明神」

という文字が刻まれているようだ。



0518_12

石碑の側面


ヒビ割れがすごい・・・。

字が削れていたり古かったりで

全部読み取れないけど、


一番上に

「従三位 勲三等~~~~~」

と書いてあるように見える。

祀られている神様の階級だと思われる。



0518_13

石碑の裏側

亀裂が入ってほとんど読めないけど


「大正六年五月一日 閘門起立
 大正六年九月~~  落成」


と書いてあるように見える。

閘門というのは
※こうもん

大雑把に言うと水門のようなものですね。


大正時代に建立された石碑なのかな?




0518_14

外の玉垣の所にあった案内板

「今福の丸木舟出土跡」

と書いてある。



大正6年、当時この辺りを流れていた

「鯰江川」の川底から

古墳~奈良時代に作られたと推定される

丸木舟が発掘され、

発掘場所の「三郷橋」付近に置かれた。


その後、昭和になって

大阪城内に展示されたが

昭和20年の空襲で焼失してしまった。



簡単にまとめたけど

より詳しく知りたい方は

写真をご覧ください。



0518_03

案内板に登場した「三郷橋」

こちらの「三郷橋稲荷大神」の名前が

繋がったので

色々と調べてみたところ、



どうやら鯰江川から

丸木舟が発掘された際に

こちらにお社が建てられたそうです。


おそらく三郷橋のたもと付近に

建てられたので「三郷橋稲荷大神」

という名前にしたのでしょう。



丸木舟の発掘が大正6年

石碑の裏面にあった建立日らしきものも

大正6年だったっぽいので一応繋がる。



・・・なんか連想ゲームみたい。

説明長くてごめんなさい。



ちなみに鯰江川

昭和40年頃に埋め立てられて、

そこに架かっていた三郷橋

同時に姿を消したようです。



0518_15

案内板の横にあった

気になる石碑・・・。


こちらについてはまた日を改めて。



0518_02

時代の流れの中で惜しくも消失してしまった

数々の遺物の痕跡を示してくれる

今福「三郷橋稲荷大神」



お近くを通った際は

ぜひ立ち寄ってみてください。



※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


---押してもらえると嬉しいボタン---

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



地域情報ランキング



【三郷橋稲荷大神】



最寄り駅は
地下鉄・蒲生四丁目駅