この日は大阪キタの中心地、

梅田の地下街にある

「泉の広場」を訪れました。



泉の広場は

地下街の待ち合わせスポットとして

大阪の人々に長く親しまれてきましたが、


地下街の改修にともない

噴水が撤去されることになりました。



0506_01

ここは「太融寺」という
※(たいゆうじ)

由緒あるお寺から、

西へ進んだ所にある交差点。


この交差点の真下

今回の「泉の広場」がある。



0506_02

地下街「ホワイティうめだ」へ続く階段。

ここを降りる。




0506_03

もういっちょ降りる。




0506_04

「泉の広場」に到着。


中央に大きな噴水があり、

これが名称にもなっている「泉」。


夕方の帰宅時間ともなると

待ち合わせをしている人達が

スマホを眺めて佇む光景が広がっていた。



0506_05

イタリアの彫刻を彷彿とさせる

大理石の噴水。


見納めとなる今日も

何事もないかのように水が流れていた。



0506_06

「さよなら泉の広場」

別れを告げるポスター。




0506_07

広場には

「泉の広場」の歴史が書かれた

看板も設置されていた。


書いてあった内容をまとめて

以下に記していきます。



「泉の広場」

昭和45年(1970年)、
地下街のオアシスとして
初代・泉の広場が誕生。

昭和56年(1981年)、
時流に合わせた改装を決断。
2代目・泉の広場が誕生。

平成14年(2002年)、
大理石の噴水に改装。
3代目・泉の広場が誕生。



現在の「泉の広場」

17年前にできた3代目なんですね。



0506_08

「卒業証書」という

記念撮影用の看板もあった。


この構図だと

小便小僧が卒業したみたいだ……。



0506_09

最終日を知らせる看板。

本当に今日で見納めなんですね……。




0506_10

「想い出エピソードをつづる伝言板」。

皆の想い出が掲載されていた。




0506_11

私も会社の同僚との待ち合わせに

泉の広場を利用したことがある。


待ち合わせて合流した後、

なんか色々あってケンカになった。


……こんな想い出は掲載できねぇー。



0506_12

話がグルンッと変わるけど、


この泉の広場には

「赤い服の女」と呼ばれる幽霊が出る、

という噂がある。

ちょっとオカルト話。



撤去で閉鎖している間、

赤い服の女とやらはどこに行くんだろう?

食べ物とかあるのかな。



0506_13

噴水を近くから撮影。

こうして見ると老朽化している。




0506_14

広場や周辺通路を閉鎖する案内。


地下街の東端が

広範囲に渡って閉鎖される模様。

年末まで少し不便になりそうだ。



0506_15

49年間に渡って梅田地下街を彩り、

待ち合わせスポットとなっていた

「泉の広場」の噴水。



残念ですが

2019年5月6日をもって撤去となります。



※この記事の写真は2019年5月に撮影したものです。






※2019年7月 追記

0506_t01
撤去後に再び訪れてみました。
泉の広場方面は閉鎖中
立入禁止状態になってました。



↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【泉の広場】



最寄り駅は
地下鉄・東梅田駅
地下鉄・梅田駅