この日は新大阪駅の北にある

「東淀川駅」周辺を散策。


大阪の区には

「淀川区」「東淀川区」があるけど

この東淀川駅淀川区に属している。



なんかややこしい。

区を分割した時に色々あったらしいよ。



1011_01

ここは、東淀川駅から

に少し進んだ場所。


「けた下制限 高1.5M」

と書いてある、とても低い高架



『めっちゃ低いとこ
 電車通っとるんやなあー』

『ここ面白いね。写真撮っておこう』



などと、一緒に来た嫁のまーさん

話しながら写真を撮っていると……。




1011_02

自転車に乗ったままの人

あの低い高架下から出てきて

颯爽と駆け抜けていった……。



『えぇ!? ここ通れるの!?』

『ウソやん…!? 今の人、
 めっちゃ頭低くして通ってはったで!』

『高さ150cmでしょ?
 普通に歩いてても頭ぶつけそうだけど』

『うわ、また自転車通った!』



驚きながら話してる間にも

自転車に乗った人、犬の散歩中の人などが

出たり入ったりしている。


どうやら地元の人達の

生活道路になってるらしい。



面白そうなので

ちょっと通り抜けてみることに。



1011_03

高架下の抜け道

……めちゃくちゃ低くて怖い。


頭のすぐ上を線路が走っているので

必要以上に身を低くしてしまう。



『ウィヒィ~!?』

『ウホォアー…!?』


『オァッ…アゥウ~…!!』

『オウッ…ヴフッ、オウゥーッ…!!』



恐怖のあまり、まーさんと二人で

繁殖期のアシカみたいな

声を漏らしながら高架下を通った。
※私たちは人間です。



そして、どうやら

自転車に乗ったまま通り抜けるには

ある程度の勢いが必要らしく、

皆、結構なスピードでくぐり抜けていく。


……これがまた怖い。



高架下に留まっていたら

邪魔になりそうなので

写真はこれしか撮れなかった。



1011_04

出口。


「標識ってこんなに大きいんだ」

って思えるくらい標識が近い。



調べてみたけど、

なぜこんな高架になっているのかは

分からなかった……。



ここから更に北へ行くと

別の高架があるけど

そっちは桁下3.1Mと余裕がある。


なので、単に地形の問題かもしれない。



1011_05

高架下を振り返った写真。



『スリルある場所だったね』

『うん』

『自転車の人達とかも
 よう頭ぶつけへんなあ……』

『器用に通って行くよね』

『すごいわー』



話している間にも

自転車に乗った地元の方々が

どんどん通って行く。


どのくらい通い続けたら

慣れるようになるんだろう?



1011_06

出口側(淀川区側)の高架の様子。


スマホだと明るさの加減が難しい。

風景を写すと高架下が真っ暗に……



1011_07

明るさを調整していたら、

驚いたことに車が通ってきた


写真の高架下の奥をよく見ると

少しだけ車の姿が確認できるよ。



『く、車がきた!!』

『通れるん!?』

『車高が低い車ならいけるのかな?』


『お? おお? おぉー!』

『通った! すごいっ!!』



ハラハラしながら見守っていたけど

特に何事もなく車は通過


それにしても、すごい場所だなあ。



1011_01

東淀川駅近くにある

高さ1.5Mの「高架下の抜け道」



少し怖いけど、面白い場所なので

ぜひ一度通ってみてください。



※この記事の写真は2018年9月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね






【東淀川駅・高架下の抜け道】

※MAPのアイケーシー(株)さんの建物裏手にあります。


最寄り駅は
JR京都線・東淀川駅