この日は前回の記事と同じく、

此花区「西九条駅」周辺を散策。
※(にしくじょう えき)



0809_01

駅から西側

「朝日橋公園」「西九条西公園」という

2つの公園の間を通っていると、

「旧町名継承碑」を発見しました。



0809_02

場所は西九条6丁目

「西九条 振興会館」という建物の前に

ひっそりと佇んでいました。



0809_03

初めて見る方のために説明すると

「旧町名継承碑」というのは、


昭和時代の区画整理で消滅してしまった

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑。



写真のと同じ形をした石碑が

市内の様々な場所に建っています。



0809_04

この継承碑「西野下之町」って書いてはるで。

あら?

さっき神社の所で見つけた継承碑は「西野上之町」だったよね。

上下の継承碑、見つかったやん!


前回の記事で紹介した

「西野上之町」と繋がる、

「西野下之町」の碑であることが判明。


実は同じ日に発見していました。

上下が揃うとなんか嬉しいね。


※「西野上之町」の話については、
この記事の最後にリンクを貼っておきます。



0809_05

旧町名「西野下之町」を示す継承碑。



読み方は

「にしのしたの まちorちょう」

もしくは

「にしのしもの まちorちょう」



「上之町」と同じく、

読み方は調べても分かりませんでした。



詳細については写真をどうぞ。

「西野下之町」に関する部分だけ

抜粋していきます。



「西野下之町」
※(にしのしたの まちorちょう)
 または(にしのしもの まちorちょう)


明治33年4月
西区 川北大路西野・大字西九条の町が
西野下之町・西野上之町・西九条下之町の各一部となった。

大正14年4月
此花区へ編入。

昭和39年10月
朝日橋通三丁目の一部が「西野下之町」に編入。

昭和50年9月
住居表示の実施にともない「西野下之町」は、
西九条五~七丁目の各一部となった。

町名の由来は
「西野島」と称された地であることから。
付称の「下之町」は西野の南部だったため。



町域を二分しただけあって、

上之町の継承碑の内容とほぼ同じですね。



0809_06

継承碑から北方向を眺めた写真。


道なりに進んでいくと、東に西九条駅

西に行くと、

千鳥橋駅方向と繋がる朝日橋に出る。



0809_03

かつてこの辺りが

「西野島」の南部だったことを示す

「西野下之町」の旧町名継承碑。



近くを通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年4月に撮影したものです。


    「西野上之町」の旧町名継承碑についてはコチラ。

    




↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「西野下之町」】



最寄り駅は
JR環状線・西九条駅
JR桜島線・西九条駅
阪神なんば線・西九条駅

「西九条 振興会館」の前にあるよ!