この日は北区にある

大阪メトロ・中津駅の周辺を散策。
※(なかつ えき)


前回の御神木の記事と同じ場所、

「豊崎」の街を徘徊しました。
※(とよさき)



0108_01

中津駅からへ向かって、

オフィスビルや住宅街が混在する

路地を歩いていると……。


市営住宅の出入口前に

小さな石碑がポツンと建ってました。



0108_02


なんかあるで!

本当だ、石碑だ!

ウチ、これよう見つけたなー。
石碑探しの天才ちゃう?

天才は、自分のことを天才って言わないから。

じゃあウチが世界初やな!


「世界初の天才」という

この上なく馬鹿っぽい称号を手にした

嫁のまーさんと一緒に、

さっそく石碑を確認してみる。



0108_03

碑には

「豊崎第六尋常高等小学校 跡地」
※(とよさき だいろく
  じんじょう こうとう しょうがっこう あとち)

と刻まれていた。


元々は黒色で文字が彫られたのかな?

色付きタイプの碑は少し珍しい。

でも経年劣化で、色が薄れてしまってる。



0108_04

碑の左側面。

何も書かれていない。


お腹すいたー。
美味しそうなラーメン屋ってどこにあるん?

写真撮ってるんだから、後にしてくださいよ。




0108_05

碑の右側面。

こちらも何も無し。


ホンマにラーメン屋あるん?
ここ住宅しかないでー。


世界初の天才がうるせぇ。

天才なんだから、自分で探せばいいのに。



0108_06

碑の裏面。

「昭和62年5月 建立」

と刻まれていた。


昭和62年(1987年)に建てられた石碑。


……情報はそれのみで、

小学校が跡地となった経緯や

学校の沿革などは書かれてなかった。



0108_07

というわけで

分かる範囲で沿革を調べてみました。


詳細は以下をご覧ください。




「豊崎第六尋常高等小学校」
※(とよさき だいろく じんじょう こうとう しょうがっこう)


大正9年(1920年)以降(?)
「豊崎第六尋常高等小学校」が開校。

昭和16年(1941年)
国民学校令により「豊崎西国民学校」と改称された。

昭和20年(1945年)6月
空襲により焼失。

昭和21年(1946年)4月
「豊崎本庄国民学校」に統合された。




開校された時期の詳細は不明ですが、

大正4年(1915年)に豊崎第三尋常小学校──。

大正6年(1917年)に豊崎第四尋常小学校──。

大正9年(1920年)に豊崎第五尋常小学校──。

……と続々開校している沿革があったため、


おそらく大正9年~昭和初期までの間に

「豊崎第六尋常高等小学校」

開校したと思われます。



また、統合後の「豊崎本庄国民学校」
※(本庄=ほんじょう)

現在の「大阪市立 豊崎本庄小学校」の前身で、

ここから東へ進んだ本庄西2丁目にあります。



0108_08

市営住宅が向かい合うこの場所に

かつて校舎が建っていたとのこと。



ちなみに、

「尋常小学校」と「高等小学校」の違いを

現代に当てはめて大雑把に説明すると、

『尋常=小学校』『高等=中学校』

……という感じになります。


高等小学校は義務教育ではない学校で、

裕福な家庭の子が通っていたようです。


今回の「尋常高等小学校」というのは

その二つが併合された小学校で、

いわゆる小中一貫校の

先駆者のような存在だったと思われます。



0108_02

かつてこの場所に

小学校があったことを伝える、

「豊崎第六尋常高等小学校跡地」の碑



近くを通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2020年6月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【「豊崎第六尋常高等小学校跡地」の碑】



最寄り駅は
阪急・大阪梅田駅
大阪メトロ・中津駅

「豊崎西公園」の東側の道を、北に進むと石碑があるよ!