今日は昨日に引き続いて

谷町六丁目(谷六)「空堀商店街」

散策していきます。



昨日の記事につきましては
下記のリンクからご覧くださいまし。






1231_01

こちらが「空堀商店街」のアーケード。

看板上の「はいからほり」っていうのは

多分、ハイカラとからほりを掛けたもの?



商店街って何気にこういうの多いな。



1231_02

時間はまだ午前中。

これから開店を始めるお店が

シャッターを半開きにして準備してました。



1231_03

振り返って撮影。


出口側の看板には

「ありがとうございます」の言葉。

律儀な商店街だなあ。



1231_04


『昔来た時より閑散としてるような・・・』

『こんなもんやったんとちゃうかな』

『色んな商店街見てきて感覚が変わってきたのかな』

『それはあるかも』


嫁のまーさんと雑談しながら

商店街を進んでいく。


お気付きでしょうか?

この商店街、地味に坂道になってるんですよ。



1231_05

商店街の名前にもなっている「空堀」


これは豊臣時代の大坂城

南惣構の堀があった事に由来。
※南惣構(みなみそうがまえ)=南側の外壁

水を張っていない空の堀だったので

「空堀」という名前。



その空堀が埋め立てられた場所に

この商店街があります。



旗の中央の丸いマークは

空堀の頭文字の「K」に

豊臣秀吉の馬印に使われていた
「ひょうたん」でしょうか。



1231_06

「こんぶ土居」

老舗の雰囲気がある昆布屋さん。


大阪の大きな商店街に行くと

必ずと言っていいほど昆布屋さんを目にします。



「たしかによく見かける。なんでだろ?」
と思ったそこの方。

以前こんな記事を書いたので
お時間があればご覧ください。







1231_07

お店の前には

こんな感じで商品がいっぱい並んでます。



1231_08

静かな雰囲気で

下町で見かける商店街といった感じ。



1231_09

カレーとくつろぎ「旧ヤム邸」というお店。

軽食のあるカフェかな。


古い建物を活かしたレトロな雰囲気の外観が素敵なお店。



1231_10

商店街はまだまだ続いてます。



1231_11

右側にあった道。

見事な下り坂

風景写真撮影が好きな人には

この商店街、かなりオススメですよ。



1231_12

左側にあった狭い脇道。

こちらも下り坂


この商店街は過去に何度か訪れてますが

こうした散策は初めて。

なんか面白そうなのでちょっと降りてみる事に。



1231_13

下り坂の途中、右側にさらに道を発見。

こちらは完全に住民の生活用道路。

家と家の間隔がかなり狭い。



この辺りは空襲の戦災を免れた場所なので

こうした古い町並みが残っているそうですよ。


・・・昨日も書いたな。これ。



1231_14

坂道を下りきって、見上げた写真。

あの上がさっきまで歩いていた空堀商店街


こうして見ると中々急な坂だ。



1231_15

横の石垣もかなり古そう。



1231_16

坂を下りきった先の道。

上の方に神社風の赤い玉垣が見える。


『上のアレなんだろ? お社かな?』

『うーん。こっからだと分からへんな・・・』

『行ってみたいけどどう行けばいいんだ』

『商店街の外やろうし、今度でええんちゃう?』



たぶん面倒臭くなったと思われるまーさん

でも確かに上り下りが大変そうだし仕方ない。


残念ながら今回は見送りすることに。

機会があれば次回行ってみよう。



1231_17

真っ直ぐ進むと

ポンプ式の井戸がありました。

これまた珍しいものが。



1231_18

まだまだ現役で使えそう。

地元の人達の生活用水になってるのかな。

勝手にいじっては悪いので、写真を撮るだけに。



1231_19

井戸から見上げた写真。

上の赤い所、やっぱり気になるなあ・・・。

今度絶対行ってみよう。



1231_20

井戸の横にあったレンガ造りの建造物

これも井戸の形をしているので

もしかしたら昔はこっちが井戸だったのかな。



1231_21

地域の紹介を新聞風にした掲示。


この新聞の「ゐ」の項目。

さっきの上にあった赤い玉垣っぽいやつかな。

正体はお稲荷さんみたいですね。



1231_22

掲示板の下の方にこんなものが。

「からほり推奨建物」


こういうの見つけると

全部探してみたくなるのは私だけでしょうか。



商店街以外の場所もかなり面白そうなので

散策して記事にしたいのですが

今回はあくまで商店街がメイン。


ひとまず戻ることに。




1231_23

戻ってきました。


『お腹空いた。なんか食べたいな』

『さっきパン食べたでしょ』

『パン屋さんまた入りたい』


食いしん坊がなんか言ってますが

無視して進みます。



1231_24

唐突に源泉の自動販売機がありました。

「一会の湯」だそうです。


あいにく点検中・・・。

右側のホースから源泉が出るのかな。



1231_25

地下1000メートルから汲み上げてる温泉水。


20リットルで200円。

銭湯行くこと考えたら安い・・・かな?



地元の人なら、ここで温泉水を買って

家のお風呂で温泉気分を楽しめる感じかな。

・・・羨ましい。



1231_26

自販機の横には

効能やらがあれこれと書いてました。

それにしても面白いものが多いな。



1231_27

よく会う地元の方々なのか

おばちゃん同士が仲良くお喋り。


こういう普通の風景を

後から写真で眺めるのが好きなので

今回もパシャパシャと撮ってます。


もちろんプライバシーには配慮するぜ。

モザイクモザイク。



1231_28

そういえば、商店街を歩いていると

定期的にこういう物体を見かけました。


おそらく豊臣秀吉の馬印「千成瓢箪」ですよね。



1231_29

だいぶ歩いてきました。


この辺りから商店街は目に見えて

下り坂になっていきます。

ちょっと分かりにくいかな。



1231_30

左側の脇道。

苔の生した古い石段の下り坂。


おそらくこの先には

古い民家などが続いている。



1231_31

振り返って写真を撮ってみました。

坂になってる事がよく分かる一枚。


自転車の人も押して歩いてます。



1231_32

アーケードがカーブしてきた。

本当に個人のお店や飲食店が多い。



1231_33

お好み焼き屋さんの「冨紗家」。

「○△□焼」はなんだろう?


ここは隠れた名店として有名で、

芸能人も出入りするお店として

テレビでよく紹介されてたりします。



1231_34

カーブの後も

下り坂が続くアーケード。

ド派手なスーパー「玉出」が見えてきました。



1231_35

振り返って撮った写真。

これほど傾斜のある商店街

なかなか見られるものじゃないと思う。


本当に面白い地形にある商店街なので

是非訪れてもらいたい場所です。



あ。もちろん買い物もしていってね!

焼き鳥とか地場産野菜とか

良い物いっぱい売ってるんだよここ。



1231_36

そんなこんなでアーケードは終わり。



1231_37

アーケードは終わりですが

もう少し商店街は続いています。



1231_38

ここがゴール。

「からほり商店街」の看板が終点。


1231_39


ここから先は

「松屋町筋商店街」になります。


ここも面白い商店街なので

いつか紹介していきたいと思います。



1231_40

かつての大坂城に存在した空堀。

その埋立地に立つ「空堀商店街」


古い町並みを残した情緒に溢れる商店街なので

是非訪れてみてください。



※この記事の写真は2017年10月に撮影したものです。


【空堀商店街】



地下鉄・谷町六丁目駅
地下鉄・松屋町駅