この日は生野区にある
※(いくの く)

近鉄・今里駅の周辺を散策しました。



1125_01

ここは近鉄・今里駅から南西にある

「新今里公園」
※(しんいまざと こうえん)


街の中でよく見かける

ごく普通の小さな市民公園です。



この日は地域の集まりがあったようで

沢山の人達がゴミ拾いをしていました。

綺麗にしてくれて、ありがとうございます。



1125_02

公園の北側を歩いていると

木陰に佇んでいる石碑を発見。


なんだあの石碑!?
カラフルなんだけど!

めっちゃカラフルやな!
写真でもはめ込んでるんかな。


石碑に向かってカラフルとかいう

呼び方が正しいのかは謎だが、

嫁のまーさんと一緒に

石碑を確認してみる。



1125_03

碑には

「大阪市片江中川土地區劃整理組合竣工記念碑」

と刻まれていた。


めっちゃ漢字だらけやん!

ブログのタイトルがやべェことになるぜ!


そんなわけでブログのタイトルが

やべェことになりましたが、


とりあえずこの石碑は

街を区画整理した際の記念碑のようです。



1125_04

中央に据えられたカラフルなアイツ。


正体は4枚のタイル

カラー写真を印刷したものだった。


写真は、この石碑と同じ文字が彫られた

3~5mほどの石塔らしきもの。



1125_05

公園内を見回してみたものの、

件の石塔らしき姿は見当たらず……。



おそらく写真の石塔が

何らかの理由で取り壊されてしまい、

代わりに石碑を建てたのだと推測。



1125_06

石碑の左側には

「皇紀2599年 建立」とあり、

和・西暦に変換すると昭和14年(1939年)



……年代や劣化状態から察するに

こちらは石碑の建立年ではなく、

石塔が建立された当時の建立年ですね。



1125_07

碑文の「區劃」「区割」の旧字なので、

「大阪市 片江 中川
 土地区割整理組合
 竣工記念碑」

と読むことができる。



石碑や周辺に史料が無かったため

色々と調べてみました。



「大阪市片江中川 土地区割整理組合 竣工記念碑」
※(おおさかし かたえ なかがわ とちくわりせいりくみあい しゅんこうきねんひ)

「片江」は明治半ばまであった地名で、
「中川」「生野区中川」として現存。

昭和14年(1939年)
「片江」と「中川」の区画整理が竣工され、
記念碑(石塔)が建立された




現在の近鉄・今里駅

北東部が「片江」だったエリアで、

南西部が「中川」のエリアです。


戦前の話なので「中川」については、

現在の「生野区中川」とは区割が違う

「中川」の可能性が高いですね。



いずれにせよ、石碑が建っている

「新今里公園」付近を境に

区画整理事業が行われたようです。



1125_08

石塔の代わりに建てられたためか、

石碑に説明の碑文などは無し。



横に生えている木の根が伸びて来てるけど

大丈夫なんだろうか……?


木の根って

地面を盛り上げるほど力が強いから

ちょっと心配だなあ。



1125_02

昭和初期の区画整理事業を顕彰する

「大阪市 片江 中川
 土地区割整理組合
 竣工記念碑」



「新今里公園」を訪れたら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年5月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【大阪市片江中川 土地区割整理組合 竣工記念碑】



最寄り駅は
近鉄・今里駅
大阪メトロ・今里駅
大阪メトロ・小路駅

近鉄・今里駅の南にある「新今里公園」の北側にあるよ!