この日は

大阪市城東区今福西にある

「城東商店街」を訪れました。


「じょーとーしょーてんがい」

言葉の響きだけ聞くとなんか強そう。


場所は地下鉄の「蒲生四丁目駅」がある

京阪国道の大きな交差点を

ちょっとに行った所。



0325_01

この大きな看板が目印。


目印と言っても駅前の交差点から

この場所は少々カーブになっているので

ここまで歩いてこないと

なかなか見つけにくい・・・。


ご覧の通り、地元民御用達の

昔ながらの商店街という感じ。



隣の年季が入ったビルも

看板がすっかり古くなって

「蒲生ヒル」になっている。



0325_02

信号を渡ってすぐ。


商店街の出入口にいきなり

大阪名物の激安自販機がお出迎え。


決して怪しい商品ではなく

賞味期限が近いとか在庫過多だとか

ワケアリの商品を安く売っている。



0325_03

こちらが「城東商店街」の中。


長く伸びるアーケードに

昭和の雰囲気が残る風景。


大阪の地元商店街って感じです。



0325_04



『マグロやっすっ』

『マグロ? うわ、ホンマや!』

『マグロユッケええな! 食べたい!』



嫁のまーさんが店先で

マグロマグロと連呼していた。


こちらは
立ち飲み居酒屋の「魚庭(ナニワ)本店」


立ち飲み屋にベビーカー付きで

乱入するのはちょっとアレなので

残念ながら諦めた。



0325_05

立ち飲み屋のすぐ向かいには

商店街と一緒に日々を重ねたような

年季を感じる薬局があった。



0325_06



『ここは道の真ん中に自転車置く
 システムなんやろな』

『斬新だ。こんなの初めて見たわ』

『合理的やな』

『でも反対側に回れないんだけど』

『じゃあ合理的ちゃうわ』



2秒前の自分をあっさり裏切るまーさん


システムかどうかは知らないけど

商店街の中央に自転車を駐輪して

買い物をする暗黙の了解があるようだ。



0325_07

持ち主の帰りを待つ自転車達の群れを

ぐるっと回り込んで反対側へ。


「お酒のではら」って書いてるから

酒屋さんなのかな?

店先でお好み焼きや焼きそばを

焼いてました。


ここはあくまで焼くだけの場所で

レジはお隣らしい。



0325_08

というお隣がこちら。


『あれ? 入口のマグロの店と同じ?』

『そういえば名前同じやな』

『レジがこっちって事は
 酒屋さんも同じ店?』

『上にある看板には
 電化センター出原富士ってあるな』

『電化センター?』



ちょっと見えにくいけど上の看板には

確かに電化センターって書いてある。

酒屋さんと同じ「ではら」の名前・・・。

どういう経緯だろう。



色々気になるけど、

それよりも一番気になるのは

写真左側に写っている

「芋一号」の文字。



全ての気になるを置き去りにする

心をくすぐるネーミングだ。

なんだ芋一号って。

二号もいるの?



