昨日に引き続き「中崎町」の散策となります。




昨日の記事についてはこちらをご覧ください。






29_01

再開ポイントはこの広い道路から。
左側に見える、駄菓子屋さんがあった道を再び通ります。

前回は途中で井戸がある路地に寄り道してしまったので、今回はまっすぐ通っていきます。




29_02

途中にオシャレな看板がありました。
町の散策にちょっと疲れたらカフェで休憩するのもいいですね。


そのまま進むと分かれ道が出てきました。
メインっぽい道はひとまず置いておき、右の細い路地を進むことに。

・・・さっそく道から外れてしまった。



29_03

細い路地は住宅が中心で、お店もほとんど見当たらず。

雰囲気の良い感じのお店があった跡地がありました。

すぐ隣に梅田の大都市があるとは思えないほど幻想的な風景です。



29_04

こちらのお店は近くに移転したようです。

11月中旬と書いてますが何年前の話かは不明です。



29_05

そのまま進んでみると、立ち入り禁止になっている文化住宅のようなアパートがありました。

リノベーションされている古民家ほどではなさそうですが、こちらもなかなかの年代物ですね。



29_06

アパートのレンガ塀は思いのほか新しいものです。

左側のは洗濯機でしょうか?
各部屋の前に一つずつ設置されていました。



29_07


『なんだろうコレ・・・』

『え・・・? 知らんの?』


初めて見る妙なメカの姿に疑問を浮かべていると、嫁のまーさんが意外そうに聞いてきました。

これも洗濯機のように各部屋に一つずつ設置されていました。



『知らない・・・焼き芋とか作るやつ?』

『なんで家の外で焼き芋作んねん・・・これお風呂の湯沸しやで』

『湯沸し? え・・・野ざらしで置くの? ウソでしょ?』

『ウソやないって。うちの実家にも昔あったで』

『これ使ってる時に触ったらヤケドするんじゃないの?』

『そら煙突のとことか熱くなるからヤケドするで・・・何言うてんの? 普通触ったらアカンやろ』


まったく知りませんでした。

私が住んでいた北海道では見た事がありません。

もしあったら冬場は確実に凍結しますし、イタズラ小僧が煙突にジャストサイズの雪玉を作って詰め込むはずなので大変危険です。

地元の人からすれば見慣れたものでも、私のような外から来た者にとっては知らない事がいっぱいあります。

こうした発見ができるのも散策の面白いところです。


この先は店などのない住宅街になったので来た道を戻る事に。



29_08

広い道路に戻り、古民家が連なる道をまっすぐ進みます。



29_09




29_10


途中の細い路地を曲がったところに、御神木があるお社とお堂がありました。

こちらは先日、別の記事にて紹介しました。
興味のある方はこちらをご覧ください。







29_11

さらに進むと、黄色と青を基調とした派手なお店が見えてきました。



29_12

お店の窓からはレトロな人形がこちらを覗いてます。

少し気になりましたが、お店はまだ開いてないようでした。



29_13

黄色いお店を横から見た写真。
横からの外観は立派な古民家です。

レトロオシャレな雰囲気が素敵。
窓はリノベーションした際にDIYで作ったのでしょうか。



29_14

そのまま隣のお店と連なっていました。
ツタがすごいです。

奥には「白龍大神」の御神木が見えます。



29_15

すぐ裏には「葉村温泉」という昔ながらの銭湯があります。

こちらも創業が古そうで年季が入ってます。



29_16

昭和レトロな趣のある銭湯の看板。
サウナ、水風呂、露店風呂、暦風呂と浴種が色々あるようです。



29_17

道路を挟んで向かい側にあったオシャレなお店。

前菜や主食が選べるフレンチのランチをやっているようですね。

美味しそう。



29_18

広い道路に戻って再び進むと、
またしても細い路地に面白そうなお店が並んでいました。



29_19

この路地の案内図

左側は店舗ばかりが並んでいますが、右側はほとんどが住宅。
面白い作りになってます。



29_20

路地をまっすぐ進んでいきます。



29_21

二階建ての店舗が並ぶ建物。
元はアパートのようなところだったのでしょうか。

面影がわからないほど綺麗ですね。


そのまままっすぐ路地を抜けて、突き当たりを右へ。



29_22

昔ながらの中華料理屋さんの前に出ました。

時々無性に食べたくなる王道なラーメンを出してくれそうな店構え。



29_23

横には「サクラビル」という店舗がたくさん入った2F建てのビル。

よく見たら中華料理屋さんも同じ建物ですね。



29_24

サクラビルのテナント案内。
色々なお店が入っています。



29_25

その向かいには動物雑貨のお店がありました。
クッキーなども売ってます。

その先は中崎町駅の方面に出てしまうので、
最後に路地を一本曲がってみることにしました。



29_26

路地の端まで行くと、これまた見事な古民家ショップが。
自家製のオーガニックグラノーラ専門店だそうです。



29_28

中崎町駅に戻ってきました。
今回の散策はこれで終了。

見逃してしまった路地・面白いスポットなどまだまだ残っているはずなので、また改めて行きたい場所です。


古き良き町並みや建物を現代に残すレトロの町「中崎町」

興味を持っていただけたら幸いです。






ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

※この記事の写真は2017年9月に撮影したものです。


【中崎町】