今日もタイトルが長ーい。


そして本日の記事も

昨日、一昨日に続いて


中央区の本町橋にある

「マイドームおおさか」という

展示場ビルの植え込みにある

石碑についてのお話です。



同じ場所ばかりで

ごめんね。


今日で区切りが付くはずなので

お付き合いください。



昨日と一昨日の記事については

↓のリンクからご覧くださいまし。


内容・一昨日のアレ

内容・昨日のソレ





0215_01

ここ数日、やたらと出てくる

「マイドームおおさか」の植え込みにある

石碑達の写真。


本日はここの植え込みではなく、

さらに奥に見える

植え込みに足を進めます。



0215_02

こちらが奥に見えていた植え込み。

他の石碑達とは離れて

ポツンと1つだけ石碑が建っています。



0215_03

碑には

「昭憲皇太后 英照皇太后 行啓之所」

と刻まれています。



「昭憲皇太后」
※読み方「しょうけん こうたいごう」

明治天皇の皇后。


「英照皇太后」
※読み方「えいしょう こうたいごう」

孝明天皇の皇太后で
※読み方「こうめい てんのう」

明治天皇の継母に当たる方だそうです。



皇室の系図に疎いので

初めて知りました。



失礼かもしれませんが

ものすごく簡単に説明すると

「明治天皇の奥様とお母様が来たよー」

という記念碑ですね。



0215_04

皇太后がここを訪れた

というのは分かったけど

何を見にきたんだろう?



気になったので調べ回ってみると

明治8年(1875年)

この場所には

「府立大阪博物場」という

博物館・動物園・図書館・美術館など

他にも様々な施設を複合した

一大文化施設が存在していたとのこと。



昭憲皇太后英照皇太后のお二人は

この「大阪博物場」を訪れたそうで、

それを記念した石碑だと分かりました。



ちなみに、この「大阪博物場」

大正3年(1914年)

廃止されてしまったそうなのですが


場内にあった図書館

現在の「中之島図書館」に、


同じく場内にあった動物園

現在の「天王寺動物園」に移転され

姿を変えて現代に残っています。



これって結構すごい話ですよね。

初めて知りました。


皇太后行啓の石碑1つから

ここまで話が辿れるとは・・・。

何でも調べてみるものですね。



「大阪博物場」の動物達を

天王寺へ移動させる際、

象が大きくて引っ越せなかったので

松屋町筋を象本人に歩かせて

天王寺まで移動させたそうです。



確かに松屋町筋をずっとに進むと

「天王寺動物園」に行き着きますよね。

象の行進、見てみたかったなあ。



・・・話長くなってごめんね。



0215_05

こちらは石碑の裏側

昭和15年4月に建立されたようです。


かなり古いモノだけど

それを感じさせないほど状態が良い。



0215_06

時代は流れ、今この場所にあるのは

「マイドームおおさか」


写真の左下辺りに

「皇太后行啓之所」の碑があります。



そして

タクシーがクネっと左折してる道路が

象さんが歩いたという松屋町筋です。



0215_03

「マイドームおおさか」の植え込みに

ひっそりと佇む

「昭憲皇太后
 英照皇太后 行啓之所」の碑


大阪の面白い歴史を色々と教えてくれて

ありがとうございました。



※この記事の写真は2017年12月に撮影したものです。


【昭憲皇太后 英照皇太后 行啓之所】



最寄り駅は
地下鉄・堺筋本町駅
地下鉄・谷町四丁目駅