0903_01

本日は、旭区にある

「千林商店街」を訪れた時のお話。
※(せんばやし しょうてんがい)



大阪の人々に長年親しまれ、

現在も大勢のお客さんで賑わう

こちらの「千林商店街」


前回はアーケードへ進んで

商店街の中を散策しましたが……。



0923_01

実はアーケードの反対側にも

商店街が続いています。


というわけで

今回はこちら側の商店街

歩いていきます。



「千林商店街」が気になる方は

↓こちらのリンクからご覧ください。


内容:八百屋さんが多い気がする


内容:八百屋さんが多いですよね?




0923_02

信号を渡って、商店街の看板をくぐる。

こちらは「千林大宮商店街」
※(せんばやし おおみや しょうてんがい)

というお名前の商店街。


……それはそうと、夕日が眩しい。



『これダメだ、眩しすぎる……』

『確かにアカンね。
 来る時間、間違えたんちゃう?』

『でも昼間は暑いから……』



撮影したのは8月の酷暑の時期

一緒に来た嫁のまーさんも、

昼間は溶けてゼリー状になっているので

夕方しか行動できないのだ。



『写真撮っても夕日の光で
 ほぼ真っ白になるわ』

『アカンなあ……』

『こっちの商店街の写真、
 もうこれだけでええんちゃう?』

『「眩しい商店街でした」ってことで
 終わらせたらええやん』

『クソ野郎の発想だなおい』



クソ野郎になるのはイヤなので

色々と考えた末、

商店街を一度通り抜けて

反対向きから撮影する案を採用。


夕日を背にした状態なら、

写真を撮れると思うんだ。



0923_03

楽しみを失わないように

あまり周りを見ずに通り抜ける。



途中、商店街の道なりにあった

「大宮神社」という神社の辺りで

商店街が途切れたものの、


道なりの先に

別の商店街がまだ続いていたので

そちらの終点まで突き進むことに。



0923_04

というわけで

「旭通り商店街」という商店街の

一番端っこ(西側)までやってきた。



『結構遠かったね……』

『……これまた戻るんやろ?』

『うん』

『暑いっ……』

『がんばれ』



ゼリー状になりかけている

まーさんに声援を送り、

ここからスタート。



ちなみに

「旭通り」と名のつく商店街は

大阪だけでもいくつかあるようなので、


便宜上の区別として

タイトルの頭に「千林界隈」

付けさせてもらいました。



0923_05

振り返って

さらに西側の方を一応確認。


「旭通り商店街」の看板が付いた

街灯がここを境に途切れているので、


商店街の端は

多分この場所で合ってるはずだ。



0923_06

「旭通り商店街」の街灯看板。

なんかよく分からない

マークが入っている。




0923_07

商店街のはずだけど店舗は少なく

住宅の方が多い印象。


時代の流れと共にお店が

少なくなっていったパターンの

商店街のようだ。



0923_08

住宅の中に紛れるように

ポツポツとお店が現れる。


こちらは竹材店の「小林竹材店」。



0923_10

竹を加工して

色々な商品を販売しているようだ。


加工に使うと思われる

木製の機材がすごい……。

職人のお店って感じがする。



0923_11

新築の家と古民家のような建物が

商店街の中に混在していて面白い。


こちらは昭和の色が残る

外装が土壁の建物。

建築施行会社さんの事務所らしい。



0923_12

看板はすすけているけど

お店は営業している様子。



『最強を……決める』

『……地上で一番……』

『大阪……どこで……?』



お店の中から

謎の会話が聞こえてきた。



『なんか大阪の最強を決めるらしい』

『んぁ? 何が……?』

『分からん』

『あそこで
 最強を決める話をしてた』

『テレビの音やないの?』

『いや、ちゃんと人間が話してたよ』

『ふーん。どうせ聞き間違いやろ』



信じてもらえなかった。

でも確かにそういう会話が聞こえた。


改めて考えたら

大音量でバキを観ていたのかもしれない。



0923_13

こちらは喫茶店。


しかし街灯の看板には

「寝装ファッション まるこし」

書いてある。



こういう看板は

古いままになってることが多いため、

店舗の移り変わりが分かって面白い。



0923_14

結構長い「旭通り商店街」の道


夕日を背にしたおかげで

なんとか写真が撮れるようになったけど、

まーさんの影が入り込むという

デメリットが発生した。



おかげで写真の加工が大変だ。

ブログの更新が遅くなっても仕方がないなー。

……言い訳じゃないぞ。



0923_15

昔は何かのお店だったと思われる

「きたむら」という看板がある建物。


横に見える看板に

プリマハムっぽい「P」のロゴがあるので

お肉屋さんだったのかな?


