気付いたらこのブログを開設して

1年が経ちました。


こうして継続できたのも

訪問してくれる皆様のおかげです。

ありがとうございます。



というわけで、今回は一度

初心に返ってみるということで

当ブログで一番最初に訪れていた

「天神橋筋商店街」

を再訪しました。



前回分が気になる方は

こちらのリンクからどうぞ。


内容:去年のやつ。

内容:去年のやつの続きのやつ。




1027_01

こちらは天神橋筋商店街

最南端となる

天神橋の八丁目



淀川に架かる「長柄橋」という

大きな橋の南詰からスタート。



1027_02

くるっと振り返ると商店街


……といっても「天八」辺りは

住宅街の町並みに近い感じだ。


前回訪れた時と

風景もさほど変わっていない。



1027_04

坂を下り、平坦な場所に出る。


右側に見える

黒塗りにリノベーションした

長屋風の建物がカッコイイ。



『あの建物って前もあった?』

『さあー、どうやったやろなー』

『なんかキレイやし、
 最近できたんとちゃうかな?』

『お店は無いけど、少しずつ
 変わってるんだねぇ』

『新しい建物が一つあるだけで
 なんか雰囲気変わった気がするなー』



一緒に歩く嫁のまーさん

そんな会話をしてたけど、

前回訪れた時の記事を読み返すと

あの黒い建物が写っていた


コイツらの記憶力はかなり怪しい。



1027_08

十字路の左側

に向かって進んでいるので

地図だと西側の方向。


遠くの方に「なにわの湯」という

スーパー銭湯の建物が見える。



1027_09

前回の散策でも出てきた、

商店街であることを示す

「天神橋八丁目商店会」の表示。


お店の姿はほとんどないけど

ここも天神橋筋の商店街だ。




1027_10

信号を渡る。

ここを渡ると天神橋7丁目


商店街も

「天七北商店街」に変わる。



1027_12

天七北商店街のご様子。


ここの姿も

前回とあまり変わってないようだ。



1027_14

角で見かけた

「酒の森」という居酒屋さん。

お昼はランチ定食をやってるらしい。


この辺り以降から少しずつ

飲食店などのお店の看板が見えてくる。



1027_15

薬局の「漢方のオノギ」。



『営業中…なのかな?』

『看板あるしカーペットも敷いてるから
 営業してるんちゃうかなー?』


『左のガラスケースにあるの
 薬棚かな?』

『「千と千尋の神隠し」で
 ああいうの見た気がする』

『あー! それっぽい』

『他の飾られてるもんも
 全部、年代物っぽい感じやね…』

『すごいなあ…』



右側のガラスケースにも

スッポンの剥製? とか

薬草をゴリゴリすり潰すヤツとか

色々と飾ってあった。


薬草ゴリゴリ

「薬研(やげん)という器具らしい。



1027_16

お店とマンションが入り混じる

天七の商店街。




1027_18

以前は商店だったと思われる建物。

前に訪れた時は気付かなかった。



『昔はお店が2軒連なってたのかな?』

『テント違うからそうやろねー』

『2階の右側になんか…アレ…。
 名前なんやったかな?』

『ガラスのペタペタしたん』


『…ステンドグラスですか?』

『それ。なんか珍しいなー』


『…ステンドグラスですか?』

『名前出ーへんかっただけやろっ!
 なんやねん、イラつくわー!』



ステンドグラスの言葉が出てこなかった

まーさんをいじってみたら怒った。


でも確かに珍しい。

どんなお店があったんだろう?



