この日は阿倍野区にある
※(あべの く)

阪堺電車・松虫駅の周辺を散策。



「松虫通」という4車線道路の道を

歩いていた時のこと。



0130_01

松虫通西に向かって歩いていると

歩道を塞ぐような形に突き出た

玉垣のある場所が出てきました。
※(玉垣=神社の境内などを囲う柵のことです)



アレはなんだろう?



0130_02

そびえ立つ大木を囲う玉垣エリア



『あそこなんやろね?』

『ご神木系かな?』

『歩道なくなってはるで』



一緒に来た嫁のまーさん

謎の場所に近づいてみる。



0130_03

一応歩道があった。

歩行者はこの横の細道

通り抜けていく感じになっている。



それにしても

すごい場所だなあ……。



0130_04

敷地内へは階段を上がって

入れるようになっていた。


中には石碑がいくつか並んでいて、

大木の前には木組みの屋根がある。



0130_05

横の方に案内板があった。

「松虫塚の伝説」

と書いてある。


ここは「松虫塚」という名前らしい。
※(まつむし づか)



『塚やったんか』

『塚ってことは誰かのお墓かな?』

『多分そうやろねー』



この辺りの地名は「松虫通」

すぐそこの東西を貫く道路も「松虫通」

最寄り駅も「松虫駅」だ。



おそらく古くからある

「松虫」の名称の

元になっているのだろう。



0130_06

松虫塚の伝説は色々あるけど、

その伝承は共通して

「松虫(鈴虫)の名所」であるとのこと。


詳しくは写真をご覧ください。

内容を簡単にまとめたものを

以下に書いていきます。



「松虫塚の伝説」


伝説①
二人の親友が夜道を歩いていた時、
松虫の音に聞き惚れた一人が草むらに入り
そのまま死んでしまった。
残った一人が泣く泣くこの地に埋葬した。

伝説②
およそ1200年頃、後鳥羽上皇に仕えた
松虫・鈴虫という姉妹女官がいた。
後にその松虫(松虫の局)がこの地で余生を送った。

伝説③
琴の名手の女性がこの地に住んでいた。
自身の才を発揮した琴の音でも
松虫の自然の音には及ばないと嘆き、
女性は詩を吟じて琴を捨てた。

伝説④
この地に次郎右衛門という人が住み、
生涯に渡り、松虫の音を愛でた。



かつては松虫(鈴虫)の音が響き渡る

風流な場所だったようですね。


お墓としての「塚」の伝承は

一番最初に登場した

「親友を埋葬した」という話かな?



0130_07

反対側の道から撮影。


1980年代に道路の拡張工事があり

松虫塚が撤去されそうになりましたが、

地域住民の運動によって残され

現在の姿となったそうです。



その経緯でこんな風に歩道が

変わった形になったんだね。



0130_08

「奉納」と刻まれた石板。

これがあると何となく神社っぽい。




0130_09

松虫塚のことが分かったところで

敷地に入ってみることに。



玉垣石柱の上部に

黒く焦げた跡があった。

昭和の空襲による焼け跡だろうか。



0130_10

敷地内には松虫塚にまつわる

がいくつも並んでいた。



『この手前の石碑って
 大阪市が植えてるヤツだね』

『植えてるって…』

『でもたしかによく見るヤツやね』




0130_11

大阪市が植えてる碑の碑文。


こちらの説明では、

松虫塚は通り掛かりの旅人が
 命絶えたため、供養したもの」

となっている。



案内板の最初に登場した

「親友を埋葬した話」と一緒と思われる。



0130_12

大阪市が植えてるので

「大阪市」と刻まれている。




0130_13

奥にあった石碑


「親友を埋葬した」という話は

古今和歌集に収録されているもので、

ここに書かれた碑文は

その一文を記したもの。



0130_14

奥の横にも


真っ黒に焦げている。

こちらも「松虫塚」と刻まれている。



0130_15

大きな石碑もあった。

こちらもやはり「松虫塚」




0130_16

大木の前にある屋根付き。

こちらにもが置かれている。




0130_17

大木の前の碑。



『あれもこれも
 「松虫塚」って書いてるね』

『なんでこんなにあるんやろなー?』

『字体が違うのもあるから
 時代毎に設置されてるのかな』

『そういえば全部
 石碑の形も違うなー』




0130_18

大木前の碑の足元。

「丸山連合町会」というところが

管理しているとのこと。


管理ありがとうございます。



0130_19

大木に生えていた立派なキノコ



『キノコだー!』

『すごいなー!
 なんやろコレ…』

『サルノコシカケに
 ちょっと似てはるな…』

『食べてみ』

『絶対イヤや!』

『体が大きくなるかもよ』

『マリオとちゃうねんで!
 大きくなったら屋根壊れるで!』



まーさんが巨大化して屋根を壊したら

管理している方々に申し訳ないので

キノコは眺めるだけにしておいた。



0130_20

横から見た大木

かなり大きい。


神社じゃないので注連縄は無いけど

立派なご神木様だ。



0130_21

大木の裏側。

裏側にもキノコが生えていた。




0130_22

「松虫塚」の中には

水のオアシスもある。




0130_23

先ほど敷地の外から見た

「奉納」石板の裏側。

松虫塚の由緒が刻まれている。



どうやら後ろの大木

「七不思議の神木」

呼ばれているらしい。


伝説がいっぱいある塚に

不思議なことが急に7つ増えたぞ。



0130_24

最初に見た案内板の裏側


こちらの案内板は

平成5年の春に設置したようだ。



0130_25

塚の一番奥には

小屋のような建物があった。


おそらく塚を管理するための

掃除用具などが入っているのだろう。


松虫塚を綺麗にしてくれて

ありがとうございます。



0130_26

お賽銭入れが見当たらないため、

ご神木にお礼だけして

「松虫塚」を出る。




0130_27

「松虫塚」の位置から

私達が歩いてきた道を撮影。



少し先には踏切があって

阪堺電車路面電車(チンチン電車)

道路を横切るように

走っていく姿が見える。



0130_28

「松虫塚」の位置から

道路を挟んだ向かい側。


「まつむしSOCO」という名前の

青果店にお客さんが群がっていた。

繁盛しているようだ。



0130_29

大昔からの伝承が残り、

現在も地域の名称などに使われている

松虫通の「松虫塚」。



近くを通り掛かることがあったら

ぜひ訪れてみてください。



※この記事の写真は2018年10月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【松虫塚】



最寄り駅は
阪堺電車・松虫駅
阪堺電車・東天下茶屋駅