この日は大阪城南東端にある

「森ノ宮駅」周辺を散策。


駅の近くにある

「もりのみやキューズモール」という

ショッピングモールの裏手付近を

さまよっていると……。



0204_01

公園の隅にある植え込みの中に

見覚えのある石碑を発見。


写真左側にチラッと見えてるヤツです。



0204_02

ちょっと道を戻って公園の名前を確認。

「城南公園」という名前だ。


読み方は

「じょうなん こうえん」

でいいのかな?



大阪城南側にある公園だから

この分かりやすい名前が

付けられたと思われる。



0204_03

石碑に戻る。


こちらは「旧町名継承碑」というもの。


昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑です。



たったそれだけのモノですが、

それだけで色々な過去が

分かったりするので

結構あなどれない面白さがあります。



0204_04

継承碑の足元の舗装に

石が埋め込まれていた。

あまり見かけない設置方法だ。



史跡っぽさが出ていて

設置者のセンスを感じる。



0204_05

どうやらこの辺りは昔、

「八尾町」

という町名だったようだ。


読み方は

「やお まちorちょう」



詳細については写真をご覧ください。

「八尾町」に関わる部分のみ

以下に抜粋していきます。



「八尾町」


明治5年3月
大坂三郷北組の八尾町・丸葉町が
「八尾町」となる。

明治6年11月
東成郡西玉造村字八尾町となる。

明治30年4月
大阪市東区に編入され
玉造大字西玉造の一部となる。

明治33年4月
再び「八尾町」となる。

昭和54年2月
住居表示の実施にともない「八尾町」
森ノ宮中央一~二丁目の各一部となった。

町名の由来は
元禄13年(1700年)、当町の年寄であった
「萱振屋 四郎右衛門」
河内八尾に関連する人物ということから。



現在の大阪市・南東に隣接している

「八尾市」に由来した町名のようですね。



江戸時代の町の年寄だった、
※(年寄=その町の代表者)

萱振屋 四郎右衛門さんの屋号である
※(多分、かやふりや しろうえもん)

「萱振」という町名は

現在の八尾市に存在しています。



そういった八尾と関連する経緯から、

「八尾町」の名がつけられたと

想定したようです。



0204_06

「城南公園」の様子。


大きな広場があり、

奥にはカラフルな遊具が見える。

子ども達が遊んでるね。





0204_07

継承碑が建っているのは

公園の南西にある出入口。



ここからさらに南西へ向かうと

「玉造稲荷神社」にたどり着く。
※(たまつくり いなり じんじゃ)



0204_04

お隣の八尾市と関連があったことを示す

「八尾町」の旧町名継承碑。


城南公園を訪れた際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2018年11月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【旧町名継承碑「八尾町」】



最寄り駅は
JR環状線・森ノ宮駅
地下鉄・森ノ宮駅