この日は昨日の記事の続き、

阿倍野区にある
※(あべの く)

「王子商店街」から再開します。
※(おうじ しょうてんがい)



前回の記事からご覧になりたい方は

こちらのリンクからどうぞ。


内容:スーパーもある地元の商店街




0105_01

前回はここ。


「あべの筋」に面した

「王子本通り商店街」から

散策していきました。



0105_24

そこからアーケードをまっすぐ進んで

突き当たりに到着。

ここまでが前回のあらすじ。



0106_01

本日は突き当たりを右に曲がった

こちらの「王子商店街」から

散策していきます。



0106_02

歩いてすぐの所に

八百屋さんがあった。


お店の人が子どもの遊び相手に

なってあげている様子。


ほのぼのとしていて

良い雰囲気の商店街だ。



0106_03

「王子商店街」の様子。


ちょっとクネクネしている道に

アーケードが続いている。



0106_04

鰻屋さんの「ふな定」。
※(鰻=うなぎ=黒くて白くてヌルヌルしたアイツ)


美味しそうな鰻の蒲焼きや、

鰻の蒲焼きを玉子焼きで包んだ

鰻巻きなどが店頭に並んでいた。


鰻巻きの繋がりからだろうか、

たまごも販売している。



0106_05

この時期、商店街では

「W宝くじ」という

イベントを開催していたようで

そこら中にのぼりが下がっていた。



『あのダブル宝くじって
 なんだろう?』

『さあ? 宝くじちゃう?』



一緒に歩く嫁のまーさんから

クッソどうでもいい返答がきた。



どうやら

買い物をしてスタンプを沢山集めると

商店街主催の宝くじと

交換してもらえるらしい。



0106_06

呉服屋の「三田屋」。


そういえば、

前回通った王子本通り商店街にも

呉服屋さんが結構あった気がする。

オシャレな人が多い町なんだろう。



0106_07

お菓子屋の「いぬい商店」。


本来、看板を置く所に

なぜかグリコの販促ポスターが

貼られていてちょっと面白い。



0106_08



『この商店街、結構長そうだね』

『ホンマやね。
 この辺で一番大きいんかも』

『でもシャッター閉まってる所
 結構多いな…』

『主要駅からちょっと離れた場所に
 あるからかもしれへんね』



そんな話をしながら

商店街を歩いていく。



0106_09

……どうした?





0106_10

どうやら時計屋さんのようだ。



『なにこれ…すご!』

『時計屋さんだよね?』

『それ以外ないやろ…。
 ホンマすごいな…』

『ヤベェ人の家かと思った』

『これで民家やったらアカンやろ』



店名は「中島金水堂」……で

合ってるのかな?

ここだけエレクトリカルパレードみたい。



0106_11

まだまだ続くアーケード

商店街が長いためか

休憩用のベンチが置かれている。


地域密着型の商店街は

こういうふとした気遣いがある。

ステキ。



0106_12

路地の左側。

住宅街が続いている。


電話工事してるね。



0106_13

アーケードに戻る。

さっきと違う鰻屋さんがあった。

こちらは「川夘(かわう)川魚店」。



『うなぎ丼が1000円切ってる!』

『えっ!? 安っ!
 お昼それがいい!』


『あっ…!』

『「完売しました」って…』

『・・・・・・』



私達のうなぎ丼を食べた人は

すぐに名乗り出てください。



0106_14

こちらは鮮魚の「市村鮮魚店」。


発泡スチロールのケースに

魚の切り身が並んでいるのが

市場直送らしくて良い雰囲気。



0106_15

他にも焼き鳥屋さん、

お菓子屋さんと店が続く。


この辺りは食品系の店舗

軒を連ねているようだ。



0106_16

こちらは古本屋「大吉堂」。


なんだかんだあった古本が

わずか10円で売られていた。


店内に入ると

なんだかんだなかった古本もあった。



0106_17

「王子商店街振興組合」と書かれた

大きな看板がアーケードに下がっている。


左側のお肉屋さんの写真も

撮ってたはずなんだけど

残ってなかった……。



0106_18

お肉屋さんの代わりに

向かいのボロボロ建物の写真が残ってた。

これでいいや。




0106_19

寝具店の「なにわ」。


こういう地元系商店街を歩くと

大体一軒は布団屋さんがある。



0106_20

かき小屋らしい。

看板が新しいので

最近出来たお店かな?



