0323_01

この日は大阪西区「靱公園」
※靱公園(うつぼ こうえん)

北西にある「花乃井公園」という

小さめの公園を訪れました。



そうです。

昨日の記事と同じ公園です。

↓が昨日の記事。よかったらどうぞ。


・内容:「関西大学」始まりの地





0323_02

昨日の顕彰碑の所よりほんの少し右側

実はここにも石碑がありました。

なんと案内板もセットだ。




0323_03

碑には

「中天游邸跡」

と力強い字が刻まれている。



「跡」の字が

笹の葉みたいな草に隠れてるけど

とりあえず誰かの邸宅跡らしい。

なんて読むの?



0323_04

横にあった案内板


「中天游」の字の横に

「なかてんゆう」とふりがながあった。

親切! ありがとう!



これを見ると

「中天游」丹後(京都北部)で生まれ

後年になってから、大阪のこの地で

医者として開業したそうです。


後に医者の仕事は奥さんに任せて

思々斎塾という私塾
※思々斎塾(ししさいじゅく)

現在で言う私設の学校を開いて

弟子に学問を広めていたとのこと。



自身の医学知識を世の中に広めていた

立派な方だったんですね。



0323_05

碑の右側面

碑文が刻まれている。


中天游が開いた思々斎塾には

「緒方洪庵」という
※緒方洪庵(おがた こうあん)

後に天然痘の治療に多大な貢献を

する事となる医者が

当時門下生として学んでいました。



「緒方洪庵」については以前

墓所の石碑を発見して記事にしたので

興味のある方は↓のリンクからどうぞ。


>>大阪市北区同心「緒方洪庵墓所」の碑<<
・内容:「龍海寺」門前にある碑



ちなみに

緒方洪庵の墓所があった

「龍海寺」というお寺には

「中天游」夫妻のお墓もあるそうです。



0323_06

碑の左側面


碑は昭和36年3月に建立。

どうやら大阪市の市制施行70周年を

記念して建てたようですね。


記念と言わずに

いつでも建てていいぞ。市。



・・・どうでもいいけど

写真右の電柱にヤカンが吊るされてる。

どういう意図?



0323_02

江戸時代、大坂の町に医学を広めた

中天游の邸宅跡地に建つ

「中天游邸跡」の碑


近くを通り掛かった際には

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


【「中天游邸跡」の碑】



最寄り駅は
地下鉄・阿波座駅
地下鉄・肥後橋駅