この日は

大阪ミナミの繁華街に繋がる

JR難波駅の周辺を散策しました。
※(なんば えき)




0408_01

ここはJR難波駅北側の通り



以前は町名と同じ

「湊町駅」という駅名だったそうで、
※(みなとまち えき)


そのためか同じ難波駅でも

地下鉄や近鉄電車とは違って

少し繁華街から離れています。



JRを過信する地方民はこの罠に掛かって

長い距離を歩くことになるよ。



0408_02

この北側の道、

「千日前通」を歩いていると
※(せんにちまえ どおり)

見覚えのある石碑を発見。


あの見た目は間違いなくアイツだ。



0408_03

こちらは「旧町名継承碑」



昭和時代の区画整理で消滅してしまった

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑です。



0408_04


この辺りは昔、

「東円手町」

という町名だったようだ。


読み方は

「ひがし えんて ちょう」



詳細については写真をご覧ください。

「東円手町」に関わる部分のみ

以下に書き記していきます。



「東円手町」

明治33年4月
南区難波大字難波だった当地が
「難波東円手町」となった。

大正14年4月
行政区画の変更で「浪速区」に編入され、
「東円手町」となった。

昭和55年11月
住居表示の実施にともない「東円手町」
元町一丁目・湊町一丁目の各一部となった。

町名の由来は
旧村当時の字名に由来。
冠称の「東」は町域を東西に二分したため。
※(字名=その地域の一区画のこと)



明治初期まであった

「西成郡 難波村」という村に

「円手」という場所があったようです。



0408_05

継承碑から東側を見た風景。


まっすぐ進むと難波の繁華街

道頓堀がある方向に出る。



ところで、

「円手」について調べてみたけど

意味や由来については分からず……。


円手という言葉も存在しないようなので

何かの当て字とかなのかな?



0408_06

継承碑はこちらの

「ホテルモントレ グラスミア大阪」

という建物の前にある。



0408_07

隣の「難波OCAT」


JR難波駅があるのがココで、

ショップやレストランなどもある

複合施設になっている。



ちなみに「OCAT」は

「大阪シティエアターミナル」の略。

長くて面倒な感じなので

「おしえて」って覚えてね。



0408_08

JR難波駅がある場所の昔の町名を伝える

「東円手町」の旧町名継承碑。



人通りが多いですが、通り掛かったら

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年2月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「東円手町」】

※MAPの「ホテルモントレ グラスミア大阪」の正面にあります。


最寄り駅は
JR大和路線・JR難波駅
阪神・大阪難波駅
近鉄・大阪難波駅
地下鉄・なんば駅