この日は大阪キタの中心地「梅田」のお隣

「中崎町」を訪れました。



中崎町は昭和の古い家並みが残る町。

その古い家=古民家を利用した

カフェや雑貨屋などが軒を連ねる

古くて新しい大阪の隠れ観光スポットです。



1226_01

その中崎町のほぼ中央にある「済美公園」

ここで「旧町名継承碑」を見つけました。



1226_02

「旧町名継承碑」っていうのはこんな石碑。


昭和時代の区画整理などで消滅した

昔の町名を伝えるために

大阪市が設置している石碑です。



普段は植え込みの中とかにひっそり隠れてます。

見つけたら2ポイント獲得!



1226_03

こちらが正面。

消滅してしまった町名と
その経緯が書かれています。



1226_04

ここには「葉村町」という町名があったようです。

読み方は「はむら」かな?


詳しい説明は写真をご覧ください。

葉村町にだけ関わる部分だけ下に抜粋しておきます。



「葉村町」

大正13年6月
本庄葉村町、本庄横道町、本庄東権現町の
各一部を統合して「葉村町」となった

昭和53年2月
住居表示の実施により葉村町は
中崎西一~二・四丁目、中崎一・三丁目、万歳町の各一部となる。

町名の由来は
東葉村、西葉村の旧村名からとったもの。



この公園のすぐ近くに

「葉村温泉」という古い銭湯がありますが、

おそらく当時の町名からとった名前でしょうね。



1226_05

公園内は至って普通。

よくある町の小さな公園ですね。



1226_06

公園の端にポツンとあるので

案外気付かずに通ってしまいそうになります。


見かけたら

「これ旧町名継承碑って言うんだぜ」

って友達に言ってみてください。


たぶん

「ああ、そう・・・」

って返ってきます。



せつない・・・。





※この記事の写真は2017年12月に撮影したものです。


【旧町名継承碑「葉村町」】



最寄り駅は
地下鉄・中崎町駅