この日は大阪指折りの観光スポット

「新世界」を訪れました。


場所はタイトルにある通り

恵美須東という地名。

大阪には「新世界」という地名はなく

この名称はあくまで通称です。



明治時代

「大阪の新名所」を意識して町を開発し、

「新世界」と銘打ったのが

この通称の始まりだそうです。



0505_01

こちらが「新世界」南西側

目の前に大阪のシンボルの一つ

「通天閣」の姿がさっそく見える。


地下鉄・恵美須町駅から地上に上がると

大体この辺りから新世界通天閣

目指すことになる。



0505_02

信号をヒョイヒョイ渡って

新世界の入口へ。


「通天閣本通」という商店街

道なりに真っ直ぐ進んで行けば

通天閣に辿り着く。



0505_03

商店街から見た通天閣の様子。



『さっそく皆写真撮ってるなあ』

『自分も撮っとるやん』



一緒に来た嫁のまーさんから

ツッコミが入る。

そうだけど、そうじゃねぇから。


どう返そうか悩んでいたら

まーさんも記念にと写真を撮り始めた。

オマエそれ、そうじゃねぇだろ。



0505_04

「大阪の新世界」と聞くと

通天閣を背景にド派手な看板が並ぶ

食い倒れの町みたいな

イメージ映像がよく出てくるけど

それは通天閣から南側の地域



通天閣から北西にある

この商店街は下町の商店街という感じで

お店が静かに並んでいる。



0505_05

さっきのたこ焼き屋さんの隣には

ケバブ屋さんがあった。


合体させたお肉をグルグル回しながら

横に付属したメカで炙っている。

あのメカ一式、家に欲しいな。



0505_06

商店街の正式名称は

「通天閣本通商店会」というらしい。



0505_07

商店街から枝分かれして伸びる

「新世界市場」の出入口。



『そういえばこの市場もあったなあ』

『どっちから行くん?』

『一応ここまで通ってきたから
 やっぱ商店街かな』

『こっちもおもろいんやけどな』

『帰りに寄ろう』



新世界市場は後で寄ることにして

商店街へ戻る。



0505_08

新世界市場の右側にあった果物屋さん。


仕入れた果物をミキサーで

ジュースにしてくれるのかな。

大阪名物のミックスジュースもある。

そして安い。



0505_09

通天閣に少しずつ近付いてきた。


そういえば

大阪の観光雑誌とかを見ていると

この新世界道頓堀

まとめて紹介されてたりすることが

結構あるけど


新世界道頓堀は全然別の地域なので

観光で訪れる人は気をつけてね。


地下鉄なら2駅分位、

徒歩だと30分位の距離があります。



0505_10

大阪らしく、お好み焼き屋さんも。


もだん焼きは

焼きそばが入ったお好み焼き。


ねぎ焼きは

青ねぎがドッサリと入ったお好み焼き。



大阪に来てから初めて

このねぎ焼きというモノを食べましたが、


青ねぎのシャキシャキした食感を残しつつ

ねぎ独特の辛みやエグみは

粉モノと熱で抑えられているという

なかなか完成された一品で

すぐに好きな食べ物になりました。



0505_11

斜め向かいにもお好み焼き屋さん。


大阪城から遠く離れたこの地で

なぜ城の名を・・・。


看板の色と店名から察するに

ねぎ焼きが売りのようだ。

宅配バイクが並んでるから

地元の人なら出前してもらえるのかも。



0505_12

ちょっと進むと

取り壊し中の建物があった。



『あれ? ここ何があった場所だろ?』

『うーん・・・覚えてへん』

『この辺に確か
 古いオモチャ屋さんあったよね?』

『あー! あったなあ!』

『年代物のオモチャ並べてはる店やな』

『そうそう、あれが近くに・・・』

『近くじゃない! ココだッ!
 看板に「つなや玩具」って書いてる!』

『えっ・・・』

『うわホンマや! ココやん!!』



昔ながらの昭和の雰囲気があった

個人経営のオモチャ屋さんが

悲しいことに取り壊されていた。



0505_13

斜め向かいにある

レトロゲーセン「ザリガニ」は健在。

・・・なぜザリガニ?


お店には1人用の筐体ゲームが

ズラズラと並んでいる。



0505_14

ゲーセンの看板。

・・・だからなぜザリガニ?




