この日は大阪キタの中心地、

JR・梅田駅の周辺を散策しました。



0730_01

駅の北側にある

「ヨドバシカメラ梅田」

「グランフロント大阪」などを通り抜け、


予備校や専門学校が建ち並ぶ

「芝田」の街を歩いていると……。
※(しばた)


このブログではすっかりお馴染みのアイツ

「旧町名継承碑」を発見。



0730_02

場所は芝田2丁目の

「JR西日本 本社ビル」の南東角


JR西日本の敷地内の

なんか森みたいになってる場所です。



0730_03

この白いモノリスみたいな石碑が

「旧町名継承碑」


昭和時代の区画整理で消滅してしまった

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑です。


また微妙な高さの所に設置したもんやなー。

石碑の内容、見れるかねぇ。

手伸ばしたらいけるんちゃう?


一緒に来た嫁のまーさん

さっそく継承碑を確認。


自転車がいっぱい置かれてる場所で

ガサゴソと撮影することに。

自転車泥棒だと思われませんように……。



0730_04

どうやらこの辺りは昔、

「牛丸町」

という町名だったようだ。


読み方は

「うしまる ちょう」

合ってるのかな……?



読み方を調べてみるも、

焼肉屋さんの牛のマルチョウばっかり

ヒットするので困る。


マルチョウ美味しいよね。

でもホルモンの話は今どうでもいいんだ。



そんなわけで

詳細については写真をご覧ください。


「牛丸町」に関する部分のみ

以下に抜粋していきます。



「牛丸町」
※(うしまる ちょう?)

明治33年4月
大阪市北区北野だった当町が
北野牛丸町となった。

大正13年6月
北野牛丸町が「牛丸町」となった。

昭和53年2月
住居表示の実施にともない「牛丸町」は、
大深町・芝田二丁目の各一部となった。

町名の由来は
北野村当時の小字名から。
※(小字名=町名を更に区分けし細分化したもの)





明治までこの地にあった北野村

「牛丸」という地域があったので

「牛丸町」になったんですね。



0730_05

継承碑から北方向を眺めた風景。


『「牛丸」という名称の由来は何だろう?』

と思って意味を調べたところ、

「梅田の牛の藪入り」
という
※(うめだ の うし の やぶいり)

儀式が行われていた地とのこと。



端午の節句(5月5日)

飼牛の頭を綺麗な花で飾り

背中には色鮮やかな布を掛けて

野に放って遊ばせる風習で、


見物人に「ちまき」を撒いて

子供の無病息災を願っていたそうです。



この風習から「牛丸」の名称が

生まれたようですね。


旧町名を調べてみると

色々なことが分かって面白いですね。



0730_06

継承碑の正面には

「上田安子服飾専門学校」という

服飾デザイナーの学校があるので、

こちらを目印にどうぞ。



0730_01

梅田の繁華街にひっそりと佇む

「牛丸町」の旧町名継承碑



近くを通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2020年6月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「牛丸町」】



最寄り駅は
JR・大阪駅
阪急・大阪梅田駅
阪神・大阪梅田駅
大阪メトロ・梅田駅

MAPの「JR西日本本社ビル」東側の路地に継承碑があるよ!