この日は、北区

地下鉄・天神橋筋六丁目駅からにある

「国分寺」の町を訪れました。



天神橋筋六丁目駅

地元では「天六」と呼ばれていて、


日本一長い商店街として有名な

「天神橋筋商店街」

直結している駅です。



0913_01

ここは国分寺にある

「国分寺公園」


以前、すぐ近くにある

たこ焼き屋さんで購入したたこ焼きを

この公園で頬張っていたところ、

隅の方に設置されていた石碑を発見。


その時は夜だったので

今回、改めて撮影に訪れたという流れです。



0913_02

その石碑がこちら。


柵に囲われていて

厳かな雰囲気で佇んでいる。


遠目から見ても「慰霊碑」

刻まれているのが分かる。



0913_03

慰霊碑には

「地下鉄工事現場 ガス爆発 犠牲者
 慰霊碑」

と刻まれていた。



昭和45年(1970年)に発生した

「天六ガス爆発事故」

犠牲となった方々の慰霊碑のようだ。



0913_04

慰霊碑の裏側に回って見ると

ガス爆発の経緯が刻まれていました。


碑文と事故について調べた内容をまとめて

以下に少し書き記しておきます。



「天六ガス爆発事故」


昭和45年4月8日

当時「天六」の地下では地下鉄・谷町線の

延伸工事が行われていた。


工事の最中、

地下のガス管から都市ガスが噴出


ガス漏れに気付いて通報した

大阪ガスのパトロール車が

エンジンを再始動した際に引火、

17時45分頃にガス爆発が発生した


騒ぎを聞きつけ集まってきた人々は

爆風によって吹き飛ばされ、

死者79名、重軽傷者400有余名

大惨事となった。



地下鉄工事の頃にそのような凄惨な

爆発事故が起こっていたとは……。


天神橋筋商店街の賑わいで

活気のある現在の「天六」からは

想像がつきませんでした。



0913_05

慰霊碑の正面側へ戻る。

調べた情報によると、


爆発・爆風の勢いは

「覆工板」という重さ380kgもある
※(地下鉄工事の穴を塞いで
 仮の路面床板としての役割を果たす資材)

コンクリートの板を

上にいた人々や車もろとも

何百枚も吹き飛ばし、


さらに周囲の家屋26戸が全半焼。

1000戸以上の家屋の扉やガラス窓を

破壊するほどの衝撃であったとのこと。


……恐ろしい話です。



0913_06

供養台の中

白い花が供えられていて

ロウソクやお線香がありました。


右側にあるのは

VHSのビデオテープ?



0913_07




0913_08

「国分寺公園」のすぐ隣には

地名や公園名の由来となった

「国分寺」があります。




0913_03

大阪万博の開催中に起きた大惨事の

犠牲者の方々を弔う

「天六ガス爆発事故」の慰霊碑



地下鉄・天神橋筋六丁目駅から

「都島通」へ少し進んだ

「国分寺公園」にありますので、


お立ち寄りの際は

手を合わせていただけたらと思います。



※この記事の写真は2018年6月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓






【「天六ガス爆発事故」の慰霊碑】

※MAPの「国分寺公園」の南側にあります。


最寄り駅は
阪急千里線・天神橋筋六丁目駅
地下鉄・天神橋筋六丁目駅