この日は谷町六丁目

通称「谷六」と呼ばれる地域を散策。



1230_01


『ここ久々に来たなあ』

『ウチはこっち側から来たの初めてやわ』


一緒に来た嫁のまーさん

道すがらで購入したパンを頬張りながら

周りを見渡していた。



この谷六周辺には美味しいパン屋さんが豊富にある。

この嫁がついてきたのはパン目当てだ。

パンのお代は私のおごりだ。



遠回しに安く済まそうと思って

私はパン屋で

120円のパンをトレイに乗せた。



人におごってもらう時のビジネスマナーは

支払い主より安い品を選ぶ事だ。

ビジネスっつうか人としての礼儀だ。



まーさんも今日に至るまで

社会の荒波に揉まれてきた人間だ。

きっと分かってくれるはずだ。



『ウチこれな』



・・・トレイに320円のパンが乗せられた。



なんだこれ。

めちゃくちゃ具が乗ってるな。

よくこんなパン探してきたな、おい。


こちとら薄っぺらいハム一枚だけだぜ?



『あ。あとこれ子どもの分な』



OK! 640円がライドだ!




そんなわけで開幕から

1000円近く失ったハンデを背負いながら

この谷六にある「空堀商店街」

散策して行きます。


行き・・・ます・・・。



1230_02


『なあなあ、これ見てみ?』

『ん? なに?』

『こっち上本町って書いてあるやろ』

『うん』

『ほんで道路の反対側見てみ?』



1230_03


『ほら! こっち谷町になってんねんで』

『ああ。ほんとだねえ』



320円のパン食べながら
出てきた感想それぇえ?



『ウチが発見したんやで』

『本当だねえ。気付かなかった』

『ちょうど町の境目なんやな。面白いわー』



1230_04

320円パンがドヤ顔で発見した境目。

たしかにちょっと面白い。

なんか悔しい。



1230_05

道沿いの脇には

熊野街道を示す石碑がありました。


街道系も一度じっくり散策してみたいなあ。



1230_06

歩いてきた道を振り返って撮影。

この辺りは空襲の戦災を免れた地域。

古い家や新しい家が混在しているので町並みが面白い。



1230_07

いよいよアーケードに到着。

さあ散策開始だという所で・・・。



『後ろにも商店街っぽいのあるで』


320円パンがアーケードの無い部分、

つまり写真の後ろ側の道にも

商店街が続いている事に気付く。



1230_08


『オシャレな街灯並んでたから、もしかしたら思ってん』

『こっちにも商店街が続いてるの初めて知ったわ』

『そっちから見ようか』

『ウチが気付いて良かったなあ』


320円厚切りベーコンなんちゃらキッシュ

またしてもドヤ顔。



一緒に歩いていると

こういう自分では気付けない発見を

してもらえるので本当に助かる。


何より散策中に話し相手がいるのは

楽しいし、ありがたい。



そう思ったらパンくらい買ってあげても

いいんじゃないかと思えてきた。



・・・でも貴様の名前は
しばらく320円パンにするからな。



1230_09

スタートを端からにしたいので

あまり周りを見ないようにしながら

商店街の突き当りまで進む。


どうやらあの看板がスタートライン。



1230_10

そんなわけでここから開始。

「空堀ど~り商店街」というお名前。


「~」にユニークさを感じるね。



1230_11

場所は上本町西三丁目になるらしい。



1230_12

「空堀ど~り商店街」はこんな感じ。

端の方は普通の住宅などが並んでいて

商店街という雰囲気はあまり感じられず。



1230_13

時間はまだ午前中。

商店街の活動時間はゆっくりなようで

まだシャッターが閉まってるお店が多いです。



1230_14

和菓子屋さんがありました。


『あんこ食べさせろ』

『言うと思った』

『パンまだあるでしょ』


あんこ好きな320円パンが速攻で反応。

看板の月見だんごにも心惹かれてた。



1230_15

中ほどまで来ると

同じような看板が並んで商店街らしさが出てくる。



1230_16

脇道にあった路地。

結構な坂道になってます。


「谷町六丁目」を含む大阪の「谷町」という地域は

その名前の通り「谷」になっている場所。


そのためなのか、

この辺りの地域は至る所に坂道があります。



1230_17

小学校の跡地がありました。

「桃谷小学校」があったようです。


右側の二宮金次郎像は分かるけど

左側の物体はなんだろう・・・?

校舎の模型・・・かな?



1230_18

桃谷小学校跡地のある場所は

のどかな公園。

当時はグラウンドだったのかな。



1230_19

跡地に概要がありました。

明治7年に設立されて平成3年に閉校したとの事。

結構古くからあった小学校だったんだなあ。



1230_20


『ねえ知ってる?』

『二宮金次郎像って夜中動き出すんだよ』

『豆しばみたいな口調で不気味な話せんといてくれる?』


『血の涙流しながら襲い掛かってくるんだよ』

『なんで泣くねん! 襲うな!』



私が小学校の頃に聞いた学校の怪談。

今思えば二宮さんに失礼な話だな。



1230_21

二宮さんの後ろ側の小道。

こっちもゆったりと坂になっている。



1230_22

というわけで
アーケードのある商店街まで戻ってきました。



1230_23

中に入るとまず古本屋さんが目に入る。

というかあれ?

アーケードすぐに終わっちゃうんだけど。



1230_24

果物屋さんや食事処が少しあるだけ。

もう少し長いと思ってたけど短かった。


大きな道路を渡った先に

空堀商店街のメインになる商店街はあるんですが

こっち側ってこんなに短かったかな・・・。



1230_25

あっという間に商店街の切れ目に。



1230_26

この大きな道路は「谷町筋」

覚えやすいですね。



1230_27

今通ったアーケードを見上げてみる。

ろまん街道「空堀ど~り商店街」はこれでおしまい。

うーん・・・短かった。



1230_28

ひとまず信号が青になるのを待ち

向こう側にある「空堀商店街」へ。



・・・と思いましたが、

長くなってきたので本日はここまで。


続きはまた後日ということで。



※この記事の写真は2017年10月に撮影したものです。


【空堀商店街】



地下鉄・谷町六丁目駅
地下鉄・松屋町駅