この日は此花区

「春日出商店街」を訪れました。
※(かすがで しょうてんがい)

ちょっと変わった名前ですよね。



「春日出」の名前は、

「奈良の春日大社がある春日山から
 鹿が出て来た」

という昔の出来事が由来だそうです。



鹿さんの移動距離ハンパねぇ!




1118_01

ここが春日出商店街の出入口。


此花区のほぼ中央を走る大きな道路

「北港通」に面している
※(ほっこうどおり)

アーケード付きの商店街です。



信号が青になったので

さっそく渡って散策開始!



1118_02

アーケードの中。


特別古くも新しくもなく、

地域の町並みに馴染んだ

昔ながらの商店街という感じだ。


「味ひこ」という味のある看板の

お惣菜屋さんに心惹かれる。



1118_03

右側にあった大きな店舗。


「食品館アサヒ」という

看板の跡が残っている。

小さなスーパーがあったのかな?


現在は生鮮食品のお店と

揚げ物屋さんが並んでいるようだ。



1118_04

元・食品館アサヒを振り返って撮影。


ショーケースに酒瓶が並んでいる

酒屋さんといい、良い感じの雰囲気だ。



『建物に年季があるね』

『ウチが生まれた頃より
 古いんやろか?』

『マジかよ、大正時代かよ』

『あん!?』



適当に言ったら

一緒に歩く嫁のまーさんに叩かれた。



1118_05

真っ直ぐ伸びるアーケード。


中央に置かれた休憩用のベンチ

この町の優しさを感じる。

下町の商店街って雰囲気でいいなあ。



1118_06

十字路の左側。

アーケードはないけどお店がある。


地元のおっちゃん達が

常連になってそうな呑み処だ。



1118_07

商店街の看板。


一見特徴がなさそうだけど、

下の方にひらがなで

「かすがで しょっぴんぐ すとり~と」

と書いてあり、中央の黄色い丸には

鹿の絵が描いてあった。


地味にこだわりを感じる。



1118_08

あまりアーケードが長くないのか、

先の方が明るくなっている。



『あそこで終わりやろか?』

『直角に曲がってる可能性もあるよ』

『あー、そういうのもあるか』

『終わったと見せかけてアーケードが
 一旦途切れてるパターンもありえるな』

『可能性は無限にあるぞ』

『油断したらアカンな』



色々なアーケード商店街を

散策しているからか、私達は最近

商店街ソムリエみたいになってきた。



1118_09

「くすり」と書いた

薬局の看板かと思ったら

「すぐり」だった。


調べてみたら

ガス機器・水廻りのお店とのこと。



1118_10

またまた十字路。

この商店街のアーケードは左右に

分岐していないようだ。


でも店舗らしきものが

少しだけ並んでいる。

開いているかは分からないけど……。



1118_11

アーケードに戻る。

広い通りに人の姿がチラホラ。


過疎でも混雑でもなく

地元民御用達の商店街という印象だ。



1118_12

そんな商店街なので

お年寄りに向けたお店もある。



『おばあちゃんカートだ!』

『ホンマや!
 皆こういう所で買ってたんやなー』

『謎が一つ解けた』

『しかし結構な
 お値段するもんなんやね』

『座ったりもできるから
 頑丈に作ってるんだろうねぇ』



ちょっと高級なベビーカーと

同じくらいのお値段だった。

おばあちゃんカート、侮れない。



1118_13

露店形式の果物屋さんもあった。


天井にしっかり看板があるので

ずっとこの形式で営業しているのだろう。



1118_14

書店の「考文堂」。

商店街を歩いていると、こうした

個人経営の書店を見かけますよね。


ページをめくる瞬間を表現をしている

すごくオシャレな看板。



1118_15

町の靴屋さん的な存在もあった。


ピンクの看板が新しいけど、

下に見える

「シューズショップ 栄屋」

という小さな看板に年季を感じる。



1118_16

結構歩いてきた。



『あそこに何かあるで』

『あの関西アーバン銀行の
 看板の下んとこ』

『あ、本当だ。なんだあれ?』



右側の建物の所に

何かが置いてあったので

ちょっと近づいてみることに。



1118_17

お堂のような空間に

小さなお地蔵さんっぽいのが

置かれていた。


守り神?



1118_18

ビリケンさんだ!


