この日は浪速区にある

大阪メトロ・恵美須町駅の周辺を散策。
※(えびすちょう えき)


大阪の電気街「日本橋」がある地として

観光客にも有名な場所です。



1002_01

「でんでんタウン」「オタロード」から

少し外れた恵美須町駅西側のエリア


この辺りに来ると

普通の住宅街が広がり始めます。



1002_02

そんな町の一角に

よく見かけるあの石碑を発見。

「旧町名継承碑」だ。


ラーメン。

いつもそれやん。
今日は別のもんがええ。

冷やし中華。

それもラーメンやろ。

つけ麺。

麺類から離れーや!


私と嫁のまーさん

お昼ごはんを何にするかで

口論している最中なのだ。


正直、継承碑どころじゃない。



1002_03

場所は日本橋西2丁目

「大阪市営 広田住宅」の植え込みの中に

ニョキッと生えている。



知らない方のために説明すると、


「旧町名継承碑」とは

昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑のことです。



1002_04

この中央の青いプレート

古い町名の経緯などが書かれてます。


写真撮ってる間に、何ラーメンにするか決めておいてね。

イヤや!
たまにはパスタとか食べたい!

それも麺類じゃねーか!


継承碑と無関係な争いが勃発してますが

食後のテンションに関わるので

私達は命懸けです。



1002_05

どうやらこの辺りは昔、

「広田町」

という町名だったようだ。


読み方は

「ひろた ちょう」



詳細については写真をご覧ください。

「広田町」に関する部分のみ

以下に書き記していきます。



「広田町」
※(ひろた ちょう)

明治33年4月
大阪市南区今宮だった当町が
「広田町」・南高岸町・北高岸町・船出町の各一部となった。

大正14年4月
行政区画の変更により浪速区に編入。

大正15年1月・2月
南高岸町・北高岸町・船出町の各一部と、
東関谷町二丁目の一部が「広田町」に編入された。

昭和55年11月
住居表示の実施にともない「広田町」
日本橋西二丁目・敷津東一~三丁目の各一部となった。

町名の由来は
広田の社と呼ばれた「広田神社」から。




一度バラバラになった「南区今宮」の町が

「広田町」の名で統合されたんですね。


町名の由来となった広田(廣田)神社

この継承碑のある場所から

少し西へ歩くと見えてきます。



1002_06

継承碑の背後から見た景色。

目の前に趣のある大きな建物が見える。


グーグルマップによると

「旅館かめや」というお宿らしい。


何ラーメンにするか決めた?

もうラーメンとパスタの中間を取ってカレーにしよかー。

カレー…。

いいね!

せやろ!


何が中間なのか意味不明だが

カレーに軍配が上がった。




1002_07

日本橋の住宅街に静かに佇む

「広田町」の旧町名継承碑


近くを通り掛かった際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年5月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「広田町」】



最寄り駅は
南海高野線・今宮戎駅
阪堺電車・恵美須町駅
大阪メトロ・恵美須町駅

「でんでんタウン」南端のすき家の角を西に曲がろう!