1027_19

道幅が少し狭くなる。


あそこから地面がレンガ調になって

「天七北商店街」から

「天七商店街」に変わる。



1027_20

ここが商店街の境目


前回訪れた時は境目に気付かずに

素通りしかけたけど

今回はしっかり撮影。



1027_21

よく見ると足元のタイルに

「て ん ひ ち」

と書いてある。

芸が細かい。



1027_22

この辺りから

アーケードのある商店街に近づくので

お店が増え始める。


でも1年前と比べて

特に目立った変化はないようだ。


1027_23

洋菓子店の「Alcyon」。

読み方はアルション



実は、前回の記事を書いている時に

天神橋筋商店街の端から端まで歩くと
 「満歩状」という証明書がもらえる」

というイベントを知りました。



その「満歩状」をもらうための

台紙を配布しているのが

こちらのアルション


お店で「満歩状の台紙をください」

お願いしたらもらえます。

丁寧に説明もしてくれました。

ありがとう~。



1027_24

こちらがその台紙

自宅に帰ってから撮影したので

すでにスタンプが押されてます。

ネタバレしてごめんね……。



「天神橋筋商店街を端まで回りたい」

考えている方は

目的が増えて散策がより面白くなるので

ぜひやってみてください。



1027_25

というわけで台紙をいただいたので

再び商店街を散策。


去年も見た、タヌキの看板

相変わらずの姿で迎えてくれた。



1027_26

ふと足元のタイルを見ると

「天七」「7」を象徴する

キャラクターが描かれていた。


めちゃくちゃ輝いている。



1027_27

写真が暗くなってしまって

分かりにくいけど、街灯の看板にも

タイルと同じキャラクターがいる。




1027_29

「天神橋筋六丁目駅」に近づくにつれて

飲食店が並び始める。


自転車に乗ったおっちゃんの

躍動感がハンパない!



1027_30

「下品なくらいにダシが濃い!」

という面白い看板の「天六うどん」。



『この看板めっちゃおもろいなー』

『ここ本当に味濃かったよ!』

『…え? いつ食べたん?』

『前に一人で夕方の散策に出た時
 こっそり寄って食べた』

『なにしとんねん!』


『…まあ別に食べてもええけど
 面白い店寄ったんなら教えて』

『その日、夕飯残したから
 黙ってたんだ』

『なに間食して残しとんねん!』



時効だと思ったから

自白してみたら怒られた……。



こちらは立ち食い形式のお店で

その時は「けつねうどん」という名の

「きつねうどん」をいただきました。


北海道出身の私には

ちょうどいい濃さで美味しかったです。



1027_31

アーケードのある

「天神橋筋六丁目商店街」に到着。



大阪メトロの

「天神橋六丁目駅」が地下にあるため、


交通アクセスの関係と

アーケードの存在が相まって

ここからが商店街だと思ってる人も多い

とか、そんな話を聞く。


天七まで行かないと

「満歩状」がもらえないぞっ。



1027_32

アーケードの中へ。


入ってすぐの所にある

たこ焼き屋の「わなか」が見える。


トロふわ系の美味しいたこ焼きを

毎日生み出しているお店だ。



1027_33

ずっと先まで続く商店街のアーケード


天神橋筋商店街

「日本一長いアーケード商店街」

という別名があるほど長い商店街。


南にある一丁目の商店街の端まで

およそ2.6kmある。



1027_34

天神橋筋六丁目商店街

略して「てんろく」のマップを発見。


マップの下の方には

英語のみの禁止事項ガイドがある。


近年の天神橋筋商店街

外国人観光客の観光スポットとしても

注目されているので

注意することが増えているのだろう。



英語読めないけど、

「ごみ捨てんな」

「飲み食いしながら店入るな」

「トイレは無ぇ」

「買ってないのに開けんな」

って書いてある。たぶんね。




1027_35

左手に出てきた

100円ショップの「シルク」。


やたらと黄色いポップ

貼られている……。


「商品の品出しをしながら
 心に思ったことを全部書き出してみた」

みたいな宣伝が並んでいた。



1027_36

シルクの向かいに

新しいパン屋さんができていた。



『・・・・・・』


『パン屋や…』


『パン屋できてはるやん』



パン好きのまーさん

さっそくグーグルマップに

パン屋のメモを記録していた。


今日は昼食を外で食べる予定なので

次回来た時に買うつもりなのだろう。



1027_39

去年と比べて、めぼしい変化は

新しくオープンしたパン屋さんくらい。


パン屋さんができる前って

何の店があったんだっけ?


