この日は大阪市西区

「肥後橋」周辺を散策しました。



0320_01

地下鉄四つ橋線・肥後橋駅

1-A番出入口を出た先・・・。



ところで

この地下鉄に続く階段の

正式名称ってなんだろう?


ちょっと調べてみたけど

「○番出入口」みたいな名称しか

見当たらなかった。


なんかこう

確固たる名前みたいなの無いのかな。

・・・まあいいや。



0320_02

この肥後橋駅の「1-A番出入口」の

裏手側に回り込むと

まだまだ新しい感じの石碑

説明用の案内板が建っていました。


なにかの赤い実がキレイだね。



0320_03

碑には

「加島屋本家」

とだけ刻まれています。



0320_04

隣に建てられていた案内板

「かしまや」ではなく

「かじまや」というお名前だそう。



「加島屋」とは

江戸時代に
米問屋や両替商で財を成し
※「両替商」=現在の金融業みたいなもの

現在の「大同生命」

前身であり礎となった大坂有数の豪商



その本家が

かつてこの場所にあったそうです。


詳しくは写真の案内板をご覧ください。



0320_05

「加島屋」の本家屋敷は

大正11年(1922年)に取り壊されて

その後に

大同生命の本社が建てられたそうです。


その本社も老朽化で建て直され

現在あるのは新社屋とのこと。


こちらがその新社屋となる

「大同生命」の本社ビル



0320_06

近くにあった「大同生命」の銘板


礎となった「加島屋」

NHKの朝ドラ「あさが来た」

モデルになった舞台だそうです。



朝ドラを見てなかった私でも

タイトルを耳にした事があるので

視聴されていた方は多いと思います。


ドラマはフィクションという事で

実在の人物や企業名を改変。

「加島屋」「加野屋」という名前にして

物語を進行していたそうです。



0320_07

石碑と案内板が建っている植え込み。


目の前には

阪神高速の高架があり、

すぐ北には「土佐堀川」

流れています。



0320_02

江戸時代の大坂を支えた豪商

「加島屋」の本家跡を伝える碑と案内板。


朝ドラの舞台にもなった場所ですので

興味のある方は

ぜひ訪れてみてください。




※この記事の写真は2018年2月に撮影したものです。


【「加島屋本家」の碑】



最寄り駅は
地下鉄・肥後橋駅
京阪線・渡辺橋駅