この日は大阪城の南側にある

「法円坂」という地域を訪れました。


法円坂には、遡ること遥か昔の

飛鳥・奈良時代に建てられた

「難波宮」という宮殿の遺構や、


明治から昭和にかけて存在していた

旧日本陸軍の軍用地があった場所。



これらの内容は以前記事にしたので

↓にリンク先を・・・


貼ろうと思ったけど

リンクまみれの怪しいサイトみたいな

見た目になったので貼るのをやめた。



以前の記事は

カテゴリとかをアレして

適当にアレしてください。

ありがとうございます。




0228_01

そんな法円坂なので

フラフラと散策していると

気になるモノが色々と出てくる。



『なあ、アレなんやろ?』

『んあ?』



一緒に来た嫁のまーさん

信号の向こうにある物体を指差す。



『知らないの?』

『あの緑と赤とオレンジの看板は
 スーパーのイズミヤさ』

『そっちちゃうわ!』

『♪イーズーミヤァー』

『歌うな!』




0228_02

場所は

「国立大阪医療センター」

「難波宮跡公園」

間にある「上町筋」沿いの十字路。


まーさんが気になってたのは

もちろんこっちの大きな石碑だ。


石段の上に石碑があって

長ひょろい文字が彫ってある。



0228_03

デカい・・・。


5mくらいありそうな石碑に

「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」

と刻まれていました。



『大輔って人と盆次郎って人の石碑かな』

『んー・・・分からん』


『ん? あれって大村益次郎やない?』

『「ボン」やなくて、あれ「マス」やわ』



古い字なので「益」が「盆」に見えた。

大村益次郎の名前は聞き覚えがある。



『あー、なんか授業で出てきた気がする』

『ボンジロウとか。盆ちゃうし』

『うっせ』

『で、どんな事した人だっけ?』

『うーん・・・維新で何かした人?』


『上の大輔って人は誰?』

『「ひょうぶ だいすけ」って人かな』

『そっちは知らない』

『使えないヤツだなあ』

『はあ?
 じゃあ
たっくさん知っとんの?』

『♪イーズーミヤァー』

『そのイズミヤのヤツやめろ!』



後で調べたところ、

「兵部大輔」というのは人名ではなく

「ひょうぶたいふ」という官位

職や階級を表すものだそうです。


「ひょうぶ だいすけ」とか

そんな感じの人名だと思った人は

恥を知ったほうがいいです。




0228_04

石碑の右側

大村益次郎さんの肖像らしき

浮き彫りがあります。


まーさんのせいで

「維新で何かした人」という

情報しかないので調べてみました。



「大村益次郎」


幕末の時代を生きた長州藩士

長州征伐や戊辰戦争で勝利に導き、

明治維新を確立した立役者の一人。

日本帝国陸軍の創始者とされ、

維新後はこの大阪の地に軍を配置する準備をしていた。


明治2年(1869)9月に京都で襲撃を受け、

大阪の「大阪仮病院」に搬送されるも

同年の11月に死去



明治維新で活躍し、

旧日本陸軍の創始者という

偉業を成し遂げた方だったとの事。



京都で襲撃されて運び込まれた

「大阪仮病院」がこの場所にあったため

ここに殉難の石碑が

建てられたのだと思われます。



「大阪仮病院」は現在、

石碑から少し北にある

「国立大阪医療センター」

に移り変わったそうです。



0228_05

石碑の左側の碑文


大村益次郎さんの生涯や

この記念碑を建てた経緯が

記されているようです。


昭和15年11月に建立されたようですね。

詳細については写真をご覧ください。




0228_06

壁には石碑の建立に関わった

発起人の方々の名前が刻まれていました。


写真のほぼ中央辺りに

私でも知っている

「東條 英機」さんのお名前がありました。



0228_07

左側の壁にも

発起人の方々の名前がありました。


写真の中央より少し右側の

壁がペコンッと曲がってる辺りに

パナソニックの「松下 幸之助」さんの

お名前を発見。



他にも様々な著名人の方々が。

発起人が豪華!



0228_08

碑文の位置から見上げた写真。

こうして見ると

改めて大きな石碑だと確認できる。




0228_09

石碑から見た正面側。

「上町筋」の大きな道路があります。



0228_10

大村益次郎さんを称える石碑

「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」


近くを通られる事があった際には

ぜひ訪れてみてください。


※この記事の写真は2017年12月に撮影したものです。


【兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑】



最寄り駅は
JR環状線・森ノ宮駅
地下鉄・森ノ宮駅
地下鉄・谷町四丁目駅
地下鉄・谷町六丁目駅