この日は浪速区にある
※(なにわ く)

JR環状線・芦原橋駅の周辺を散策。
※(あしはらばし えき)



駅を出て、へ進んだ所にある

「なにわ筋」という

幹線道路沿いの道を歩いていると……。



0305_01

歩道脇の植え込みの中に

いつものアイツを発見。


「旧町名継承碑」だ。



0305_02

こちらが「旧町名継承碑」



昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑です。



0305_03

植え込みの中にあると思ったら

実は歩道の上にあった。


大抵、植え込みに埋められてるのに……。

珍しいこともあるものだ。



0305_04


碑文によると、この辺りは昔

「小田町」

という町名だったようだ。


読み方は

「おだ まち」かな?



詳細は写真をご覧ください。

「小田町」に関する箇所だけ

以下に抜粋していきます。



「小田町」


大正14年4月
行政区画の変更にともない
南区難波小田町が
浪速区に編入され
「小田町」となった。

昭和55年11月
住居表示の実施にともない「小田町」
塩草一~三丁目の各一部となった。

町名の由来は
当地が難波村の田畑地域で、
「小田」と呼ばれていたことから。



江戸時代の頃、この地域一帯は

「西成郡 難波村」という
※(にしなりぐん なんばむら)

地名だったそうで、


この辺りは難波村の「小田」という

田畑だったようですね。



名前から想像するに、

小さな田んぼや畑がポコポコと

並んでいる場所だったのかな。



0305_05

継承碑から

芦原橋駅がある方向を眺めた風景。



手作りっぽい看板が印象的な

「芦原 道の駅」という

八百屋さんが見える。


頑張ってる感じに好感が持てる。



0305_06

継承碑から正面、

「なにわ筋」を眺めた風景。


道路を挟んだ向かい側に

ケンタッキーがあった。



0305_02

この辺りが田畑の広がる

のどかな場所だったことを伝える

「小田町」の旧町名継承碑。



こちらの継承碑をお訪ねの際は

芦原橋駅前のケンタッキー

目印にしてください。



※この記事の写真は2019年2月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「小田町」】

※MAPの建物「関西電力 芦原橋変電所」のなにわ筋沿いにあります。


最寄り駅は
JR環状線・芦原橋駅