現在は公文教室になっている模様。



0923_16

店舗が建ち並んで

商店街らしさが出てきたけど

ほとんどシャッターが閉まっている。


左側のたこ焼き屋さん

賃貸物件のお知らせが出てるので

閉店したようだけど、


他のお店は曜日や時間帯によっては

開店してるのかも。



0923_17

向かい側には

スーパーの「食品館アプロ」があった。


結構な数の自転車が駐輪していたので

地元の人行きつけのスーパーとして

活躍しているようだ。



0923_19

まだまだ続く「旭通り商店街」


奥の方には

阪神高速道路の高架が見える。



0923_20

右手に見えた

和菓子屋さんの「つくし本店」。



『アイスモナカって書いてある』

『本当だ、美味しそうだね』

『モナカ買って』



暑い中、付き合ってくれてるので

アイスモナカを買ってあげた。



0923_21



『美味しい~。
 暑かったから最高やわー』バリバリ



高架下に入ったら

一口もらおうかなと思っていたら

あっという間にアイスモナカを

食い尽くされた……。



0923_22

高架下に到着。


アイスでのどが渇いたまーさん

途中で買った飲み物を全て飲み干し、


空になったペットボトルを

「ゴミ箱見つけたら、捨てといて」

と渡してきたこの場所を


私は絶対に忘れない。



0923_23

向かって左側の高架下

ぐにゃーんとカーブしていて面白い。



地図で確認した所、この先は

「城北公園」という

大きな公園の方向に出るようだ。


前にフェスが開催されている時に

訪れた公園だね。



城北公園とフェスの様子が知りたい方は

こちらのリンクからどうぞ。


内容:くまもんが出没




0923_24

こちらは高架下の右側


こっちは……何だろう?

「旭区役所」の方向に出るみたいだ。



0923_25

信号が青になったので

高架下をくぐり抜ける。


空っぽのペットボトルを装備したので

写真が斜めになっているよ。



0923_26

高架を抜けた先も

「旭通り商店街」の看板が続いている。


私達のひょろ長い影が映り込みそうなので

写真が上を向いているよ。



0923_27

窓の「あいすくりーむ」の字が

印象的な喫茶店「砂どけい」。




0923_28

高架を抜けた先も

やはり住宅の方が多い。


あの建設中の建物も

多分住宅になるのだろう。



0923_29

昔は店舗が並んでいたと思われる建物。

長屋のような作りで

2階部分が住居になっているようだ。


店は閉じているけど

住人はいるのかな?



0923_30

……と思ったら、

2階へ上がる階段には

木の板が打ち付けられていて

立ち入り禁止となっていた。



0923_31

無人となった長屋商店のすぐ隣には、

クリニックが入った

キレイなマンションが建っている。



古き良き商店街の姿は

こうして新しい住宅街へと

移り変わっていくのだろう……。



哀愁漂うことを書いてみましたが

それよりも、宇宙人のように長く伸びた

どなたかの影が気になりますね。



0923_33



『古い建物と新しい建物が並んでて
 なんか風景が面白いな』

『昔の写真とかあったら
 面白そうやね』

『それにしても
 商店街自体が長いなここ』



「商店街」という存在が

全盛期だった昭和の時代は、


この長い商店街にも

色々なお店が出て栄えていたのだろう。

そう思うと感慨深い。



0923_34

この辺りから

地面がカラフルな感じなる。



『あれ? 看板が消えたね』

『あ、ホンマや。
 街灯の商店街看板あらへんね』



どうやらこのカラフルな地面

「旭通り商店街」

境目となっているらしい。



0923_35

ということは

ここで旭通り商っ……

眩しいなっ!



多分ここで「旭通り商店街」

終わりなんだと思うけど、


最初に通り抜けた

「千林大宮商店街」

見える所まで進んでみることに。



0923_36

最初、通り抜けた時に見た

「大宮神社」の前に再び到着。


それにしても

趣のある建物が多い。



0923_37

神社から千林方向を見た写真。


「旭通り商店街」

「千林大宮商店街」の狭間だけど

ここも商店街に入るんだろうか?



0923_38

とりあえず進む。



『あっ、最初に見た商店街の看板が
 見えてきたよ』

『長かったなー』

『お店全然あらへんかったのに
 えらい長かったな』

『アイスモナカのお店あったでしょ』

『あれ美味しかった。
 もう一回食べたいー』

『お金渡すから
 戻って買ってきたら?』


『・・・・・・』


『うーん……
 さすがに戻るのしんどいわ』




今ちょっと考えたぞ、この人……。


暑い中で食べたアイスが

よっぽど美味しかったのだろう。



0923_04

というわけで

長くなってしまったので

この続きは次回ということで。



……と言っても、千林界隈の

「旭通り商店街」はこれでおしまいです。


商店街としては

ちょっとお店が少ない印象ですが、

時代の移り変わりを肌で感じられる

スポットでした。



※この記事の写真は2018年8月に撮影したものです。


↓↓夕日が眩しいと感じたら押してね↓↓






【千林界隈・旭通り商店街】

※MAPの「旭大宮郵便局」の西側に商店街があります。


最寄り駅は
地下鉄・千林大宮駅