この日は大阪市に隣接する市、

「守口市」

「土居商店街」を訪れました。



このブログで

大阪市外が登場するのは初めてですね。


市内のネタばかり出てくるけど

「大阪どっかいこ!」のタイトル通り

大阪府内が散策圏内です。



0714_01

ここが「土居商店街」

北側出入口となる

「旭通商店街」



場所は

京阪本線・土居駅から北西


……と説明するより、

守口市の北部を走る「国道1号線」沿い

と説明した方が分かりやすそうだ。



土居駅周辺には

複数の商店街が重なっていますが

ひとまず「土居商店街」と統一して

紹介していきます。



0714_02

こちらが商店街の中。

アーケードが真っ直ぐ伸びている。


地域密着型の商店街という感じで

落ち着いた雰囲気がある。



『アーケードに入ると
 なんか一息つくよね』

『そうやね。
 おなかすいた』

『パン屋あったら何か買うて』



一緒に来た嫁のまーさん

さっそくたかられる。


何かもなにも

パン屋にはパンしかないだろ。




0714_03



「土居商店街」じゃないから。
 ここ「旭通商店街」だから
 そこんとこヨロシク』



とでも言わんばかりに

「旭」の字が強調されている。

七夕の飾りかな?



0714_04

商店街に入ってすぐの所にある

ラーメン屋さんの「新福菜館」。


京都の有名なラーメン屋で

黒いスープと黒いチャーハンが特徴。

どちらも美味しい。



0714_06

平日でもそれなりに人通りが多く

商店街に活気がある。


アーケード内にラジオが流れていて、

買い物がしやすい

のんびりとした雰囲気だ。



0714_07

駄菓子屋さんがあった。


外観を見た感じだと新しいお店かな。

猫の看板がカワイイ。



0714_09

謎のお店があった。

シャッターが降りていて

何屋かは分からない。



『スパイダーマンがいる』

『ホンマや!?
 なんでおんねん!』

『出張じゃないかな』

『出張なんか。
 ならUSJから来たんかな?』

(裏声)違うよ!
 中米コスタリカから来ましたッ』

『誰やねん! スパイダーマンそんな
 ミッキー○ウスみたいな声ちゃうやろ』

(裏声)コスタリカ人は
 皆こんな声だよッ』

『ウソつくな!
 コスタリカ人ってなんやねん!』

『ウザいわー。
 このスパイダーマンウザいわー……』



ウザがられる

可哀想なスパイダーマン。


ちなみに上の看板を見ると

輸入雑貨のお店みたいですね。



0714_10

飲食店や服飾店などが

左右にたくさん並んでいる。


昔ながらのお店と

新しいお店が混在しているので

老若男女の姿を見かける。

それが活気に繋がっているようだ。



0714_11

青い看板に

変な写真が貼られていた。



『あれ? この商店街に安倍首相が
 来てはったんかな?』

『んんー……?』

『ちゃうやん! ニセモンやん!』

『首相ちゃうわ!
 頭デカいし! 被りモンやん!』

『なんやのコレ! なんやねん!』



看板とケンカを始めるまーさん

人類って看板と戦えるんだ。

初めて知ったよ。



0714_12

写真を拡大してみる。

これ普通、本物と見間違うかね?



