本日は昨日に引き続いて

「今里新道商店街」

散策していきます。



昨日の記事については

こちらのリンクからどうぞ↓





0420_33

前回のあらすじ。


今里新道商店街のアーケードを

ずーっとへ進んで行ったら

「神路しんみち」という商店街になった。
※読み方は「かみじ」




0422_01

アーケードが延々と続いているので

このまま端を目指して突き進む。



『ここの商店街ほんと長いね』

『うーん・・・
 キャベツ買うとけばよかった』



さっき(昨日分の記事で)見かけた

150円のキャベツに

後ろ髪を引かれている嫁のまーさん



0422_02

結構昔からありそうなお店の看板。

裏地を「ウラジ」とカタカナで

書いてある所がなんか好き。




0422_03

この「神路しんみち」という

商店街に入ってから

アーケードの屋根が少し古い感じに。


それにしても自転車が多い。



0422_05



『なんかお店が開店してる場所と
 してない場所がクッキリ分かれてるね』

『それあるなー。思っとった』

『人が集まりやすい立地とか
 そういうんがあるんやろな』



商店街の不思議な仕組みについて

アレやコレやと会話。


ある場所に来ると

その周辺のお店がほぼ営業していて

人で賑わっているけど


少し移動すると

シャッターだらけで閑静になっている。

これを何度か繰り返している。



0422_06

向かい側のお店。

「趣味の店」って言葉が面白い。


内容は八百屋さんのようだ。

貼り紙を見た感じだと

土曜日だけ営業しているのかな。



0422_07

斜め向かいに青果屋さんがあった。

この商店街は青果屋が多い。



『あー・・・さっき見たキャベツ
 やっぱ安かったんやなぁ』

『250円だけどさっき見たやつより
 大きなキャベツだよ』

『しかもここの新キャベツだよ』

『あ、ホンマやな』

『でも150円を見た後やしなぁ・・・』

『うーん・・・ちょっと考えるわ』



キャベツを買う事に

こんなに迷っている様子を語る

ブログが他にあるだろうか。



0422_08

キャベツ判定職人のまーさん

うーんうーんと唸りながらついてくる。


たかが100円とつい思っちゃうけど

主婦の方々はこういう節約を大事にして

日々の家計を支えているのだ。



でもまーさん

途中で立ち寄ったパン屋で

170円のチーズごろごろパンを買ったから

100円で悩む資格はないと思う。



0422_09

歩いていると

開店準備をしている本屋さんがあった。

ちょっと珍しい光景。




0422_11

さらに進むと

これまた商店街と共に歴史を刻んだような

お寿司屋さんがあった。


黒い招き猫が

陳列窓からこちらを見ている。

かわいい。



0422_12

アーケードの終わりが見えてきた。

長い道だったけど

あそこで終わりのようだ。




0422_13

趣のある喫茶店「喫茶むらかみ」

擦りガラスの外観がちょっと珍しい。


一度こういう喫茶店で

のんびりコーヒーを飲んでみたいけど

子連れの身だと少々厳しいですね。



0422_14

喫茶店の並びに鮮魚屋さんがあった。

この商店街、青果店も多いけど

鮮魚屋さんも結構多い。



ところで青果屋と八百屋って

どう違うんだろう。



0422_16

ここでアーケードが終了。

ここから先は曇り空が広がっている。


撮影技術のアレで

空の様子がアレだけど

とにかくアレです。

曇り空です。



0422_17

アーケードを出て振り返って撮影。

「好きやねん かみじ」って書いてある。


時間は11時ちょっと前。

まだ開店準備中でシャッターが下りてる

お店もあっただろうし

やっぱり訪れる時間が早かったかも。



0422_18



『なんか、あっちにも
 アーケードっぽいのあらへん?』

『本当だ! まだ続いてたのか』

『よく見たらこの道も
 商店街っぽい作りやな』



まだ商店街が続いていた。

ここまで来たから

一番端まで見てみたい。


もうここまで来ると

タイトルの「今里新道商店街」

ではないと思うけど・・・。



0422_19

