この日は此花区にある

西九条駅の周辺を散策しました。
※(にしくじょう えき)


駅前を南北に走る大通り

に向かって進み、

安治川沿いの路地を歩いていると……。
※(あじ がわ)



0729_01

「西九条南公園」という
※(にしくじょう みなみ こうえん)

小さな公園の中に

四角くて薄っぺらい石碑を発見。


「旧町名継承碑」だ。


ふひーッ!?
足元に毛虫いっぱいおる!

うわっ!?
なにこの数!?

ひいぃーッ!?


訪れたのは4月の中旬

春の訪れを感じやがった毛虫ども

地べたを徘徊していた。


見た感じからして

毒を持ってそうで怖い……。


非常に残念だが、石碑へ近づくには

イケニエが必要となる。


まーさん、先歩きなっ!

なんでやねん!
しばくでっっ!

おおん!?

ああん!?


遊具に囲まれたのどかな公園で

大人たちの熾烈な争いが始まりました。



0729_02

ジャンケンで敗北を喫したため、

がイケニエとなって先頭を歩くことに。


アイツ絶対遅出ししたと思う!

この日、記録しておいたメモにも

「遅出しっぽくね?」って

書いてあったし……。



……何はともあれ、

足元に最新の注意を払いながら

継承碑の下へ近づく。


幸いにも砂地の部分に

毛虫の姿はあまりなかった。

多分、植え込みとか

木の近くにひそんでるんだろう。



……あれ?

あの継承碑……植え込みの中にあるな。

イヤな予感がするよ……。



0729_03

知らない方のために説明すると

「旧町名継承碑」というのは、


昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑のことです。



……継承碑を眺めてみたところ、

ヤツらはあまりいない様子。

よかった。



0729_04

とはいえ、すぐ後ろの木から

ヤツらが降ってくる可能性もあるので

ササッと撮影を済ませることに。



碑文によると、この辺りは昔

「北安治川通一~三丁目」

という町名だったようだ。


詳しい内容は写真をご覧ください。

こちらでは旧町名に関わる部分だけ

以下に抜粋していきます。



「北安治川通一~三丁目」
※(きた あじがわどおり いち~さんちょうめ)


明治45年2月
大阪市北区、安治川通北一~三丁目の町が
「北安治川通一~三丁目」となった。

大正14年4月
行政区画の変更で此花区へ編入。

昭和50年9月
住居表示の実施にともない、
「北安治川通一~三丁目」
西九条一~二・七丁目の各一部となった。

町名の由来は
貞享元年(1684年)に開削され、
元禄11年(1698年)に命名された「安治川」から。
また冠称の「北」安治川北岸に位置したことから。




この公園のすぐ南側を流れる安治川の名が

そのまま町名にあてられたんですね。


時代の流れと共に

から電車へと交通の要が移り、

町名も川由来から駅由来へと

変化していった……という感じかな。



0729_05

用が済んだので

ササッと公園から撤退する。


この公園アカンわー…。

寿命が縮んだ思いだ…。

これすぐにでも駆除の業者がこないと、誰もゆっくりできへんやろなー。

ところでこの公園、なんで階段の上にあるんだろう?

そういえば段差あるなー。なんでやろ?


この「西九条南公園」は、

なぜか平地よりも1mほど高い場所にある。



一応周囲を確認してみたら、

公園の部分だけが高くなっていた。

何かの跡地なのかな?



0729_02

西九条南公園にひっそりと佇む

「北安治川通一~三丁目」の旧町名継承碑



春先に訪れる際は

毛虫にご注意ください。



※この記事の写真は2019年4月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「北安治川通一~三丁目」】



最寄り駅は
JR環状線・西九条駅
JR桜島線・西九条駅
阪神なんば線・西九条駅

公園の中まで入らないと、継承碑は見えないぞ!