この日は

大阪キタの中心・梅田がある北区から

大川を挟んでお隣の区

「都島区」を訪れました。


0726_01

こちらが地下鉄・都島駅前


駅前周辺は銀行や飲食店が並び、

そこから道を一本二本と外れると

閑静な住宅街が広がっていく。



そんな都島駅前の十字路の北東の角

植え込みの中に変なモノ

設置されているのを発見。


……変なモノってちょっと失礼だな。

まあいいや。



0726_02

これがその変なモノ


石材と木材を組み合わせた物体で

遠目から見ると

井戸に関わる器具のようにも見える。


なんだこれ?



0726_03

設置されている場所は

都島駅の5番出入口からすぐの所。


駅の階段を上って左を向くと

すぐにヤツの姿が見える。



0726_04

という変なヤツの説明が

すぐ近くの案内板に書かれていた。


正体は「農業用水門」

……を再現した物。



説明によると、


かつてこの辺りは田園地帯

「かすがえ」と呼ばれていた。


大正14年~昭和12年(1925~37年)

かけて行われた大阪市の区画整理事業

田園は市街地として開発、発展した。


この「農業用水門」

当時の田園の象徴として設置したもの。


とのこと。


現在は飲食店や住宅が並ぶ

都島駅の周辺ですが

かつては田んぼが広がっていたんですね。



0726_05

案内板の陰からチラっと水門。



「水門」と聞くと

ダムに設置されてるような巨大な門を

想像してしまいがちだけど


農業用の水門というのは

水がチロチロと流れる水路などに

設置される小さな門



これ、面白い展示物だと思うんだけど

少し奥にあって人目に付きにくいためか

足を止めて眺めるような人はいなかった。


なんだかもったいないなあ……。



0726_02

地下鉄・都島駅前の周辺が

かつては田園地帯だったことを示す

「農業用水門」のレプリカ


都島駅にお立ち寄りの際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2018年7月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね


【農業用水門】

※MAPの「三菱UFJ銀行 都島支店」の正面角にあります

最寄り駅は
地下鉄・都島駅