道の途中に「しんみち橋」という

橋が架かっていた。


多分、ここに川が横切ってるから

商店街のアーケードが

途切れたのだと思われる。



0422_20

橋の左側。



『これ全部ベンチやろか?』

『どう見てもベンチでしょコレ』

『何人座らせる気やねん』

『20人以上いけそうだね』

『小さな学校の1クラス分の
 生徒数くらいはありそうだ』

『ここに座って何を話すねん』

『キャベツの話でもするんじゃないの』

『あーキャベツー・・・
 いや、キャベツのことは話さんやろ』



これだけ長いベンチがあるのに

誰も利用していなかった。




0422_21

橋を渡った先のアーケード。


イカれたブラウン管の画面みたいに

ドットが崩壊した看板がある。


おそらく「神路本通」という

商店街の名前。



0422_22

アーケード内を覗いてみる。


かなり古そうな見た目。

昭和の情緒が残っている雰囲気が

なんともそそられる。

でも夜通ると怖そう・・・。



0422_23

無人の交番の横をふと見ると

川岸の裏路地を発見。



人が二人横並びで

ギリギリ往来できそうな道。

こういう道がまだ残ってるのって

面白くていいですよね。


小学生時代の私が居たら

「近道!」とかほざいて

この道を通学路に使うと思います。



0422_24

アーケードに入る。

曇りのせいもあってかちょっと薄暗い。




0422_25

もう閉めたと思われる家具屋さん。


建物が相当古そうな感じで

2階の窓の横にある

石材の出っ張り部分の物珍しさに

惹かれて写真を撮ってみた。



0422_26

「皮のおしゃれ着」という

ドラクエの装備品みたいな名前のお店。


商店街の看板は

よく見ると面白い名前が多いので

注意深く眺めてみると

色々な発見や出会いがあるよ。



0422_27

アーケードの半ばほど。

ほとんどの店のシャッターが下りている。





0422_29

真っ直ぐ進んでいると左手に

「新商栄会 大今里南商店街」

と書かれた看板があって

そっちにも商店街が延びていた。



0422_30



『うーん、閉まってるね』

『完全なシャッター街やなあ』

『昔は活気があったのかな?』

『どういう雰囲気やったんやろな』



残念ながら栄えていた頃の

新商栄会の姿は私達には分からず。


この地元でずっと暮らしてきた

人達なら昔の風景を

覚えているかもしれないですね。



0422_31

神路本通? のアーケードに戻る。




0422_32

この辺りに来ると

お店がぼちぼち営業していた。

こちらはお茶屋さん。




0422_33

自転車屋さんも営業中。


どこからが商品で

どこまでが駐輪状態の自転車なのか

区別がつかない。



0422_34

アーケードの終わりが見えてきた。


焼肉屋と金物屋の建物が

長屋のように繋がっている。


焼肉屋の方は出入口と思しき場所が

自販機によって封印されていた。



0422_35

金物屋さんかと思ったら

「徳永倶楽部」と書かれた建物だった。


趣のある建物なので撮影してみたけど

改めて写真をよく見たら

議員さんの事務所だったようだ。


将棋か囲碁の倶楽部かと思ってたよ。



0422_36

アーケードの終点に到着。





0422_37

アーケードを出て振り返って撮影。

看板はすっかり色褪せていて

何が書いてあるか分からない。



というわけで

「今里新道商店街」から

すごく長かった

アーケード商店街はここまで。



撮影したのが午前10時位だったので

昼過ぎ位から訪れていたら

もう少し店が開いていたかもしれません。

この反省は次回に活かそう。



今回キャベツを買い損ねた

まーさんも反省を次回に活かしてね。




※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


---押してもらえると嬉しいボタン---

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【今里新道商店街】



最寄り駅は
地下鉄・今里駅
地下鉄・新深江駅