この日は大阪市西区の代表的な大型公園

「靭公園」を訪れました。

読み方は「うつぼ こうえん」



「なにわ筋」の大通りを挟んで

横(東西)に広がるこの靭公園

広いテニスコートバラ園で有名な場所。


特にバラ園は見頃の時期になると

ローカル局のニュースなどで

取り上げられていて

人で賑わってる様子をよく見かけます。



0502_01

こちらはそんな靭公園にある

「うつぼテニスセンター」

というテニス場の南側



『テニス場が体育館みたいだ』

『うん。公園のテニス場めっちゃ広いで』

『この建物の隣にも
 普通のテニスコートあるしな』



今を遡ること遥か昔、嫁のまーさん

この付近で働いていたそうで

靭公園には詳しいらしい。



ちなみに私が大阪に住み始めた頃

「靭公園」の名称が読めずに


『これって、じんこうえん?』


と聞いた時に


『ちゃう! うつぼや! うつぼー!
 どう見たってうつぼやんか』


と小馬鹿にされたことがある。


どう見たって

「靭帯」の「靭」じゃねーか。




0502_02


大きなテニス場を見上げつつ

右の方を向くと・・・。



大木がそびえ立っている

植え込みの中にこっそりと

石碑が建っているのを発見。



0502_03

さっそく近寄ってみる。


大阪の町によく刺さってるタイプの碑だ。

嬉しいことに案内板もある。



0502_04

まずは碑から。

「靭海産物市場跡」

と刻まれている。


どうやら昔

この辺りに市場があったらしい。



0502_05

碑の右側面


豊臣秀吉の時代

北船場に魚市場があり、

江戸時代に入ってから

干物を扱う市場だけがこの地に移って

新たな市場を開いた。



みたいな事が書いてある。

詳しくは写真をどうぞ。



0502_06

碑の左側面

ツルツルで何も書かれてなかった。




0502_07

碑の裏面


『・・・大阪市建立』

『そらそうやろ』

『他の石碑は建立日とか書いてあるのに』

『なんか気が進まんかったやろな』



なんか気が進まなかったから

書かなかったそうです。


そんなわけあるか。



0502_08

お次は隣の案内板

碑よりも詳しい説明が書かれている。

でも内容は大体同じ。



江戸時代干物市場がここに出来て

更に「海部堀川」という水路や
※(かいふ ほりかわ)

「永代浜」という人工的な浜が作られて
※(えいたい はま)

取引がより盛んになったそうだ。



0502_09

案内板左側の絵図

薄暗い写真でごめんなさい。


右上に「永代浜」と題名がある。

栄えていた頃の

「靭海産物市場」の様子のようだ。



現在の靭公園には

浜はおろか水路も見当たらず

市場があった姿なんて想像もつかない。


鰹節とか売買していたそうだし

美味しそうな匂いがする

干物市場だったんだろうなあ。



0502_10

案内板から正面を見た写真。

歩道脇にお堂のようなものが

あることに気付く。


・・・なんだろう?




0502_11

「靭延命地蔵尊」

お地蔵様のお堂だった。

拝ませてもらおう。




0502_12

お堂のすぐ右側。

「うつぼ楠永神社」

という神社があった。



『色々あるなここ』

『ホンマやな。
 初めて知ったわ』

『靭公園の凄さ思い知った?』

『・・・誰目線やねん』

『靭王』

『ほーん。
 靭王ならお賽銭の小銭出して』




靱王なのにカツアゲされた。

そもそも王ってカツアゲされるの?

ていうか別に王じゃねーし。

なんで小銭奪ったんだアイツ。



0502_03

江戸時代に

この地が干物市場だった痕跡を示す

「靱海産物市場跡」の碑と案内板



靱公園に立ち寄った際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。



---押してくれると嬉しいです---

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【靱海産物市場跡】



最寄り駅は
地下鉄・本町駅
地下鉄・阿波座駅