0504_36

この日は大阪港にある観光スポット

「天保山ハーバービレッジ」
※(てんぽうざん)

を訪れました。



ジンベエザメで有名な

「海遊館」があるのもこの場所で、

観光客や外国人だけでなく

地元民にも人気のエリアとなっています。



0505_01

天保山ハーバービレッジ手前の信号。


すぐそばには

日本一低い山の「天保山」があります。
※(2019年5月現在は2番目に低い山)



名所として古くから親しまれているので、

大阪の人はこのエリア一帯を

大雑把に「天保山」と呼びます。



大阪観光へ来た時に、地元の人の案内で

「天保山に行こかー」と言われても、

それは登山の誘いではないです。

ご安心下さい。




0505_02

こちらは

ハーバービレッジのランドマーク、

「天保山 大観覧車」。


1997年の開業時から2年ほどの間、

世界一大きな観覧車だった。



『いつ見てもデカイなー』

『間近で見ると大きさが際立つね』

『…よし、乗ろう』

『絶対イヤやっ!
 こんな高いの乗られへん!』




嫁のまーさんは高所が苦手なので

観覧車になかなか乗ろうとしない。


私も高所は苦手だけど

怖いもの見たさの欲求も強いので

一度でいいから乗ってみたい……。



0505_03

観覧車の足元。


オブジェなどが色々と設置されていて

人を楽しませる雰囲気が漂ってる。

さすが観光スポット。


……ところで変なキリンがいるね。



0505_04

変なキリン。

肉体がレゴブロックで出来ている。



この施設内にあるショッピングモール、

「天保山マーケットプレース」に開園した

「レゴランド」の回し者らしい。



連れてきたウチの子どもが

「クチビル怖っ」と怯えていた。



0505_05

キリンの注意書き。


……あれ?

なんかキミ、実物と違わない?



0505_06

「天保山ハーバービレッジ」の広場。

噴水から弾ける水の音が

清涼感を演出してくれている。



『そういえば、まだ子どもおらん時に
 一緒に来たことあったやん』

『うん』

『あの時たっくさん
 噴水にさわろうとして
 ズボンびしょ濡れになったなー』

『・・・・・・』

『そこの台の所まで水が流れてるの、
 全然気付いてへんかってん』

『台に腰つけて、噴水に手伸ばして
 「ワハハー」言うて気付かんで
 ビッチャビチャになっとったな』

『うるせえ』



せっかく忘れていたのに

嫌なことを思い出させてくれた。



0505_07

天保山のエリアマップ。

周辺の地図どころか

大阪市内の観光案内まである。



0505_08

イベント告知のポスター。

海遊館「海月銀河」という

クラゲの展示がオープンしたらしい。



0505_09

噴水の通りを歩いていくと

海遊館の建物が見えてきた。



0505_10

あまり見る機会がない

観覧車を真横から見上げた写真。




0505_11

目の前に見える建物が

「天保山マーケットプレース」。


今まで「プレイス」だと思ってたけど

実は「プレース」だった。



0505_12

「天保山 大観覧車」のりばに到着。

地上高112.5m(世界最大級)。



『世界最大級の「級」が
 ちょっと悲しいね…』

『「世界最大」とは言えへんように
 なってもうたからなー』

『まあそれでも高い方やろ』

『観覧車乗ろうよ。
 上からの写真撮りたいし』

『イーヤーや!』

『一人で乗ってきたらええやん』

『えぇー…』



一人観覧車という

鬼のような提案を繰り出してきた。

罰ゲームだろそれ。



0505_13

他の施設と合わせた

お得なチケットがあるらしい。


ちなみに「天保山 大観覧車」

利用料金は800円(3歳以上から)