それにしても

さっきから構図が斜めになってる

写真が多いなあ……。


アーケードの道幅が少し狭いため、

店舗全体を撮ろうとすると

こうなってしまうようだ。


見えにくかったらごめんなさい……。



0106_21

よく見たらアーケードの形

床面のタイルが変わっている。



「王子商店街」が終わって

ここからは「あべの王子商店街」



アーケードが繋がってるので

歩いていた時は気づかなかった……。



0106_22

ここはかまぼこ屋さん。


シャッターが下りてる上に

店の前に何か置かれているので

もう閉店してしまったのだろう。



0106_23

かまぼこ屋さんの前に置かれてたヤツ。

商店街の掲示板らしい。



『さっき見たダブル宝くじのことが
 書いてある』

『おー。
 1等は5000円当たるんやね』

『ハズレ券も割引券として使えるんだ』

『それでダブルなんか』



ダブルの理由が判明した。

他にも色々なイベントを開催して

頑張ってるみたいだ。



0106_24

アーケード横の路地。


年季を感じる緑色のテントが

商店街の歴史を感じさせる。



0106_25

ボロボロの建物があった。

ここも商店街の掲示板にされている。




0106_26

左側には

お茶屋さん、呉服屋さん、ふすま屋さん

と三軒が並んでいる。



……ふすま屋さん?

ふすま屋さんって初めて見たな。



0106_27

あべの王子商店街

火曜定休日のようだ。




0106_28

カフェ&ギャラリー「風の家」。

スイーツやオムライスが

お店の看板メニュー。


建物をリノベーションしたのか

外観がキレイでオシャレなお店だ。



0106_29

またまた鮮魚店が登場。



『魚屋さん結構見かけるなあ』

『昔は市場とか
 あったのかもしれへんね』

『うな丼は……ないか』

『うなぎ、惜しかったなー』



一度食べたいと思ったせいか

自然と体がうなぎ様を求めている。



0106_30

お花屋さん。

花が長持ちするように処理する

「水揚げ」の作業場が見える。




0106_31

タイ古式マッサージの店があった。

結構大きな商店街なので

色々な店が集まっているようだ。




0106_32

アーケードの終点が見えてきた。





0106_33

こちらは八百屋さん。


「青ゆず」や「かぶら菜」といった

ちょっとそこらでは見かけない

青果が並んでいて面白い。



阿倍野マダムが柿を選んでるね。



0106_34

洋食店の「KITCHEN まるしん」。

落ち着いた外観で入りやすい雰囲気だ。

グラタンが売りらしい。



上の古い看板には

「お食事処・まるしん」と書いてある。

元々のお店があって

そこから心機一転したのかな?



0106_35



『あそこでアーケード終わりだ』

『この商店街長かったなー』

『お昼ご飯どうしようか?』

『うなぎ食べたい…』


『…10円の蒲焼さん太郎でいい?』

『駄菓子やんか!』


『目つぶって食べたら
 うなぎと区別つかないって』

『気付くわっ!
 あれバリバリしてんねんで!』



食感だけで味に文句は無いらしい。

蒲焼さん太郎を3枚重ねくらいにしたら

何とか騙せそうな気がしてきた……。



0106_36

商店街内にあった柱。


巡回してくれているお巡りさん

労いの言葉が掛けられている。

……ここは優しい町だなあ。



0106_37

あべの王子商店街の終点。





0106_38

商店街の一番端にあったのは青果店。


スーパーなどの相場よりも安くて、

お客さんが絶えない感じだった。



0106_39

商店街の出入口には

「あべの王子」のタイル。




0106_40

アーケードの外に出ると

先日紹介した

「北畠公園本通商店街」に繋がる。
※(きたばたけこうえん
  ほんどおり しょうてんがい)



お時間があれば

こちらの商店街の様子もどうぞ。


内容:アーケードのない小さな商店街




0106_41

突き当たりには

「阿倍野王子郵便局」。


地元の町中によくある

小さなタイプの郵便局だ。



0106_42

というわけで、

「王子商店街」

「あべの王子商店街」の散策はおしまい。



昔ながらの雰囲気が残る

懐かしさのある商店街なので

ぜひ訪れてみてください。



※この記事の写真は2018年10月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【王子商店街】



最寄り駅は
阪堺電車・東天下茶屋駅