0505_15

すぐ目の前が観光スポットなのに

それぞれのお店が自分達のペースで

営業しているので

商店街はのんびりした雰囲気。

ブレない姿勢が素晴らしい。



0505_16

通天閣にかなり近付いてきた。


新世界南側のド派手な看板達と一緒に

撮影される事が多い通天閣だけど

ここから見上げる

静かな雰囲気の姿も良いと思う。



0505_17

アーケードの終わりが見えてきた。

「通天閣本通」はここまで。




0505_18

通天閣の根元。


展望台へ行くには

一度地下に降りて

そこからエレベータで上がるシステム。

なんだこのシステム。



今回はあくまで「新世界」散策なので

通天閣の中の様子については

また次の機会にでも・・・。



0505_19

左側を向いた写真。

「串かつだるま」に行列ができている。


他の店と比べて、カツの衣に特徴がある

大阪では有名な串かつのお店。



『あそこのだるま、今日も混んでるね』

『観光雑誌とかに載ってんやろな』

『近くに支店いくつかあるから
 並ばずに済む所もあるだろうに・・・』

『そういうの知らんから
 皆あそこの店に集中するんやろな』



「串かつだるま」はこの新世界だけでも

支店が何店舗かあります。


せっかく訪れた観光スポット。

時間を効率良く使いたい方は

新世界の町を散策して楽しみながら

別の支店を目指すのも一つの手ですよ。



0505_20

右側を向いた写真。


「喫茶 通天閣」という

そのままのネーミングの喫茶店がある。

ストレート過ぎて好感が持てる。



0505_21

真下から見上げた通天閣


通天閣なので

「通天閣」って書いてあります。

さすが通天閣



0505_22

通天閣のすぐ側で売られている

「釣鐘屋本舗」の釣鐘まんじゅう。


なぜ釣鐘?

と常々疑問だったので調べた所、



明治時代、大阪の四天王寺

地元商人の方々が大きな釣鐘を奉納し

その記念に釣鐘型のまんじゅうを

販売したのが起源らしい。



0505_23

通天閣のお尻。



『なんか鳥の絵が描いてある』

『ホンマや』

『じっくり見てへんかったから
 今まで気付かんかったわ』

『「なんでも鑑定団」で陶磁器とかで
 出てきそうな絵柄だね』

『あー。確かにそれっぽいな』

『こちらの本人評価額はー?』


『100万円です!』

『100万円です!』


『ウーィッ!』

『ウェーイッ!』


長いこと連れ添ってきたので

見事に息が合った。

でも100万円は安く見積もり過ぎた。

多分値段付けられないだろ、コレ。



0505_24

通天閣真横の喫茶店「ドレミ」


レトロな佇まい。

昭和っぽいテント看板。

時代を感じる食品サンプルケース。


グッと来る条件が全て詰まっている。



0505_25

ちょっと離れた所から

「喫茶ドレミ」と通天閣を撮影。


ただでさえ趣のある建物に

ツタのような枝が絡みついている。



0505_26



『うわっ! なんやココっ!?』


さっきの写真を撮っていたら

まーさんが驚きの声を上げたので

振り返ってみた。


ピンクの看板にピンクの地面。

・・・なんだココ。



0505_27





0505_28

ハローキティ仕様の駐車場だった。

ほぼ全てピンクと水色。


なにコレ、すごい。

キティちゃん急にどうした?

