※更新が滞ってしまってごめんなさい。



この日は大阪市中央区にある

大阪メトロ・谷町六丁目の周辺を散策。


駅から南方向の位置にある

「空堀商店街」を歩いていました。
※(からほり しょうてんがい)



0422_01

「空堀商店街」東端のアーケードを抜け

さらに東へ続く商店通りを

ほりほり歩いていると……。



0422_02

植え込みの一部と化し、

すっかり馴染んじゃってる感じの

四角くて白い石碑を発見。


「旧町名継承碑」だ。


昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑です。



0422_03

場所は「中央区上本町西3丁目」

写真奥側に見えるのが

「空堀商店街」のアーケードです。



場所の説明が済んだところで

さっそく継承碑の内容を確認!



0422_04

うぇ~~~い!

ワサワサしちゃってウェーイ!


オーディエンスの前に姿を披露した

草共が浮かれている。

彼らはいつでも我々の視界を阻むのだ。



0422_05

草たち邪魔やから持ち上げとくで。


一緒について来た嫁のまーさん

容赦のない一払いによって

草共がヒョイッと視界から消え失せた。

かわいそうに。



0422_06


説明によると、この辺りは昔

「南桃谷町」

という町名だったようだ。


読み方は

「みなみ ももだに ちょう」



詳細は写真をご覧ください。

「南桃谷町」に関する部分のみ

以下に抜粋していきます。



「南桃谷町」
※(みなみ ももだに ちょう)

明治6年(1873年)11月
上本町三丁目地続きの吉右衛門肝煎地、
塩町口野畑、新瓦屋町の飛び地をもって
「南桃谷町」となった。

明治22年(1889年)4月
市制施行にともない
「大阪市南区南桃谷町」となった。

昭和57年(1982年)2月
住居表示の実施にともない「南桃谷町」は、
新しい谷町六~七丁目・上本町西二~三丁目の各一部となった。

町名の由来は
土地に高低があり、桃林が多かったことから。
冠称の「南」は町域の南部に位置したことによる。




谷沿いに桃の木が生い茂っていたから

「桃谷」という地名。

とても分かりやすい。



0422_07

継承碑の位置から正面を眺めた景色。


「空堀桃谷公園」という

縦長の公園がある。


この公園にも高低差があり、

ここが『谷』であることを

感じさせてくれる。



0422_08

商店街で草に茂られている

「南桃谷町」の旧町名継承碑



近くを通り掛かった際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2021年03月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「南桃谷町」】



最寄り駅は
大阪メトロ・谷町六丁目駅

「空堀商店街」のアーケードを抜けて東に進むと継承碑があるよ!