この日は大阪キタの中心街、

阪急・大阪梅田駅の周辺を散策。


駅のすぐ東側にある

「茶屋町」を歩いていました。
※(ちゃやまち)



0202_01

こちらの巨大な建物は

「ちゃやまちアプローズ」


「梅田芸術劇場」がある施設で、

茶屋町を訪れたことがある人なら

一度は目にしているであろう建物です。


旧名称の「コマ劇場」の方が

親しまれてる名前かもしれないですね。



0202_02

梅田芸術劇場前の植え込み。


ここには近代アートのような

ちょっと変わったモニュメントがあります。


この道を通ったことがあるなら

「ああ、こんなのあったなー」と

ご存知の方もいるかもしれませんが……。



0202_03

……このモニュメント、

改めて近くで見てみると

何やら文字が彫られていました。


これ、なんか書いてあるで。

えっ…本当だ、何だこれ?


ちなみに気づいたのは

一緒に歩いていた嫁のまーさん


今まで何度もここを通っていたけど、

ただのアート的な物体だと思って

まったく気にしてなかった……。



0202_04

三角錐の石造物には

「菜の花や 月は東に 日は西に
 蕪村」

と刻まれていた。



『蕪村』というのは

江戸時代中期に活躍した

「与謝蕪村」という俳人のこと。
※(よさ ぶそん)


どうやらこのモニュメントは

俳句を遺した史跡「句碑」のようだ。


まさか石碑だとは思わなかった。

ウチが見つけたんやでー。




0202_05

裏面も確認してみる。

こちら側には何も書かれてなかった。


……というかが茂りすぎてて

なんだかよく分からない。


ウェ~イッ!

これ石碑って気づいたん、ウチやでー。

ウェイウェイ!
オッシェーイッ!


うっっるせー。

コイツら、うるせぇー。



0202_06

情報らしきものが周囲にないので、

まずはこちらの俳句を残した

与謝蕪村という人物について……。



「与謝 蕪村」
※(よさ ぶそん)

与謝蕪村は江戸中期に活躍した俳人。

享保元年(1716年)
摂津国東成郡毛馬村に生まれる。
※(現在の大阪市都島区)

十代後半で江戸に赴き、
俳人の「早野巴人」の下で俳諧を学んだ。
※(早野巴人=はやの はじん)

天明3年(1784年)
京都にて病没。




教科書にも登場する有名人なので

ご存知の方も多い与謝蕪村さんですが、

その出身は大阪市都島区の毛馬町
※(毛馬町=けま ちょう)


この茶屋町から東にず~っと進んで

大川を越えた先に

出身地の「毛馬町」があります。



0202_04

句碑に刻まれている、

『菜の花や 月は東に 日は西に』


この句は

『夕刻の、菜の花畑の美しい情景に
 思いを馳せて詠んだ俳句』

とのことで、安永年間(1772~1781年)に

蕪村が京都で詠んだ句です。



句碑が建つ、ここ茶屋町は

江戸時代は菜の花が一面に咲き誇る

大坂の観光名所だったようで、


その美しい景観にあやかったことと

与謝蕪村が大阪出身ということを重ねて、

ここに句碑を設置したと思われます。



また、この『菜の花や~』の元になった地ですが

『与謝蕪村が兵庫県の六甲山麓にある
 「摩耶山」を訪れた際の俳句である』
※(摩耶山=まやさん)

という説があるので、

茶屋町の菜の花畑の情景を

与謝蕪村が詠んだかは定かではありません。



ゴチャゴチャと長い説明が続いて

ごめんなさい……。



0202_07

とりあえず簡単にまとめると、

与謝蕪村さんは大阪出身!

茶屋町は昔、菜の花畑だった!

はい、句碑ドーン!

って話です。


あの丸い輪っかは何やろな?

人間のエネルギーを吸い取る装置だよ。

怖っ!
吸い取ってどうすんねん!?

菜の花に変える。

意外と優しい機能や!


なお、このやたらと反射する丸い輪っかを

まーさんが眺めていたせいで、

思いっきりヤツの姿が写り込んでいたため

ほとんどの写真が使い物にならなくなった。



0202_02

梅田芸術劇場の前にある

モニュメント「与謝蕪村の句碑」



茶屋町を訪れた際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2020年6月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【与謝蕪村 句碑(モニュメント)】



最寄り駅は
JR・大阪駅
阪急・大阪梅田駅
阪神・大阪梅田駅
大阪メトロ・梅田駅

MAPの「梅田芸術劇場」の前にモニュメントがあるメント!