この日は

天満橋の南詰を東西に走る

「土佐堀通」という通りを東に進み、

大阪城を横目に大川を越えて

「京橋」方面を目指していました。



0319_001

片町という地域の

大きな交差点の信号を渡ると・・・。




0319_002

植え込みの陰に隠れるように

石碑がひっそりと建っていました。




0319_003

この液晶テレビの抜け殻が

化石になったみたいな石碑は

「旧町名継承碑」



昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑です。




0319_004

この辺りは昔

「相生町」という

町名だったようらしい。


読み方は「あいおい」

・・・でいいのかな?


詳しい内容は写真をご覧ください。

町名に関わる部分だけ抜粋しておきます。



「相生町」


明治5年3月
相生西町と相生東町が合併して「相生町」となった。

その後大阪市へ、さらに都島区へと編入され

昭和44年9月
住居表示の実施にともない「相生町」
網島町・片町一~二丁目の各一部となった。


町名の由来は

この地を走る京街道沿いに片側だけあった
町並みが両側になり「相おう形」となった説と

京街道の往還路にあった「相生の松」から名を取った説がある。



「相生町」の町名の由来になった説は

どうやら2つあるようですね。


1つは「京街道」という

大阪から京都へ向かう街道沿いの町が

両側に発展した経緯から。


もう1つは「相生の松」があったから。

相生の松とは

雄松と雌松の幹が合体したものだそうで

縁起物として慕われているそうです。



「どちらの説が正しいか」ではなく

そういう経緯が重なった事から

町の名前になったのかもしれませんね。




0319_005

継承碑のすぐ右側には

JR東西線・大阪城北詰駅

駅に繋がる出入口があります。



0319_006

交差点の植え込みにひっそりと佇む

「相生町」の旧町名継承碑


近くを通り掛かった際は

ぜひ眺めていってください。



※この記事の写真は2018年1月に撮影したものです。


【旧町名継承碑「相生町」】



最寄り駅は
JR東西線・大阪城北詰駅