この日は天王寺区にある
※(てんのうじ く)

大阪メトロ・谷町九丁目駅

周辺を散策しました。



1212_01

ここは駅から少し南西へ歩いた所にある

「生国魂神社」
※(いくくにたま じんじゃ)


大阪最古の神社として知られ、

地元大阪人からは「いくたまさん」

親しまれています。



1212_02

こちらの「生国魂神社」前の

少し狭い道を歩いて行くと……。




1212_03

公園の柵の前に

石碑が建っているのを発見。


おっ!?
アレって…石碑?

木の前にある石の囲いみたいなヤツ?
確かに石碑っぽいね。

一瞬、お墓に見えてビックリしたわ…。


一緒に歩いていた

嫁のまーさんが見つけました。


神社の方ばかりを見ていて

あやうく見逃しそうだった。

まーさん、ありがとう。



1212_04

場所は生国魂神社の南側に広がる

「生玉公園」の敷地内。
※(いくたま こうえん)


よく見たら石碑が2つ並んでいて、

明らかにこの区画だけ隔離されていた。



1212_05

右側の碑には

「勤皇烈士 贈正五位 島男也之旧居」

と刻まれている。


『「島男也」という人物の住居跡』

……を示す碑だと思われる。


この人のこと知ってる?

…え?
分からへんで…?


「知らんがな」みたいな顔で返事してきた。

歴史に疎いは当然のこと、

まーさんも知らない人物のようだ。



1212_06

左側の碑。

「水戸藩士 贈正五位
 川崎孫四郎 自刃の所」

と刻まれている。


自刃とはいわゆる切腹のことなので、

『「川崎孫四郎」がこの地で切腹した』

……という碑のようだ。


こっちの人は知ってる?

…へえぇ?
ウチに聞かれても知らんて…。


残念ながらこちらも知らない人物……。

「水戸藩士」ということは

幕末辺りの時代に関わる碑かな?



1212_07

碑の後ろに設置されていた

ボロボロの案内板


文字が消えつつあるけど

何とかギリギリ読めるラインだ。


こちらの案内文と、

調べた他の史料とを合わせて

以下に詳細を記していきます。



1212_05


「島男也之旧居」
※(しま おのや の きゅうきょ)

「島 男也」は幕末の笠間藩士。
生國魂神社に剣術道場を開設していた。

「桜田門外の変」の首謀者の一人である
「高橋 多一郎」を匿っていたため、幕府の役人に捕えられた。

江戸の伝馬町に送られ、後に獄死した。


歴史のテストに高確率で出てくる

「桜田門外の変」に関わる碑だった模様。
※(さくらだ もんがい の へん)

忘れた方のために簡単な説明を……。



「桜田門外の変」

万延元年(1860年)
幕府の大老「井伊 直弼」
天皇の許可を得ず外国と条約を結んだため、
水戸浪士達に暗殺された事件
※(井伊 直弼=いい なおすけ)




「島 男也」さんは、

生國魂神社で剣術道場を開いていたので

神社のすぐ正面となるこの場所に

居を構えていたんですね。


尊攘派であった島さんは、
※(尊攘派=天皇を尊び、外国を排除する思想のこと)

幕府と敵対した水戸浪士を支援し、

邸宅で謀議していたとのこと。



ちなみに「男也」は名前は

「おとや」「おなり」など

読み方が色々とあるようです。



1212_06



「川崎孫四郎 自刃の所」
※(かわさき まごしろう じじんのしょ)

「川崎 孫四郎」は幕末の水戸藩士。

「桜田門外の変」別動隊として
大坂で挙兵の準備を整えていたが、
幕府に察知され、この地で自刃した



「川崎 孫四郎」さん

大坂で薩摩藩との連絡役を

担っていたとのこと。


島男也さんの邸宅に同士と集まって

大坂で挙兵する計画を企てていましたが、

幕府に気づかれて自刃し重傷。

その翌日に亡くなりました。



1212_08

「島男也之旧居の碑」の右側面。

「生玉前町會」

と刻まれている。


町内会の有志が建てた模様。

そして裏面は何も書かれておらず。



1212_09

「島男也之旧居の碑」の左側面。

少し読みにくいけど

「昭和19年12月」

と刻まれている。


おそらく建立日だと思われる。



1212_10

「川崎孫四郎 自刃の所の碑」の右側面。

簡単な詳細が刻まれている。


説明はさっきまとめたので、

詳細が気になる方のみ写真をご覧ください。



1212_11

「川崎孫四郎 自刃の所の碑」の裏面。

こちらは「昭和44年3月」に建立。


川崎孫四郎さんの曽孫の方が

建立されたようです。



1212_12

石碑の足元。


丸い石が沢山置かれていて、

お参りされている形跡がある。


最初に発見した時に

まーさんお墓と見間違えてたけど、

あながち間違いではないのかも。


厳かな雰囲気があったので

手を合わせてお祈り……。



1212_13

石碑から生国魂神社を眺めた風景。

神社の目の前にあるのがよく分かる。




1212_14

石碑の奥にある「生玉公園」

遊具が少し設置された小さな公園だ。


現在は公園になっているこの場所に

島男也さんの邸宅があったのかな?



1212_15

歴史的事件「桜田門外の変」

大坂とも関わっていたことを示す、


「島男也之旧居」の碑、

「川崎孫四郎自刃の所」の碑。



近くを通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年5月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【「島男也之旧居」と「川崎孫四郎自刃の所」の碑】



最寄り駅は
大阪メトロ・谷町九丁目駅
大阪メトロ・日本橋駅
近鉄・日本橋駅

「生国魂神社」のほぼ正面に石碑があるよ!