少しでも安く、沢山観光したい方は

下調べをしておくと

よりお得な情報があるかもしれません。



0505_15

観覧車のりばは建物の2階。


まーさんが乗ろうとしないので

結局、観覧車は諦めることに……。

子どもが大きくなったら一緒に乗ろう。



0505_16

観覧車のすぐ横には

ゲームセンターがある。



『あっ!』

『なに? 何かあったん?』

まーさん、前にこの辺りで
 鶏ささみスティック落としたよね?』

『・・・・・・』

『どこかのコンビニで買って
 お楽しみで取っておいたヤツ。
 袋からズルンッてすべり落とした』

『拾って名残惜しそうにしながら
 「洗ったら食べれるんちゃうか?」
 とか言ってたね』

『うっさいわ!』



……思い返してみたら

天保山は悲しい思い出ばかりだった。



0505_17

噴水通りに戻ってきた。




0505_18

「天保山ハーバービレッジ」

店舗案内マップがあった。



さっきから出てくる

天保山ハーバービレッジって

名前が長くてなんか面倒くさい。

省略したい……。



0505_19

海遊館へと続く階段。


横にエスカレーターがあるので

階段の利用者は少ない。



0505_20

上がったところ。

施設の中心部なので人が多い。




0505_21

観覧車の方向を撮影してみたら

とてもキレイな写真が撮れた。


レゴのキリンもつけちゃえ。



0505_22

こちらが

「天保山マーケットプレース」。

正面入口はここから。




0505_23

天保山マーケットプレース

飲食店やお土産屋などがひしめく

ショッピングモール。


フードコートも完備されているので

お昼時はお客さんであふれ返っている。



3階には「レゴランド」や、

ふれあい動物園の「天保山アニパ」など

アトラクション施設も充実している。



0505_24

マーケットプレースの撮影スポット。

海遊館の人気者・ジンベエザメのオブジェと

記念撮影ができるぞ!




0505_25

マーケットプレースを出る。



『もうちょっと中見たかった…』

『写真撮ったら戻ってきて
 ゆっくり見ようよ』

『そうやね』

『お昼ごはん何にしようかなー』



まーさんがさっそく

昼食のプランを練り始めた。



0505_26

左側を向くと、

オシャレなテラス席が並んでいる。




0505_27

「海遊館」に到着。

外観だけでテンションが上がるね。


あの建物の中に

巨大なジンベエザメがいると思うと

それだけでワクワクしてくる。



……でも以前、

ウチの子どもを連れていったら

薄暗い内部と、巨大魚の恐怖に怯え、

すっかりトラウマを与えてしまった。



0505_28

海遊館のチケット売り場。

すんげー人。



こちらの海遊館

大阪でも屈指の観光名所なので

紹介したいのですが、


中が暗くて写真が撮影しにくいこと、

見学者が多いことなど、

様々な問題があるので検討中です。


また機会があれば。



0505_30

海遊館とマーケットプレースの間。

タイミングが合えば、この辺りで

大道芸などのイベントが開催されている。


この日は静かだった。



0505_31

ここは西側出入口。

レゴランドの看板が出ていた。




0505_32

マーケットプレースの北端。

ここからが見える。




0505_33

白い橋の所まで

散歩できるようになっていたので、

行ってみることに。



0505_34

海沿いに到着。

天気が良いので遠くまで見渡せる。

……そしてものすごく風が強い。



『ぷぇぇーっ! 風つっよっ!』

『ぷぉっほっ!?』



ものすごく風が強いので

しゃべると口の中に風が入ってくる。



0505_35

マーケットプレースの裏手。

人の姿はまったくない。


大分前にここを訪れた時は

岸壁で釣りをしている人がいたけど、

今回はいないようだ。



『ぶっふぇっ! 風きっつ!』

『これアカンっ、戻ろ戻ろっ』



風が強いので、すぐ引き返した。



0505_36

一通り歩き回ったので、

「天保山ハーバービレッジ」の散策は

これでおしまいです。



観光もショッピングも楽しめる上に、

海を眺めることもできる大阪の名所なので

ぜひ訪れてみてください。



※この記事の写真は2019年3月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【天保山ハーバービレッジ】



最寄り駅は
地下鉄・大阪港駅