この日は

地下鉄・本町駅四ツ橋駅の間にある

「新町」東側辺りを散策しました。


場所で言うと西区の東端


「西の東って何言ってんだこの人」

って思うかもしれませんが

思わないでください。

ありがとうございます。



0426_01

南北に走る阪神高速の高架下沿い

フラフラと歩いていると


ちょっと広めの植え込みの中に

謎の物体が並んでいるのを発見。



『なんか石碑みたいなのが二つあるよ』

『おわぁ・・・なんか虫おりそうやな』



一緒に来た嫁のまーさん

草がワサワサ生えている現場を見て

虫の存在に怯え始める。



ちなみに写真にある高架下から

右側に行くと中央区になる。



0426_02

二つ並んでいたけど

それぞれ別の内容の物だった。


なので今回はこちらの

右側石碑のようなモノに注目。



0426_03

中央には

「西六平和塔」
※読み方は「さいろく へいわとう」

と刻まれていて、

字を記した当時の大阪市長の名があった。


そしてその下段には

ズラズラと碑文が書かれている。



0426_04

下段の碑文をアップにした写真。


内容を確認すると、

こちらは石碑ではなく

戦災・戦争犠牲者の慰霊碑だったようだ。



満州事変、日華事変、大東亜戦争などで

この地区から出征して戦死された方


そして昭和20年3月13日に

大空襲を受けて町が焦土と化し

300名以上に及んだ犠牲者の方

その方々を鎮魂するための慰霊碑。


という説明が書いてある。



0426_05

神妙な気持ちになりつつ、

失礼して回り込んで裏側を確認。


狭くて撮りにくかったため

自分にはこれが限界だった。



昭和32年3月

「光禅寺」というお寺の境内に

慰霊碑を建立したと書いてある。


下段にある連名は

おそらく建立に関わった方々のもの。



中央の石材に

取っ手のような窪みがあるけど

用途はよく分からない。



0426_06



『ごゥあっ?!』

『えっ、大丈夫!?』

『・・・つまづいた』

『足に虫つけんといてな。確認してな?』



写真はつまづいた拍子に

シャッターを押してしまったもの。


それより、まーさんの心配のベクトルが

自己保身的なのは気のせいだろうか。



0426_03

後から色々と調べてみた所、

この「西六平和塔」

「西六(さいろく)」とは

この西区内の町々の連合名だそうです。



また、最初に慰霊碑が建立された

「光禅寺」は現在の慰霊碑がある場所から

ほぼ真西の位置にあるようです。


時代の流れと共に境内が狭くなったため

慰霊碑を移転する事となり


公園内福祉会館前などを経て

現在の阪神高速の高架下に

安置されたとの事です。



0426_07

昭和時代の戦争で犠牲となった

この地域の方々を鎮魂する慰霊碑

「西六平和塔」



枯れ葉や雑草が鬱そうとしていて

少し近寄りにくい雰囲気がありますが


近くを通り掛かった際は

戦没者の方々に

手を合わせていただけたらと思います。



※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


---押してもらえると嬉しいボタン---

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【西六平和塔】



最寄り駅は
地下鉄・四ツ橋駅
地下鉄・本町駅
地下鉄・心斎橋駅