この日は天王寺区にある
※(てんのうじ く)

JR環状線・桃谷駅の周辺を散策。
※(ももだに えき)


駅から南東方向にある

生野区「生野区役所」の辺りを
※(いくの く)

歩いていました。



0428_01

区役所の前を東西に走る

「勝山通」という大通りを
※(かつやま どおり)

に向かって進んで行くと

大きな公園に到着。



0428_02

公園の名前は

「御勝山公園」
※(おかちやま こうえん)


同じ『勝山』という漢字なのに

大通りの勝山通は『かつやま』

公園の御勝山は『おかちやま』

なんだかややこしい……。



0428_03

名称に『山』と付いてるだけあって

公園内には柵に囲まれた山がある。




0428_04

公園内に案内板を発見。

「御勝山古墳」
※(おかちやま こふん)

と書いてあった。


おいこれ古墳だぞっ!

古墳やったんか!?


遊具と一緒に並んでる

あの山が古墳だったとは……。


着いて来た嫁のまーさん

もビックリだ。



0428_05

さっそく案内板の内容を確認。


大阪府の史跡に指定されているらしい。

そりゃ古墳だしな!



それほど長くないので

書いてある内容を

以下にまとめていきます。



「御勝山古墳」
※(おかちやま こふん)

「御勝山古墳」
古墳時代中期の5世紀前半に造られた前方後円墳

慶長19~20年(1614~15年)の大坂の陣で
徳川方の本陣が置かれた際に墳形が破壊され、
現在は後円部のみが残っている。

昭和48年(1973年)の発掘調査で
埴輪や葺石が発見された。




なんと大坂の陣の時に

前方後円墳の『前方』部分

破壊されてしまった模様。


小高い丘で見晴らしが良いから

陣を置くのに適していたんでしょうね。

ちょっと悲しい……。



0428_06

案内板右側の絵図。


大阪市の史料によると、古墳の大きさは

南北に約112m、東西に約55m、

そして高さは約8mとのこと。



「勝山通」が古墳のど真ん中を

ぶち抜いたように見えるけど、


前方部がすでに破壊されていたので

後から出来たであろう勝山通は

たぶん無罪です。



0428_07

案内板のすぐ近くにあった

石碑くん


横にパプリカの袋が落ちてるので

この子が食べたのかもしれない。



碑には

「史蹟 岡山 又 御勝山」
※(しせき おかやま また おかちやま)

と刻まれている。


『御勝山』という名称は

大阪の陣で勝利した徳川方が

江戸時代に名前を改めたからだそうで、


それ以前は『岡山』という名称で

伝わっていたとのこと。



0428_08

碑の裏面。

「昭和14年3月 大阪府」


昭和14年(1939年)

大阪府が建立したようだ。

かなり古いのでなかなかの貴重品。


ちなみに左右の側面には

何も刻まれてなかった。



0428_09

「勝山通」を渡って

南側から古墳を眺めた風景。



古墳と言えば

古代の権力者が埋葬された場所として

認知されている史跡。


こちらの「御勝山古墳」は

詳細は定かではないものの、

埋葬者は「大小橋命」であるという
※(おおおばせのみこと)

伝承が残されているとのこと。


「大小橋命」とは古墳時代に

この辺りの地域を治めていた豪族


ここから北へず~~~っと行った

鶴橋駅の辺りに

「大小橋命胞衣塚」という関連史跡がある。
※(おおおばせ の みこと えな づか)



0428_10

歩道橋があったので

上から古墳を眺めてみる。


歩道橋…高くて怖っ!

アカンアカン…!
なんか揺れてんで!?


大型車両が通ると

歩道橋に振動が伝わってきて怖い。



0428_11

歩道橋から確認した

円墳部分の様子


ここから眺めると

小高い丘になっているのがよく分かる。


木が何本か伐採されているので

府が定期的に管理してると思われる。

えらいぞ、府。


0428_12

歩道橋の上から

円墳東側を眺めた写真


こっちはなんかもう森だ。

どうした、府?



0428_13

怖いから歩道橋を下りた。

ここは円墳の西側部分


せっかくなので

ぐるっと一周回ってみよう。



……ちなみに古墳といえば

周囲を「堀」で囲われているイメージですが

こちらには現在、堀は無し。


しかし大阪府のサイトで確認出来る

昭和7年(1932年)の古写真を見ると

その時代には古墳の西側……

つまりこの辺りに堀があったようです。


その頃は柵もまだなくて

古墳に登ったりも出来たみたいですね。



0428_14

ぐるっと北側に入った途端、

行き止まりになっていた。


おいおい頼むぜ、府。



0428_15

Uターンして歩道橋を通り過ぎ

円墳の東側に来てみた。


こちら側に至っては

道が住宅街へと繋がっていて

古墳が民家の後ろに隠れてしまうため

ほとんど様子が見れなかった。



0428_16

最後に、大坂の陣時代に破壊されたという

前方後円墳の『前方』側へ。


勝山通を挟んだ公園の南側

案内板の記述にあった通り

古墳の形跡は見られない。



0428_17

南側の名称は「御勝山公園」

実は『南』がついている。



ここ御勝山古墳を含む周辺一帯は

明治中期~大正末期まで

「大阪府立農学校」の敷地となっており、


さらに昭和初期~中期までは

「大阪管区気象台」

ここ御勝山南公園の位置にあったとのこと。



0428_18

その名残なのか

公園は少し高台のようになっている。



何も知らないと普通の公園だけど、

歴史をたどると色々なことが分かって

とても面白いですね。



0428_09

生野区の勝山通沿いにある

古代の史跡「御勝山古墳」



柵があるので

遠巻きにしか見れませんが

ぜひ訪れてみてください。



※この記事の写真は2020年11月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【御勝山古墳】



最寄り駅は
JR環状線・桃谷駅

駅から南に進んで行くと出てくる「勝山通」を東にGO!