この日は阿倍野区にある
※(あべの く)

阪堺電車・東天下茶屋駅を訪れました。
※(ひがし てんがちゃや えき)


「てんかちゃや」ではなくて、

「てんがちゃや」と濁ります。



0131_01

ここが「東天下茶屋駅」



阪堺電車は大阪市内を走る唯一の

路面電車だそうで、

チンチン電車の愛称で親しまれています。



警笛を♪チンチーンと鳴らすので

この愛称がつきました。



0131_02

東天下茶屋駅のホーム奥。


よく見てみると、

ポツンと石碑が佇んでいるのを発見。

隣には案内板もある。



0131_03

碑には

「馬車鉄道跡」

と刻まれていた。


どうやらこの辺りは昔、

馬車による鉄道が走っていたらしい。



『馬車だって!
 何かすごくない?』

『そんなん走ってたんやなー』

『路面電車も珍しいけど
 馬車はさすがに想像つかないな』

『結構昔の話なんやろね』



一緒に来た嫁のまーさん

石碑を確認してみることに。



0131_04

碑の左側面。


「軌道上の客車を馬に牽(ひ)かせた鉄道
 明治33年(1900年)四天王寺西門前から
 東天下茶屋間に開通した。

 明治41年(1908年)に廃され
 明治43年(1910年)から電化された。

 これが現在の
 阪堺電気軌道上町線となった」


と刻まれている。


3行くらいだから大丈夫だろうと思ったら

まあまあ長かった……。



文字通り、馬が車を引くタイプの鉄道

ここを走っていたとのこと。


期間は明治後期の約8年ほどで、

その後は電車へと姿を変えたようですね。



0131_05

隣の案内板。

先ほどの碑文と似たような説明なので、

詳しくは写真をご覧ください。




0131_06

案内板左側の地図。


明治30年(1897年)の地図上に

馬車鉄道の路線が太字で記されている。



地図で見ると、

四天王寺からこの東天下茶屋まで

馬車鉄道が走っていたというのが

実感しやすい。



路面電車になっている現在の阪堺電車

地図に「阿倍野橋(天王寺)と書かれた

「天王寺駅前」が出発点。


馬車時代の頃は

もっとまで鉄道が続いていたんだね。



0131_07



『おっ、電車きたで』

『本当だ。チンチン電車だ』

『駅のホームに止まると
 普通の電車みたいだね』

『まあ普通の電車やしなー』



120年ほど前までは

これが馬だったというから驚きだ。

お馬、ずいぶんと青くなったな。



0131_08

1両編成の路面電車が

人を乗せて走っていく。



さようなら。

青くて黄色い馬。


……あれ?

貴様、ミニオンみたいな色だな。



0131_09

地元の人達からすると

普通の何気ない風景なんだろうけど、


めったに訪れない私達からすると

路面電車があるというのは

それだけで貴重で楽しい風景だ。



こういうのどかな雰囲気は

いつまでも残っていてほしい。



0131_10

大阪市と堺市を走る阪堺電車の前身が

馬車鉄道であったことを示す

「馬車鉄道跡」の碑。



駅のホームには改札も切符もないため

自由に入れます。

ぜひ訪れてみてください。

チンチン電車にも乗ってみてね。



※この記事の写真は2018年10月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【「馬車鉄道跡」の碑】



最寄り駅は
阪堺電車・東天下茶屋駅