「おおきに」言ってる場合じゃないぞ。



新世界は何度も訪れてるけど

まだまだ知らない事が沢山ある。



0505_29

元の道に戻ってきた。

通天閣の正面、南側方向


こっちのゾーンから

一気に観光色が強くなる。

観光客も多い。



0505_30

クーピーペンシルを並べたような

レインボーな外観のお土産屋さん。


通天閣の守り神的な存在となっている

「ビリケンさん」

人形焼を売っている模様。


店舗の右側は写真のような

フードショップになっていて

アイスとかクレープを販売していた。



0505_31

先ほどのレインボーなお店の

お土産ショップ側。


通天閣に限らず大阪全体の土産物が

いっぱい並んでいる。



0505_33

お土産屋の通りを抜けて

串かつ屋などの飲食店が並ぶエリアへ。


大阪を紹介する映像として使われている

派手な看板地帯はこの辺りから。



『イメージとしては
 この辺からが新世界って感じやな』

『デスノートの主人公が
 「新世界の神になる」って言った所ね』
※少年ジャンプで昔やっていた漫画


『・・・今時そんなん言う?』

『しかもよりによってこの場所で。
 もうそんなん言う人間おらへんで?』

『ダッサ! 恥ずかしいわー』



散々バカにされた。

・・・悔しい。



0505_34

振り返って通天閣を見上げた写真。

大阪で開催されるという「EXPO2025」

アピールが告知されている。


今が2018年だから

これから7年アレを出し続けるのかな。



0505_35

通りに戻って、左側のお店を撮影。

飛び出す船の看板が目立つ。



店の前に出ていた看板を見ると

どうやら店内に釣堀があって


自分で釣り上げた魚を

調理してもらって食べることができる

海鮮メインのお店らしい。



0505_37

お店の入口に

釣竿を掲げた「ビリケンさん」がいた。


幸運の神様として

通天閣に鎮座されている

ビリケンさんにあやかって


この新世界では

ビリケンさんが招き猫感覚で

お店の前に置かれている。


色々なビリケンさんがいるので

探して歩くのも面白いかも。



0505_38

向かいにあったパチンコ屋。

建物の外観に昭和の息遣いが感じられる。


自転車がいっぱい止まってる所を見ると

地元の人達に親しまれているようだ。



0505_39

飲食店が立ち並ぶ新世界

やはり多いのが串かつ屋とたこ焼き屋。



0505_40

店内で食べる串かつ屋に対して

たこ焼き屋はテイクアウトして

その場で食べ歩きするような感覚。




0505_41

白いビリケンさんを発見。


メインとなる通天閣正面の道だけでなく

細い路地の向こうにも

飲食店が軒を連ねている。

こうして見ると圧倒的に串かつ店が多い。


新世界の串かつ店を

全て網羅している人っているのかな。



0505_42

南方向へ進んでいく。

段々と看板が激しくなってきた。





0505_43

観光スポットなだけあって

往来する人の数が多い。



派手な看板に目を奪われて

周りをキョロキョロしながら

歩いているのが観光客。


その観光客をスイスイ避けて

目的の場所へ進んで行く人、

あるいは酔っ払って

フラフラと歩いている人、

これらはおそらく地元民。



観察していると違いが分かって

ちょっと面白い。



0505_44

なんだかんだで

立体的な看板を出しているお店や

派手な看板は目を引くものがある。


もう

「誰が一番客を呼ぶ看板を出せるか」

という戦いになっているのかもしれない。



0505_45

再び振り返って通天閣を撮影。


これを撮っていた時

通りすがりの観光客の男性が



『テレビでよく見る新世界だ』

『デスノートの夜神月(主人公)が
 「新世界の神になる」って言った所か』

『ははっ、ここの神ってっ!』



とか会話しながら通り過ぎて行った。



『おい、同じこと言ってる人居たぞ?』

『・・・おったな』


『・・・今時そんなん言う?』
(※まーさんの声マネ中)

『しかもよりによってこの場所で。
 もうそんなん言う人間おらへんで?』
(※まーさんの声マネ中)


『やめー! 聞こえるやろ、アカン!』

『ウェーイィッ! ウィッ? ウィッ?』

『くっそアカン、ムカつくわそれ!』



仕返しできた。

ありがとう、通りすがりの人。



0505_46

けっこう南端の方まで来た。

「づぼらや」のフグの看板が

頭上でぶら下がっている。




0505_47

こちらが「づぼらや」の店構え。


さっきのフグの看板は

大阪を紹介する雑誌や映像で見かけるけど

店自体はあまり見たことがないのでは?

と思って撮影してみた。



個人的に

「私の味は日本一」と書かれた

上から見下ろすフグがツボに入った。


これから食べられる前提みたいな

セリフを吐いておきながら

人間を見下ろして微笑んでいる。

なんなのこの魚。



0505_50

このちょっと面白い「づぼらや」の

フグ看板を収めつつ通天閣を撮ると


雑誌やテレビでよく見かける

大阪・新世界の写真を撮ることができる。



観光客の人達も

その写真を記念に撮ろうとしていて

この辺りは特に

カメラやスマホを構えている人が多い。



0505_51

ここからさらに南へ行くと

地元民にはメジャーな温泉施設

「スパワールド」がある。


ちなみに、写真中央やや左下の

工事用バリケードがある場所は

以前紹介した

「大阪国技館跡」の石碑がある所。



リンクを貼っておきますので

興味のある方はご覧くださいまし。

内容・大阪相撲の痕跡と、不気味な廃墟。




0505_52

ふと右側を見ると

「串カツ横綱」のお店の横に

「ビリケン神社」というものがあった。


しっかりとお社鳥居などもある。



0505_53

お社の中には

「ビリケンさん」が鎮座していた。

せっかくの出会いなので

お賽銭をチャリンッ。


ご利益があるとされている

足の裏を撫でさせてもらった。



0505_54

という所で長くなってきたので

今回はここまで。


続きはまた次回という事で。



※この記事の写真は2018年3月に撮影したものです。



---押してもらえるとやる気が出るアレ---

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【新世界】



最寄り駅は
地下鉄・恵美須町駅
地下鉄・動物園前駅