この日は大阪北区の「中之島」にある

「大阪市立科学館」周辺を散策。



0622_01

こちらが科学館周辺の様子。



科学館が建つ「中之島」

堂島川土佐堀川の間に挟まれた中州


実は「大阪市役所」も

この中州・中之島に建っています。



0622_02

そんな科学館の

出入口前となる階段の近く

なにやら見覚えのある石碑が。




0622_03

「旧町名継承碑」だ。

何となく写真が神々しい。


多分、後ろの木のおかげだ。

サンキュー、木。



0622_04

「旧町名継承碑」とは


昭和時代の区画整理で消滅した

昔の町名を現代に伝えるために

大阪市が設置した石碑。



大阪市内を歩いていると

結構色々な場所で見かけます。


あなたの通勤、通学、散歩道などにも

置いてあるかもしれません。



0622_05

碑文によると、この辺りは昔

「常安町」

という町名だったようだ。


この継承碑から南西の方向に

「常安橋」という橋があるので
※(じょうあん ばし)

読み方も同じだと思われる。



詳細については写真をご覧ください。


常安町に関する部分だけ

↓に抜粋していきます。



「常安町」


明治22年4月
市制の施行にともない、この地域は
大阪市北区「常安町」となる。

昭和53年2月
住居表示の実施にともない「常安町」
中之島三~四丁目の各一部となった。

町名の由来は
江戸時代初期の豪商「淀屋常安」の名前から。
※(よどや じょうあん)



江戸時代の大坂の商人

「淀屋常安」さんの名が町名の由来。



何を隠そう

この中之島を開拓した人物で


歴史の教科書に出てくる

「天下の台所・大坂」の礎を築いた

大変立派な商人さんです。



江戸時代の豪商の名前が

現在にも繋がっているというのが

商人の町と呼ばれる大阪っぽくて

なんだか良いですよね。



0622_06

継承碑の後ろには

なぜかマンホールがあった。


これ絶対に入りにくいと思うんだけど

作業する時どうするんだろう。



0622_07

中之島を開拓した豪商「淀屋常安」

名を頂いた町名があったことを示す


「常安町」の旧町名継承碑


近くを通り掛かった際は

ぜひ眺めていってみてください。



※この記事の写真は2018年5月に撮影したものです。


↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村



大阪府ランキング



【旧町名継承碑「常安町」】

※MAPの「国立国際美術館」の東、歩道側の植え込みにあります。


最寄り駅は
京阪線・渡辺橋駅
地下鉄・肥後橋駅