0325_09

芋一号を気にしながら歩いていると

電柱の横にたこ焼きの案内板が。


「ありがとう たこ焼き」って

お礼まで書いてある。



0325_10

メチャクチャたこ焼きを推してる。

関西テレビで関ジャニの

錦戸君や安田君に紹介されたらしい。




0325_11

矢印の先を見ると

横にも商店街のアーケード

伸びていた。


ちょっと寄り道してみよう。



0325_12

歩いているとお菓子屋さんが。

と思ってよく見たら

喫茶・軽食・アイスクリームって

書いてあった「白泉堂」。


オヤツタイムってネーミングがそそる。




0325_13

店頭にかなり昔の一品と思われる

クレヨンしんちゃんのゲーム機があった。

絵柄が昔の頃のヤツだ。



『これすごいなあ。いつのだろ?』

『初期型のしんちゃんやん』

『しんちゃんをロボみたいに呼ぶな』





0325_14

「白泉堂」の店内。

いか焼きの看板がノスタルジックで

グッとくる。


レトロ好きな人々の目に留まるらしく

色々なテレビ番組で紹介されてるそうです。



0325_15

「白泉堂」の店員さん、ピカチュウ

駄菓子を売ってました。




0325_16

狭い裏路地のような場所なのに

左右の店が活気よく営業していた。

お客さんの姿もすごく多い。




0325_17

看板を出してたたこ焼き屋さんを発見。

結構奥にあった。


たこ焼きに「ありがとう」って

お礼を言っているのかと思ってたら

「ありがとう たこ焼き」という

店名だったようだ。


食べてみたかったけど

かなり混んでいたので諦めた・・・。

女性が多かったのでテレビ効果かな。



0325_18

たこ焼き屋さんの奥に

小さなスーパーがあった。



『デハラストアー?
 これ入口の酒屋さんと同じやん』

『たしかに「お酒のではら」だった』

『家族経営しとんのやろか』

『やり手で多角経営してるとか』



もしかしたらデハラさんは

この城東商店街

牛耳っているのかもしれない。



0325_19

向かいの並びに鮮魚屋さんがあった。

お婆ちゃんがトングを持って

魚をマジマジと見つめていた。



0325_20

アーケードの切れ目。


どうやらこの狭い路地は

「城東中央商店街」だったらしい。


利用客がとても多かったので

中央と言われたら確かに納得できる。




0325_21

商店街を出た左側の道


こちらは「今福商店会」という

別の商店街に繋がっている模様。



0325_22

ひとまずUターンして

「城東商店街」へ戻る事に。



0325_23

戻ってきた。



『いやー、人多かったね』

『平日なのに凄かった。
 いつもこんな感じなんやろか』

『あそこが中央だったんだねえ』

『こっちの方が道広いのにな』



さっきの道を考えたら

真ん中に自転車があるくらい

どうという事もない。

暗黙の了解はこうして生まれるのだろう。



0325_24

歩いていると

これまた昔からありそうな喫茶店。


オムライス・ヤキメシ・サンドイッチと

コーヒーか紅茶のセットがあるらしい。


ヤキメシにコーヒーや紅茶って合うの?



『大阪ってヤキメシとチャーハン
 両方あるけど、どう違うの?』

『ほぉおおぇんん・・・?』

『・・・うーん、知らん』



変な鳴き声を出しながら

まーさんがしばらく考えてたけど

結局知らないらしい。



調べてみたら

ヤキメシは鉄板で「焼いた」ヤツ

チャーハンは鍋で「炒めた」ヤツ

という分類らしい。


関西地方はお好み焼きとかで

鉄板を使う文化が発達したため

ヤキメシが幅を利かせているそうだ。

なるほどねー。



0325_26

ここから急に

商店街がシャッターだらけに。




0325_27

アーケードが続くまま歩き続ける。

ちょっとお店が復活。


学生服屋さん。

新聞屋さん。

奥には郵便ポストがあるから郵便局かな。




0325_28

・・・違った。なんだこのポスト。


冷静に考えたら郵便局が

ポストを屋根に置くわけない。


どうやら「コンビニカット」という

美容室らしい。



『あのポストどういうこと!?』

『看板の猫なんやろ、後ろ向きなんか?』

『普通のポストよりデカいし手作り?』

『アレあの猫、模様が顔側や!
 のっぺらぼう!』

『あのポストちゃんと回収口もある。
 誰が回収しにくるんだ?』

『よく見たら猫にピン刺さっとるで』



ポストが謎過ぎて

もうぐっちゃぐちゃになる。


店名の由来とか店の特徴を

看板に書く前に

この店は書くことがいっぱいあると思う。



0325_29

アーケードはまだ続いてるけど

道が途中でグイッと曲がっている。




0325_30

殺風景になってきたと思いきや

急に可愛らしい看板が目に入る。

たこ焼き屋さんらしい。




0325_31

矢印の方向を見てみる。

同じような造りの一軒家が並ぶ中に

いきなりたこ焼き屋さんがあった。


1Fのガレージを店舗に改築したのかな。

面白いことするなあ。



0325_33

アーケードに戻ってちみっと歩くと

古いタバコ屋さんがあった。

もう営業はしてないのかな?




0325_34

グイッと曲がっている所に進む。

なんか白い看板があるね。




0325_35

大坂冬の陣の合戦跡を示す看板だった。


この商店街がある今福・蒲生

商店街から南にある鴫野の付近一帯は
※鴫野(しぎの)

豊臣家と徳川家の戦いとなった

大坂の陣の合戦跡地


今は平和な商店街ですが

昔は鎧武者達が睨み合う戦場でした。



0325_36

合戦跡を示す看板の下には

鮮魚屋さんが店を開いていた。


あと電柱の貼り紙を見ると

黄色い小鳥さんが行方不明だそうです。

無事に飼い主の元に帰ってるといいな。



0325_37

曲がった道を真っ直ぐ進んでいく。

と思ったらアーケードの終点だ。



他の地元系商店街と同じく、

アーケードの終わり辺りは

お店ではなく普通の一軒家が並んでいる。



0325_38

右側に見えた路地。


向かって左手奥に

同じような家が並んでる。

アレなんだろう。


気になったけど商店街の端を目指す。



0325_39

ここが商店街の端

先の道は上り坂になっている。


このまま道なりに南へ進むと

寝屋川があるので

坂道になっているようだ。



0325_40

振り返って撮った写真。

そこまで大きな商店街ではないけど

地元の人たちが通う

活気のある商店街だった。


後半の道は少し閑散としていたので

新しいお店が入って栄えるといいですね。



最後に気になっていた

さっきの路地の同じ家が並んでいる

所に行ってみることに。



0325_41

さっきの路地。


文化住宅っぽい家が並んでいた。

昔の面影を残しつつリノベーションをした

建物のようでかなり綺麗な外装。


こういう風景が残るのって面白いですね。

入居者募集中の物件もありました。



0325_42

地元の人達に密着した昔ながらの商店街

「城東商店街」


ノスタルジックな雰囲気が楽しめる

楽しい場所なので

ぜひ訪れてみてください。



※この記事の写真は2018年1月に撮影したものです。


【城東商店街】

※MAPのピンの位置から1つ東側の道です

最寄り駅は
地下鉄・蒲生四丁目駅