この日は大阪市の東成区にある

「緑橋駅」の辺りに

買い物に出ていました。



0404_01

交差点で信号待ちをしていると

正面の植え込みの中に

石碑のようなものを発見。




0404_02

場所は「緑橋駅」から

今里筋をちょっとに進んだ

東中本東中浜という地域の狭間


スーパーのコノミヤが

一角にどーんと店を構えている。



0404_03

信号を渡ってさっそく眺めてみる。

ピカピカ系の顕彰碑(けんしょうひ)だ。
※顕彰碑=石碑の豪華版だと私が勝手に解釈してます。


大通りで人の行き交いが多いので

写真を撮っていると

ちょっと気恥ずかしい・・・。



ちなみに一緒に居たはずの

嫁のまーさん

「オヤツ買ってくる」と言って

コノミヤに行ってしまいました。


「お菓子」ではなく「オヤツ」って所が

ポイント高くていいと思います。はい。



0404_04

顕彰碑には

「千間川と緑橋」

刻まれていて碑文と絵図があった。


ちゃんと「せんげんがわ」って

ふりがなが振ってある。

意外と読めない読み方のモノとか

あったりするので

こういうの助かります。ありがとう!



説明によると


かつてこの辺りには

長さ1.8kmほどの「千間川」という

用水路が東西に流れていて、

そこに「緑橋」が架かっていたらしい。


「緑橋駅」の名前の由来ってコレなんだ。



残念ながら昭和46年

川は埋め立てられて

同時に橋も撤去されてしまったようだ。



0404_05

左側にあった「千間川」の絵図

東が上に来ているので少々分かりにくい。


目を凝らして見ると

下から2番目にある横線に現在地があった。



用水路と聞くと

田舎道の道路脇でチョロチョロと水を流す

幅の狭い水路を想像してしまうのですが


碑文に

「橋が20あまり架かっていた」

「小船で人が行き交っていた」

とあるので千間川の川幅は

かなり広かったのだと思われます。



それと、この絵図を見ると

ここから東隣の地下鉄駅「深江橋」

この「千間川」に架かっていた

橋名の名残だったようですね。



0404_06

顕彰碑の先、東方向の道。


昭和の中頃まではこの辺りに

川が流れていたんですね。



ちなみに
GoogleMapでこの東側の先を追ってみたら

「千間川みどり公園」という

横にビローンと延びた

細長い公園を見つけたのですが・・・。






これ、おそらく埋め立てられた

「千間川」跡の一部ですよね。


公園が途切れている部分は

橋が架かっていた場所にも見えます。


こういう昔の面影らしきモノを

発見できると面白いですね。



0404_03

かつてあった川と橋の存在を示す

「千間川と緑橋」の顕彰碑


近くを通り掛かった際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


---押してもらえると嬉しいボタン---

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【「千間川と緑橋」の顕彰碑】



最寄り駅は
地下鉄・緑橋駅