この日は福島区にある

JR環状線・福島駅の周辺を散策。


駅から北西の方へ進んで行くと

「浦江公園」という
※(うらえ こうえん)

少し広い公園に辿り着きました。



0618_01

ここが「浦江公園」

場所は「北区 大淀南」となっている。
※(きたく おおよどみなみ)


ちょうど福島区北区

境目付近にある公園のようで、

ここは北区の区域らしい。



0618_02

公園の中を歩いていると

植え込みの奥に

ひっそりと建つ石碑を発見。



一緒に来た嫁のまーさん

さっそく確認してみることに。



0618_03

碑には

「皇太子殿下 御成婚記念樹」

と刻まれている。



皇太子さまがご結婚された記念に

植樹したことを伝える碑のようだ。


皇太子さまと、この公園って何か関係あったのかな?

どうなんやろなぁ。

それよりこの「皇太子殿下」って、いつの皇太子殿下なんやろ?


確かに古い石碑なので

いつの皇太子殿下なのか分からない。


後世のためにも、

分かりやすくしてほしい……。



0618_04

碑の右側面。

「昭和34年4月10日」

と建立日が書かれている。



調べてみたところ、昭和34年(1959年)

今年、天皇を譲位された

「明仁上皇」が結婚した年。


碑の「皇太子殿下」とは

当時の「明仁上皇」のことだと分かった。



0618_05

左側面。

「標柱寄贈者 里人會」

と刻まれている。


「里人」=「土地の人」なので、

「地元の有志がこの碑を寄贈した」

という意味だと思われる。



0618_06

碑の裏面には

「浦江公園 愛護婦人會」

と刻まれていた。


地元の婦人会の名前かな?


……それにしても

えらくナナメに建ってる石碑だなあ。



0618_07

碑のすぐそばにある木。

こちらが「記念樹」だと思われる。


幹はそこそこ太くて、

大人2~3人が輪になると

手を繋げそうな大きさだ。



0618_08

離れた所から記念樹を確認。

写真中央にあるのが碑で、

その左側が記念樹。



植樹したのが昭和34年(1959年)だとして

今年(2019年)でちょうど樹齢60年

全体が入りきらないほど背が高い。



「明仁上皇」が譲位した年に

結婚の記念樹と出会えたのも

何かの縁かもしれない。

ただの偶然だけど、ちょっと嬉しいね。



0618_03

「明仁上皇」の結婚を記念する

「皇太子殿下 御成婚記念樹」の碑。


近くを通り掛かった際は

記念樹も一緒に眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年5月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【「皇太子殿下 御成婚記念樹」の碑】



最寄り駅は
JR環状線・福島駅
阪神本線・福島駅

浦江公園内の「浦江運動場」の西側にあるよ!