この日は此花区にある

「西九条駅」の周辺を散策。
※(にしくじょう えき)


駅からに進み、

「西九条公園」がある通りを

さらにへと進んで行くと……。



0823_01

ちょっと古めな市営住宅の前

「旧町名継承碑」を発見。


旧町名のヤツやん!

市営住宅の前に継承碑置くのってアリなの!?

大阪市の土地やから置けるんやろね。

あー、そう言われたら市の管轄なのか。


公園などの公共施設によく置いてあるけど

市営住宅前も設置範囲なのか。


これは自前で全て調べようとしたら

かなりの労力が必要になるなあ……。



0823_02

御存じない方のために説明すると、


「旧町名継承碑」とは

昭和時代の区画整理で消滅してしまった

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑のことです。



0823_03

中央の青いプレート

昔の町名のことが色々と書いてある。


文字が沢山書いてある。

目が滑るパターンのヤツやわ…。

というかこの継承碑、めっちゃ斜めに建ってない…?

テキトーに建てたんやろ。


テキトーに建てるな、市め。



0823_04

どうやらこの辺りは昔、

「木場町」

という町名だったようだ。


読み方は

「きば ちょうorまち」かな?



長文でも目が滑らない方は写真をどうぞ。

「木場町」に関する部分だけを

以下に書き記していきます。



「木場町」
※(きば ちょうorまち)

昭和19年4月
新家町一~二丁目の全域と、
西野上之町の一部をもって、
「木場町」となった。

昭和50年9月
住居表示の実施にともない「木場町」は、
西九条三・五丁目の各一部となった。

町名の由来は
「木場川」左岸沿いの町域であることから。



明治からの町名の変遷が書かれてますが、

この辺りが「木場町」になったのは

かなり後半の昭和19年から。


30年ほど使われていた町名なんですね。

由来となった「木場川」ですが、

こちらは現存していません。


0823_05

この継承碑からに進むと

「北港通」という大通りに合流する。


この道の間に、町名の由来となった

「木場川」が流れていたとのこと。



資料が少なくて埋め立て時期は不明ですが

昭和43年(1968年)頃の、

木場川の水質を記録した資料があったので

その頃は川が存在していたようですね。



0823_02

かつてあった「木場川」が由来となった

町名があったことを示す

「木場町」の旧町名継承碑


近くを通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年4月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「木場町」】



最寄り駅は
JR環状線・西九条駅
JR桜島線・西九条駅
阪神なんば線・西九条駅

「大阪暁明館病院」を北に進んだ所だよ!