ともあれ意味が分からないので

調べてみたところ、


こちらの土居商店街では

「かぶりもの笑店街」という

イベントを行っているそうで、


毎週土曜日の11:00~12:00まで

商店街の各店の方々が

何かしらの被り物をして

お客さんを楽しませているとのこと。



これ面白そうだな。

土曜日に行ってみたい。



0714_13

少し進んでいくと

商店街のアーケードが

カーブになっている。




0714_14

パン屋さんがあった。


まーさんが私のお財布から

千円札を抜き取って

店の中に入っていった。



私達は子連れのベビーカー持ち。

ベビーカーでパン屋に入ると

子どもが商品に触る危険があるので

私は外でお留守番。



0714_16

待ってる間に撮っていた

守口市のマンホール


マンホールって

地味に色々な絵柄があるので

見てると楽しい。



ウチの子どもに

「ほーら見てごらん。
 これが守口市のマンホールだよ」

って見せてあげたけど

メチャクチャ興味無なさそうな顔してた。



0714_17

パン屋さんの近くにあった写真屋さん。

古くからありそうな佇まい。


2階の窓が大きくて特徴的。

写真撮影用かな。



0714_18

歩いていくとアーケード内の雰囲気が

ちょっとずつ変わってくる。



『ねぇ、何のパン買ったの?』

『色々買うたけど』

『お腹空いたから1個食べたい』

『アカン!
 家帰ってトースターで焼く』

『今日はそういうパンを買った』



……なにそのこだわり。


常々感じていたけど

この人はジャムおじさんかもしれない。



0714_19

大きな十字路に出る。


アーケードが左右にも伸びていて

どこに向かえばいいのか分からない。



0714_20

向かって右側の方は

「京阪商店街」という名前。



『どう行ったらいいんだろう?』

『とりあえず正面の
 土居駅の方まで行ったら?』

『そうだね。そうしようか』



京阪商店街は後にして

ひとまず真っ直ぐ進んでいくことに。



0714_22

十字路の角に明石焼屋さんがあった。

ごはんのイラストがなんともそそられる。



「明石焼き」というのは

たこ焼きを出汁つゆにつけていただく

兵庫県の郷土料理

たこ焼きのお吸い物みたいな存在。


厳密にはたこ焼きじゃなくて

玉子をふんだんに使用した

たこ焼きよりもふんわりとした生地。

美味しいよ。



0714_23

先ほどの明石焼屋さん。

「いっぷく亭」の看板。


新しいお店かと思ったら

土居で焼き続けて25年らしい。

たこ焼きも美味しそう。



0714_24

昔からありそうな「一二三薬局」。


看板の絵にソックリな

お店の人と目が合ってビビッた。




0714_25

急に左へグニッとカーブする。





0714_26

左側に事務机が登場。


無料のパンフレットとかが

色々と並べられていた。




0714_27

「大阪まちあるき」という

タウンガイドがあったので

一冊いただきました。

ありがとう。



0714_28

格安きっぷ自販機。

土居駅で使える切符を販売している。


ちょっとだけ安く

電車に乗れるようだ。



0714_30

というパンフレットや

きっぷ自販機が設置されていたのが

「土居商店街コミュニティルーム」



商店街の休憩スペースのようだ。

こういう空間があると

アットホームでいいですよね。



建物の上に

「TOY SHOP TUKUDA」と

書いてあったので、

元々はオモチャ屋さんだった模様。



0714_31

グニッとカーブしていた道を

グニッと曲がる。

アーケードはまだまだ続いている。



0714_32

昔からありそうな

たこ焼き屋さんがあった。


4個150円から。

お好み焼きも1枚300円で安い!



0714_33

たこ焼き屋さんの正面にあった

格安自販機



『面白いジュース売ってるよ』

『なんやこれ。
 ラララ ラ・フランス?』

『めっちゃ浮かれとんな』

『買うしかないな』

『うん、気になるわコレ』



面白いモノには手を出す。

それが私達の信条である。


飲んでみると普通に美味しい

ラ・フランスのジュースだった。



0714_34

商店街の左側。

突然、神社が出てきた。


アーケードを歩いていたら

急に自然の風景が入ってきたので

意識がついていかない。



ラララ ラ・フランス

飲んでる場合じゃない。



0714_35

アーケードの横が

思いっきり神社と繋がっている

ちょっと面白い構造。



神社のある所にお店ができて

商店街に発展していったとか

そういう経緯かな。



0714_36

神社の社名は「守居神社」


延喜18年(918年)