大阪の新世界に行くと

よく見かける守り神ですね。

足をなでると願いが叶うという

ご利益があります。



ビリケンさんを見ると

串カツが食べたくなってくるのは

新世界の影響だろうか……。

アメちゃんがお供えされてるね。



1118_19

「此花ビリケン像」

という名前らしい。



書芸家の方が

ハワイで展覧会を開いた時に

ハワイの知事から寄贈された像で、


最終的にこの春日出商店街

寄贈されたとのこと。


詳細は写真をご覧ください。



1118_20

左側の案内板。

此花ビリケン像の安置に協力してくれた

有志の方々の名前が書いてあった。



1118_21

過去に賽銭ドロボーがいたのか

頑丈に施錠されている。



お賽銭を入れようと思ったら

賽銭口が小銭で詰まっていたので

ビリケンさんの足元にチャリン。



1118_22

ビリケンさんのナナメ向かいにある

お菓子のデパート「よしや」。


違う商店街でも見かけた気がする。

黒門市場だったかな?



1118_23

こういう地域に馴染んだ形の商店街では

パチンコ屋もセットで見かける。

場所柄、お年寄りが多いからだろうか?



……ところで「地獄少女」って

パチンコになってたんですね。


アニメで「いっぺん死んでみる?」って

キャッチフレーズがあったけど、

パチンコ版にも出てくるのかな?



お年寄り相手にこのセリフは……。

その……なかなか……。

なかなかだな!



1118_24



『そういえば商店街って
 個人経営っぽい薬局多くない?』

『そう言われたらそうやね。
 利用者も多いんやろな』

『薬は老若にゃ…ろうなく…
 ろうにゃく…』

『言えない言葉使うなよ…』

『アレっしょ?
 老若にゃんにょっ…』


『なんじゃオラァッ!』

『知るかっ!』



ポンコツ二匹が商店街を通ります。



1118_26

八百屋の「八百鮮」。

店の奥までお客さんが結構居て

繁盛しているようだった。



店頭のシャインマスカットが

大粒で美味しそうだったけど

高級なのでちょっと手が出ない……。



1118_27

お茶屋さんがあった。

「村上茶舗」というお名前。


こうして歩いてみると、

春日出商店街には

商店街でよく見かける一通りのお店が

揃ってるように思える。



1118_28

またまた十字路。

右側に「ビ・ラッキー」という店名の

釣具屋さんが店を構えている。



写真を撮っていたら

ちょうど店のシャッターが開いて

お客さんが入っていくのが見えた。



1118_29

十字路左側のアーケードの外。


そこそこレトロな感じがする

各酒造メーカーの自販機が並んでいた。

活動停止中。



1118_30

自販機の向かい側を見ると

「此花演劇館」という

大衆演劇の劇場があった。



看板が新しいので

ここ数年内に誕生した劇場かな?


アーケードの外にも

意外な発見があって面白い。



1118_31

アーケードに戻る。

うっすらと終点が見えてきた。




1118_32

左側にあった「スミダ薬局」。



『薬局? …なのか?』

『うーん…』

『なんか店頭に
 食べ物が並びそうな気配がある…』

『というか、中に入れないよね…』

『薬はー…なさそうやね…』



謎の店。

薬局の跡地で何か始めるのかも。



1118_33

商店街が終わる。

アーケードを出てすぐの所に

結構な上り坂があった。



1118_34

商店街の一番端にあったのは

町の電気屋さん。




1118_35

春日出商店街の北端。

よく見ると商店街の看板にも

鹿の絵が描かれていた。


奈良の春日の鹿さんだ。



1118_36

後ろの坂道を眺めてみると

まだお店がいくつか並んでいた。


アーケード内のと同じ看板なので

ここも商店街の一部なのだろう。


というわけで坂を上がってみる。



1118_37

和菓子屋さんの「長栄堂」。


此花区にちなんだ

このはちゃんブッセという

お菓子を売っていた。



1118_38

楽食処「池庄」。



『「楽食処」って言葉初めて見た。
 大阪でもあんまりないよね?』

『うん。聞かへんなー』

『お食事処と同じみたいなもんやろか?』

『軽食にも近いのかな?』

『それが混ざったようなイメージやね』



1118_39

すぐ近くにあった

フードショップ「池庄」。


さっきの楽食処と同じ名前だ。

こちらはお惣菜メインのお店らしい。



1118_40

坂を上りきってみると

のような形をしていた。




1118_41

というか橋だ! 橋だこれ!


正連寺川に架かっている

「恩貴島橋」という橋らしい。
※(おきじま ばし)

難しい読み方だな……。



1118_42

川の様子を眺めてみると……。

見事に埋め立てられていた。



この下には現在

「阪神高速2号 淀川左岸線」

走っていて、今後地上部分は

公園歩行者用道路になるらしい。



1118_43

元・恩貴島橋の辺りから

振り返った写真。


この懐かしさが込み上げる風景も

そのうち変わっていくのかなあ。



1118_35

というわけで

「春日出商店街」の散策はおしまい。


下町の情緒にあふれた商店街なので

ぜひ訪れてみてください。



※この記事の写真は2018年9月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【春日出商店街】



最寄り駅は
阪神・千鳥橋駅