1つ前のお店って

案外思い出せないですよね。



1027_40

お寿司屋さんの「権太呂すし」。


天神橋筋商店街

こうしたお寿司屋さんが多い。



1027_41

「権太呂すし」の角を曲がると

お灸をカプセルに詰めた

ガチャガチャが売られていた。



『お灸なんだけど…』

『えー!? ホンマや!
 なにこれ!』

『お灸のガチャとか初めて見た!』

『400円…結構するなー』

『ガチャガチャなら高いけど
 お灸だとどうなのかな?』

『さあ? そもそも
 お灸の相場が分からへん』



すごく気になったけど

使用方法とかも知らないので

手が伸びなかった……。



1027_42

ここから先は「天五商店街」


アーケードはこんな感じで


天六天五天四

天三天二天一


と、丁目の区切りごとに

商店街の名前が変わりつつ、

アーケードが続く形になっている。


1027_43

天五商店街の様子。


衣料品店や飲食店などが並ぶ形式は

天六の商店街とほぼ変わらず。

1年前と同じく人で賑わっている。



1027_44

讃岐うどんの「いぶきうどん」。

以前訪れた時はなかったと思う。


いりこ出汁、讃岐うどんと

美味しそうなワードが並んでいる。

立ち食い形式のようだ。



1027_45

こうして歩くと新しいお店が

チラホラとあるように思える。

少しずつだけど変わっているようだ。



撮影したのが

ハロウィンの時期だったので、

商店街の至る所に

カボチャの提灯が浮かんでるね。




1027_46

お惣菜のお店「じゃがいも」。


看板の側に佇むカボチャの提灯

じゃがいものアイデンティティを

ことごとく破壊している。


ここは結構前からあるお店で

和食のお惣菜が結構美味しかったと記憶。



1027_47

ここも昔からある

鰻専門店の「うなぎの魚伊」。




1027_48

広めの十字路

ここから先は少し

商店街の道が狭くなる。



『ハロウィンの飾りすごいなあ』

『気合入ってはるね』

『でもアーケードの飾りだけで
 お店はどこも通常営業だよね』

『そこウチも気になった』



ハロウィン当日は

何かイベント的なことがあるのかな?



1027_49

道が狭いので人が集中


そのためか、

この通りだけ特に際立って

賑わってるような印象がある。



1027_51

親子丼の店「鶏玉」。

こちらも初めて見た気がするので

新しくできたお店なのかも。



『親子丼美味しそうやなー』

『たしかに良い感じの丼だね』

『でも今日お腹の調子悪いから
 もう少しあっさりがいいかな』

『あら? 大丈夫なん?』

『歩く分には問題ないよ』



途中で写真がブレたりしていたら

「あっ、コイツこの時
 腹痛に襲われてたんだ」

と思ってください……。



1027_53

以前も登場した、

テレビでよく紹介されて

地元大阪では有名な「春駒寿司」。


この日は社員研修でお休みでした。



1027_54

トロ箱と派手な提灯に囲まれた

100円ショップの「ダイソー」。


2階の居酒屋の外装ですね。



1027_55

串カツとどて焼きが美味しい「七福神」。

相変わらず繁盛しているようだ。




1027_56

道が開けると同時に、

そこから先は「天神橋筋四丁目商店街」


こっちもハロウィン仕様だ。



1027_57

というわけで長くなってきたので

残りの天四~天一商店街の散策は

また次回ということで。



※この記事の写真は2018年10月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【天神橋筋商店街】



最寄り駅は
JR環状線・天満駅
JR東西線・大阪天満宮駅
地下鉄・天神橋筋六丁目駅
地下鉄・扇町駅
地下鉄・南森町駅