本日の記事は、前回と同じ場所。

大阪市は西区 京町堀にある

「京町堀公園」からです。
※(きょうまちぼり こうえん)



0113_01

こちらは前回紹介した、

京町堀公園に設置されていた

「京町堀川跡の碑」


『江戸時代、町民が掘った川が
 ここを流れてたんだよ~』


という証を残した石碑です。



0113_02

こちらも前回の記事に出てきた

「街区表示板」の写真。


街中でよく見かける

住所が書いてあるアレです。


……この街区表示板が掲示されている

物体にご注目ください。



0115_01

……キミ、ただの柱じゃないよね?

なんか書いてあるもの。


これ…過去の遺物っぽいなー。

二本並んでるねぇ。

ゴミ置き場に利用されとるな。

石碑だとしたら悲しいねぇ…。


嫁のまーさんと一緒に

この「謎の石柱」を観察してみる。



0115_02

西側の面には

「京通一町會」

と刻まれており、

上下には丸い穴が貫通していた


『旧町名かな?』と思ったけど、

この辺りは江戸時代からずっと

「京町堀」の町名だったそうなので

町内会か何かの名称だと思われる。



0115_03

北側の面。

向かって右側の石柱から

「紀元二千六百年」

「奉祝記念」

と刻まれている。


あっ!?
これって、昭和の頃に国旗を掲げてたヤツかも!

あー!
なんかそんなんやった気がする!




0115_04

……これは以前、

都島区で発見した「謎の石柱」


コメントで教えていただいて、

「国旗掲揚台」
※(こっき けいようだい)

というものであることが分かりました。



0115_05

今回、発見した石柱も

「紀元二千六百年」の文字と

丸い穴が開いているので、

おそらく「国旗掲揚台」だと思われる。


国旗掲揚台とは、その名前の通り

日本国旗などを掲げるための土台で、

日本各地にあるのだそうだ。



0115_06

東側の面。

「昭和15年2月11日 建立」

と刻まれている。


北側の面にあった「紀元2600年」

昭和15年(1940年)なので

そのまま年代も一致する。


この年は「紀元二千六百年記念」として

日本各地で様々な記念行事が

華々しく開催されていたとのこと。



……そういった式典や行事に合わせて

ここに国旗が掲げられてたのかな?



0115_07

石柱の足元をよく見ると、

土台が赤レンガではない別の素材だった。

おそらく昭和当時からのものだろう。


国旗の台としての役目は終わったのかな?

みたいやなー。

でもまぁ、住所を表示して今も役に立ってるね。

ゴミ置き場の目印にもなっとるしな。

それは言わないであげて…。



0115_01

というわけで

京町堀公園にあった謎の石柱は

「国旗掲揚台」でした(多分)



近くを通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2020年6月に撮影したものです。




※話に出てきた「都島区の国旗掲揚台」はこちらからどうぞ。





↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【京町堀公園の「国旗掲揚台」】



最寄り駅は
大阪メトロ・肥後橋駅

駅から東の阪神高速沿いを南にず~~っと進むと、公園に着くよ!