祀られたのが始まりという

たいへん歴史のある神社。



明治時代頃に

守口市の「守」

土居の「居」を一字ずつ取って

「守居神社」と改称されたとのこと。



0714_37

鳥居と本殿

木々の葉が生い茂る空間を見ていると

自然と厳かな気持ちになる。




0714_38

神社の向かい側にあった

鳥精肉店の「IKデリカ」。



急に商店街の空気に引き戻される。

そういえばお腹が空いていた。



鳥スタミナ焼きと、軟骨唐揚げを購入。

お店のおっちゃんが愛想良くて

すごく気持ちよく買い物ができた。



0714_39



『軟骨うめー。
 バリポリボリッ……』

『唐揚げ食うな!
 店先で惣菜をすぐに食うな!』

『揚げ物だから
 傷まないうちに食べないと』

『そんな簡単に傷まへんわ!』



あるきながらたべる

なんこつのからあげは

とてもおいしかったです。



0714_40

鳥精肉店さんのお隣にあった店舗。

「あそびのぴろぱ」。

広場ではなくぴろぱ。


「ときどき さぼります!」とのこと。

面白い表現をするお店だなあ。



0714_41



『唐揚げなくなった』

『えー!? ウソやん!?』

『ウチ一口も食べてへん』

『仕方ないな。帰りに買ってやんよ』

『それも食べる気やろ!』



しっかりバレてた。



0714_42

立ち飲み屋の「得一」。


刺身などの料理が豊富な上、

安すぎる飲み屋として有名なお店で

大阪の商店街などで見かける。


財布に1000円入っていたら

お酒&2~3品ほど料理が頼める。



0714_44

2店舗分ほどのスペースを取った

リサイクルショップを発見。


店舗が広いためか

タンスなどの大きな家具も売っていた。



0714_45

お好み焼き「やまもと」。


創業年数が長そうな佇まいと雰囲気。

焼きそばやカキ氷もやっている。



0714_46

結構歩いてきた。

100円ショップのミーツの近くを通ると

食べ物の良い匂いがする。



『なんか良い匂いしない?』

『するする。パンがふわっと焼ける匂い』

『ああー! そんな感じだ』

『なんかバターがふわっとしたような
 匂いがするね』

『小麦の匂いもふわっとする!
 どこかで絶対パン焼いてはるで!』



語彙力に乏しいため

とにかく出てくる

「ふわっ」の言葉。



0714_47

あった。パン屋だ!

匂いの元はここだったのか。



『めっちゃ良い匂いする』

『外までバターの香りがするって
 相当だよね』

『絶対美味しいやろココ』

『建物も美味しそうな雰囲気してる』


『そこのパンな、美味しいで!』


『!?』

『!?』



まーさんと二人で

ふわふわパンパン言ってたら

道行くお爺ちゃん

急に声をかけてきた。


話を伺うと近所に住む方らしく

よく買っているらしい。

教えてくれてありがとうございます。



0714_48



『はー。満足やわ』

『今日は美味しそうなパン屋
 2件も見つけた』

『大収穫やな』



何が満足か。

財布からまた1000円なくなったぞ!



0714_49

看板に年季を感じる

お食事処「ミツミ」。

かす汁が自慢らしい。


こういう商店街に根付いた感じの

お食事処っていいですよね。



0714_50

アーケードの終わりが見えてきた。

正面に京阪電車の高架が見える。




0714_51

ということで

こちらがアーケードの終点


高架の下を抜けると

京阪線・土居駅があるので

せっかくなので歩いてみることに。



0714_52

こちらが土居駅の前

そば屋さんなどの飲食店が

少しだけ広がっている。



0714_53

というわけで

京阪線・土居駅まで到着。


土居駅から商店街を訪れる方は

駅横の高架を抜けた先に

商店街のアーケードがある。

そう覚えると道に迷わないと思います。



それでは再び土居商店街に戻って

先ほど分岐になっていた

アーケードの十字路へ。


……と行きたい所ですが、

長くなったので今回はここまで。

続きはまた次回ということで。



※この記事の写真は2018年6月に撮影したものです。


↓↓ 押すとふわってするよ ↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【土居商店街】



最寄り駅は
京阪線・土居駅
地下鉄・太子橋今市駅