この日は

JR難波駅の周辺を散策。


駅から西の「桜川」の街を

フラフラと歩いていると……。



0501_01

レンガ造りの植え込みの上に

石碑が建っているのを発見。



『あんな所に石碑がある』

『ホンマや』

『なんか家の前とかにある
 表札みたいやなー』

『何が書いてあるんだろう?』



一緒に歩く嫁のまーさん

石碑に近づいてみる。



0501_02

よく見ると、

石碑の居場所を確保するために

この一角の植え込みだけ広くなっていた。



『横に生えてる
 切り株みたいなのもセットやろか?』

『そんな感じがするね』

『御神木とかだったのかな?』



木には樹皮がなく、

ツルツルとした優しい手触り。

古い家の大黒柱のような質感だった。



0501_03

碑には

「出世大黒天」

と刻まれている。


読み方はおそらく、

「しゅっせ だいこくてん」



「大黒天」は七福神のうちの一人で、

富や出世などのご利益をもたらす神様。

こちらは大黒様の碑らしい。



0501_04

碑の右側面。


中央から下にかけて

何か文字が刻まれているようだけど

解読できなかった……。



0501_05

碑の左側面。


「古子 和三〇〇〇〇」

と刻まれている。


「〇」の所は解読できず……。



0501_06

……帰宅後、色々と調べてみましたが

こちらの「出世大黒天」に関する

たしかな情報は出てきませんでした。



久しぶりのお手上げ案件です。



0501_07

碑が建っていたのは

JR難波駅から西にある、

「大阪トヨペット なんば店」



0501_03

正体が分からない

「出世大黒天」の碑。



地元の浪速図書館に行けば

史料が出てくるかもしれないので

分かり次第、情報を追記します。



※この記事の写真は2019年2月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【「出世大黒天」の碑】



最寄り駅は
JR大和路線・JR難波駅
地下鉄・桜川駅