この日は浪速区にある
※(なにわ く)

地下鉄・大国町駅の周辺を散策。



駅からへ進むと出てくる

「木津卸売市場」という
※(きづ おろしうり しじょう)

市場の付近を歩いていると……。



0313_01

市場の南にある

「高岸公園」という公園の中に

見覚えのある石碑を発見。



金網で少し分かりにくいけど

写真の中央辺りにあるヤツです。



0313_02

公園内へ。


間違いなく

「旧町名継承碑」だ。

後ろ向いてるけど……。



0313_03

知らない方のために説明すると

この「旧町名継承碑」というのは、


昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑。



昔の町名や由来を知ることで

どんな町だったかが分かるため、

意外と面白い石碑です。



0313_04

この中心の青いプレート

昔の町名や経緯が書いてある。


ちょっと汚れてるなあ……。



0313_05

この辺りは昔、

「南高岸町」

という町名だったようだ。


読み方は

「みなみたかぎし まちorちょう」かな?



詳細は写真をご覧ください。

「南高岸町」に関する部分だけ

以下に抜粋していきます。



「南高岸町」


明治33年4月
南区今宮の町が
南高岸町・恵比寿町四丁目の一部となった。

大正14年4月
行政区画の変更で「浪速区」に編入。

大正15年1月
上記の恵比寿町四丁目が「南高岸町」に編入。

昭和55年11月
住居表示の実施にともない「南高岸町」
敷津東二~三丁目の各一部となった。

町名の由来は
川沿いの比較的地盤の高い所だったから。
また、冠称の「南」については
当町域を南北に分割した際の南部に位置したことから。




他の場所よりも少し地面がくて

川沿いの辺だったため

「南高岸町」の町名になったようですね。



0313_06

継承碑の背後から

「高岸公園」を眺めた風景。


改めて考えると、公園の名前に

「南高岸町」の名残がありますね。



現在、この辺りに川は存在しませんが

昔は「難波新川」「いたち川」
※(なんば しんかわ)

といった川が流れていました。


公園から少し東にある

阪神高速道路の真下が川跡だそうです。



0313_04

この辺りがかつて川岸であったことを示す

「南高岸町」の旧町名継承碑。


近くを通り掛かった際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2019年2月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「南高岸町」】



最寄り駅は
南海電車・新今宮駅
地下鉄・大国町駅