この日は東淀川区にある

「高射砲陣地跡」という
※(こうしゃほう じんち あと)

昭和の戦争遺跡を訪れました。



色々なブログで紹介されていて

気になったので、今回来てみたよ。



1204_01

場所は「西淡路」の町の東側

西淡路小学校に近い住宅街の路地



写真ほぼ中央に見える

草がモッサモサのヤツが、

目的の「高射砲台跡」だ。



建造物が現役だった当時は

この辺りの地名から

「国次高射砲陣地」と呼ばれていた。
※(くにつぐ こうしゃほう じんち)




1204_02

トタン板やガレージの奥に見える

コンクリート製の無機質な建物。


あれが高射砲陣地に設置されていた

高射砲台の跡地とのこと。



「高射砲台」とは、

上空を飛び交う爆撃機を

地上から撃墜するための兵器、

「高射砲」を設置する台のこと。



その高射砲台を複数配置した場所を

「高射砲陣地」と呼ぶそうです。



大阪の町を守るために作られた

旧日本軍の施設だったんだね。



1204_03

フェンスで囲われているので

フェンス越しからの眺め。


……中には入れないようだ。


昭和18年(1943年)頃

戦時中に建造されたそうで、

遠目からでもその古さが分かる。



高射砲台は全部で6基あったそうで

現存しているのは2基のみ

もう1基は、

近くの鉄筋工場の奥にあるらしい。



1204_04

背伸びしてフェンスの上から撮影。


砲台跡の上階部分には

明らかに後から改築された

柵付きの窓のようなものがあり、

横側には階段も設けられていた。



……というのも

こちらは戦後になってから人が住み

それ以降、住居となっているそうです。



撮影時は人の気配が無かったけど

今も住んでいるのかな?



1204_05

上階部分。


増築に増築を重ねているようで

扉付きの小屋のような建物が見えた。



こんな遺物が

現代に残っているのもすごいけど

そこに住民がいるというから驚きだ。



1204_06

地上部分。

住居表示板、表札(の跡)、ポストもある。


目の前のフェンスや、

上階の草もっさりコンクリート

やべぇヤツが無ければ、

普通の文化住宅に見えなくもない。



現代の感覚だと

「こんな場所に住むなんてたくましいな」

という感想になるけど、


戦後当時のことを考えたら

戦災で家を失い、

明日の暮らしも分からない中で

雨風をしのげる頑丈なコンクリ製の建物を

見つけたら……そりゃ住んじゃうよね。



1204_07

砲台跡の横の茂み。

茂みというか森。

ちょっとした森。


少し分かりにくいけど

中央に廃トラックのようなものがある。



ちなみに

嫁のまーさんは途中まで一緒でしたが


『戦争跡地で、人が住み着いてるらしい』


と説明したところ、


『なにそれ怖っ!』


と言って、近くにあった

スーパーのライフに姿を消しました。

誰か高射砲で撃ち落としてください。



1204_08

路地の奥。

同じようなコンクリート建造物が見える。



こちらは高射砲台ではなく

「指揮所」という設備で、

布陣した6基の砲台に指示を送る

陣地の中心施設とのこと。



砲台が並んでいた場所というより

小規模な基地だったんでしょうね。



1204_09

指揮所に近づいてみる。


行き止まりになってるかと思ったら

狭いながらも道が繋がっていた。


こちらの建造物は

まだまだ現役で人が住んでいる雰囲気。



1204_10

……ちょっと配慮して

遠くからアップで撮影。


指揮所の外観部分だけ。



1204_11

頑丈そうなコンクリートの外壁は

隣の家? の方まで続いている。




1204_12

指揮所側から

先ほどの砲台跡を眺めた風景。



高射砲陣地の陣形は半月型


時計の上半分をイメージしてもらって、

時計針の根元部分が指揮所

写真の砲台跡は1時の方向にある。


鉄筋工場にあるという、もう1基は

9時の方向に配置されたもの。



説明が分かりにくかったら

ごめんなさい。



1204_13

高射砲陣地跡の正面路地。

ありふれた閑静な住宅街だ。



右側に見えるライフに

まーさんが配備されている。



1204_14

西淡路にある戦争の遺物

「高射砲陣地跡」。


住居になってますので、

訪れる際は配慮をお願いします。



※この記事の写真は2018年9月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【高射砲陣地跡】



最寄り駅は
「阪急・淡路駅」になりますが
かなり遠いです。